BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
Sacの日系スーパーへ

・米が底を尽きたのでSacramentoにある日系スーパー、"Oto's Japan Food"へ。入り口が中々に分かり難い所に立っていたものの何とか発見し店内へ。そこは期待に違わない品揃えで、値段もサンフランの日本町ともあまり変わりませんでした。久々に見かけた煎餅やらおかきやらメロンパンやらバターロールやらに嬉しくなってしまい色々購入。中々に満足、ただ店内で放送してたNHKの番組がNEETに関するへヴィな特集は少々キツイものがありました。せっかくこっちが喜んでいるのに「携帯電話販売会社に就職したら店長にされ、ノルマを果たすまで家に帰るなと無茶な要求を突きつけられノイローゼ」になった青年の生活を追われても…。日本に残っていたら確実にNEETになっていたであろう自分としては他人事ならぬ話でした。

・夜デザイナーの友人のところでトラブッていたPCネットワークを直してあげたところ、近所のタイ料理屋での夕飯をご馳走に。こちらのローストダックにはハーブの深みがある味付けがなされており非常に美味。

ハーブが効いてます

・またシーフードタイカレーも具沢山な上、濃厚かつ上品な味付け。食後もさっぱりした感じがしていて大満足です。Bay Area離れていても美味しい店一杯あるんですねぇ…。

鮭が美味

・食事の後は彼の仕事場のLabを見せてもらいました。興味深いサンプルや機械が並ぶ中、ひときわ目を引いたのがLEDを使った照明器具。卓上ライトや、スーパーの商品棚の照明等、蛍光灯や白熱灯に比べ消費電力が低い利点を生かし様々な分野に応用しようとしているようです。基盤の寿命や排熱、また調光に課題が残るものの、サイズの小ささやデザインの自由度の高さからデザイナーにとっては今最も面白いアイテムになろうとしている模様。とりあえずキッチン+ダインニングを明るく照らす全ての消費電力を合計して100Wと聞いた時には未来が来たと思いました。それとLabの入り口には彼がデザインしたガラステーブルが。Noguchi Isamuの家具を連想させる柔らかな曲線がお見事なり。

スポンサーサイト

【2006/11/20 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<Dr.Strangelove(博士の異常な愛情)を鑑賞 | BLOG TOP | 休符>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
▼トラックバックURL
⇒ http://bqfinest.blog15.fc2.com/tb.php/996-db1585d5


このページの先頭へ

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。