BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
今週のフットボール

・水曜日、セリエAはミッドウィークの試合を開催。インテルはホームでリヴォルノを迎え撃ちました。ここで最高のインパクトを残したのは久々の出場となるA.レコバ。試合開始直後から2得点に絡み虹を描く左足の健在ぶりを見せつけ、さらに前半30分で足を痛め交代、その左足のガラスっぷりも見せつけてくれました。歯の治療が終わって怪我をしやすい体質も直ったと聞いていたんですが…。最終的には快勝となったものの、何かしらネタを披露しないと気がすまないこのチーム、ある意味最高です。

・今週末はCLの関係でビッグクラブの試合が土曜に集中。それぞれの試合時間がかぶっている為、バルサvsレクレアティーヴォは前半だけチェック。得点はPKによる1点抱けながら、ロナウジーニョ&チームに復調の兆しが見えました。やはりM.ジョーダンに会った効果でしょうか? ミラノダービーのHT中に戻ってきたらリードを拡大していたので一安心、クラシコのショックを引きずってはなさそうです。ただ次のチェルシー戦に期待を抱けそうな内容かと言われれば…。

・お楽しみのミラノダービー、C.アンチェロッティ率いる"無"攻撃サッカー炸裂か、マンチーニの謎采配による自滅サッカー爆発か、などと言っていたら両方を堪能できる贅沢な一戦に。前半のミランが繰り出した"全く得点の匂いがしない攻撃 feat.ピッポの1トップ"はまさしく期待通り。一方インテルは後半に大技、M.マテラッツィが"3-0とする決定的なヘッド+シャツを捲って退場"と言う非常に珍しいコンボでピンチを無理やり招きます。さらにマンチーニが追撃、P.ヴィエラが足を負傷し交代のサインを出すも無視(これは代わりのセンターが一人も居なかったと言う台所事情を考えるとしょうがなかったのかもしれませんが)。おかげで後半ロスタイムに4-3まで追いつかれると言うとてもドラマティックな展開となりました。試合終了後、無邪気に大はしゃぎするマテ兄貴、コーチ陣に向かって怒鳴り散らしているP.ヴィエラ&突き飛ばされるミハ、なんともインテルらしい一戦です。火曜のモスクワが楽しみなような怖いような…。

・本日最後はヒムナスティックvsマドリー。こちらはまたもつまらない90分。マドリーはF.カンナヴァロの悪質ファウルでPKを取られ1点ビハインドとなるも、ロベルト・カルロスのFKなどで淡々と逆転し、大して見所も無いうちに勝利を収めていました。襲い掛かる眠気、F.カペッロ恐るべし。

スポンサーサイト

【2006/10/28 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<だんだん寒く… | BLOG TOP | 生化学試験>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
▼トラックバックURL
⇒ http://bqfinest.blog15.fc2.com/tb.php/975-5edc0550


このページの先頭へ

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。