BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
"Stayin' Alive / Fame / Pan American Beef Stake Arts Federation 2" by Date Course Pentagon Royal Garden

・エントリタイトルが長すぎになる一枚を紹介。

Stayin' Alive
(画像クリックでAmazonへ)

Bee Geesの"Stayin' Alive"。かつてJ.トラヴォルタ主演映画"Saturday Night Fever"冒頭で使われ一世を風靡し、最近ではEldissaなるフランスのグループによってカヴァーされた(日産MOCOとCMタイアップした為日本で知名度が高い模様)ディスコクラシックを菊地成孔主宰バンドDate Course Pentagon Royal Gardenがカヴァーした一品。以前からライヴでは定番だったものの、スタジオテイクのリリースは2004年だった模様。

・そのDCPRGヴァージョンの"Stayin' Alive"、何が凄いって非常にテンポが遅い。原曲を高速化した"Hey Joe"とは対照的です。この遅さとアレンジのおかげで最初に聴いてからカヴァーだと気付くまで年単位の時間が経過しました。そして全編に渡って繰り返される緊張と気だるさが綯い交ぜになったような構築感、何故か自分にはRelaxation Musicとして作用し、かなりChillに。新宿Liquid Room in 2003年末のライヴ音源ではさらにBPMが遅くなり、(自分にのみ)睡眠導入曲として機能する程となっております。

・ちなみにこの曲に関してDCPRGは"Stayin' Alive"ではなく"Stain Alive"という表記も併用。ライヴでは後者がよく使われています。何か意味があるのか、権利関係のためなのか、うっかりミスなのか、非常に気になっている次第。

・また他にもDavid Bowieの"Fame"(リンク先youtube)のカヴァー、30分超の怪作(というか没トラックを集めたものらしい)"Pan American Beef-Stake Arts Federation"の続編(?)、"Pan American Beef-Stake Arts Federation 2"を収録。これも"steak"ではなく"stake"だったり。それとCDエクストラで"構造I"のライヴ映像も入ってます(見た記憶がありませんが)。

スポンサーサイト

【2006/11/16 23:59】 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<遺伝学試験終了 | BLOG TOP | 落車>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
▼トラックバックURL
⇒ http://bqfinest.blog15.fc2.com/tb.php/992-073e5078


このページの先頭へ

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。