BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
今週のフットボール、J1最終節

・さて、いよいよJ1ラストゲーム、第34節。フロンタはウィークデイのうちに関さんの来季監督復帰、ガナの移籍確定といった情報があがってきて、まんま"いいニュースと悪いニュースがある"の小話状態。ガナ好きとしては心の整理をつけるのに一杯一杯でした。

・金曜夜、フロンタ at 東京V戦。わずかな優勝への望みを胸に(そして現実的にはACL確保のために何でもいいから勝ってくれという思いを胸に)、モニタ越しに応援。多数の決定機を作るも決めきれない病は相変わらず発症しつづけ、福西退場で堅守に切り替えたベルディに攻めあぐねてしまい、逆に何度もカウンターを喰らう始末。それでもゴールをこじ開け2-0で勝利をつかめたのは、フロンタの実力なのでしょう。そしてそれが目標にあと1点足りない数字だったこともフロンタらしいところなのでしょう。2008年J1での最終成績は、準優勝となりました。

・またしても悲願の初タイトルはならず。しかし、フッキが造反し、関さんが病に倒れ、一時は降格の危機に面したことを考えれば、実に良くやってくれたフロンタでした。お疲れ様、そして今年も有難うございました!!

LOVE KAWASAKI

・そして、この最終節においてもっともドラマティックな幕切れだったのが残留争い。某掲示板等で"ピコーンサイト"と称される、音で得点経過を速報してくれるところを利用して他会場の模様をフォローしてたんですが、それはもう、思わず"嘘だろっ!!"と叫んでしまうような展開。

・未確定の降格枠は2つ、そこから脱出を目指すのは、下から勝ち点35の千葉(vsFC東京)、37の東京V(vsフロンタ)、同じく37の磐田(vs大宮)といった顔ぶれでした。勝利が絶対条件でさらに他力本願の千葉、経営難でチーム消滅の噂も浮上し残留しないとマズイことになったヴェルディ、ちょっと楽観的な磐田、彼らが演じたドラマの結末は…。

 時間 千葉vsFC東京 東京Vvs川崎 磐田vs大宮   展開
 00′  0-0  0-0  0-0

17位千葉、16位東京V、15位磐田で開始

 26  0-0  0-0  0-0 東京V、福西がエルボーで一発退場
 39′  0-1  0-0  0-0 千葉失点で残留が一層厳しいことに
 53′  0-2  0-0  0-0 2失点目で"さようなら、千葉"ムード
 64′  0-2  0-1  0-0 東京V失点も、順位変動は起きず
 74′  1-2  0-1  0-0 千葉ゴール
 75′  1-2  0-1  0-1 磐田失点、しかし順位変動なし
 77′  2-2  0-1  0-1 千葉同点、順位は変わらずもまさかの予感
 80′  3-2  0-1  0-1 千葉逆転!! 17位東京V、16位磐田、15位千葉に
 85′  4-2  0-1  0-1 千葉ダメ押し、東京V柱谷監督"このままじゃ降格"サイン
 44′  4-2  0-2  0-1 東京V、絶望のダメ押し失点
 FT  4-2  0-2  0-1 J2行きは東京V、入れ替え戦は磐田、逆転残留は千葉!!

・本当に、最終節ラスト15分強の濃密さは異常でした。あまりの奇跡っぷりに、頭の中で鹿島優勝がすっかり霞んでしまいました。夏頃はダントツ最下位でJ2へと旅立っていきそうだった千葉、その頃は賞金圏内を争っていた東京V、それを思うと本当に信じられない幕切れです。恐るべし、A.ミラー監督。恐るべし、千葉の残留力。彼らは古河電工時代から一度も降格を経験したことが無く、1999年の残留争い最終節でも、一番不利な立場から順位を2つ上げて生き残りを果たしてました。やはり伝統のあるチームは、なにか持ってるのかもしれません。

・逆に、悪夢の真っ只中に滑り落ちていった東京V。かつてV川崎のファンを経験し、今はフロンタのファンな自分としては、現チームのファンへはともかく、"ヴェルディ"そのものへは一片の同情もありません。全てが自業自得、"おごれるものひさしからず"を地で行っただけのこと。そういえば、試合前にはオフィシャルサイトで"川崎フロンターレを開幕戦同様奈落の底に突き落とす"なんて言ってましたっけ。なんというか"そちらこそ、開幕戦の「引き分け」を「相手を奈落の底へと突き落とした」と変換できるお目出度い頭と、過去の栄光にすがり続けた末の今のチーム状況を、本物の奈落の底で見つめなおしてなさい"といった感じです。サヨナラ、"F.C.ニッポン"。

・さて、残すところは入れ替え戦のみ。磐田か、はたまた仙台か。個人的にはフロンタと何かと縁のある仙台を応援してみたい次第。オカ頑張れ!!

・土曜日、リーガは勝ち点32で首位のバルサvs勝ち点27で3位のヴァレンシア。上位チームの直接対決ともなればさぞかし激しい戦いに…と思ったらバルサ圧勝。T.アンリさんのハットトリックを含む4-0で、内容も終始安定していました。この強さ、ひょっとして我々は歴史的なシーズンを目撃することになるのかも…。

・一方セリエA、ラツィオvsインテルの結果をテキストでチェックしてみたところ、0-3勝利。こちらも安定したプレイだったようで何よりです。

スポンサーサイト

【2008/12/07 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<Air Jordan XXIII UNC | BLOG TOP | Can't Remember The Last Time I Saw GBP>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
▼トラックバックURL
⇒ http://bqfinest.blog15.fc2.com/tb.php/1644-74c04e32


このページの先頭へ

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。