BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
EURO 2008 FRAvsITA etc...

・EURO C組。圧倒的な強さを見せ一位通過を決めたオランダと、生き残りをかけて決死のバトルに挑むフランス、イタリア、そしてルーマニア。死のグループに相応しい展開で、楽しくて仕方がありませんです。

・で、最高のシチュエーションでの対戦となったフランスvsイタリア。ヂリヂリ焦げるような熱い試合が…とか思ってたら、いきなりL.トニが決定機を逃すわ、F.リベリーは負傷交代するわ、でソファーからずり落ちるような展開。挙句に24分、E.アビダルがエリア内のトニを後ろから思いっきり倒してPK&一発退場。もちろんこれをA.ピルロさんが見逃すはずも無く、普通に先制弾とします。リベリーの代わりに入ったS.ナスリはこの退場のためJ.ブムソンと交代。わずか15分の出番となってしまい、なんとも気の毒でした。その後もフランスはパッとせず、一方のトニも決定機をとことん外す体たらく。さらには62分、M.デ・ロッシのFKがアンリさんに跳ね返って0-2となる不運が…。結局消化不良の気分を拭えぬまま試合終了。イタリアがG.ガットゥーゾ&A.ピルロの黄紙累積出場停止という代償を払いながら、決勝トーナメント進出を決めることとなりました。まあ、これでどこぞの占星術師の顔を見なくて済むようになるなら、フランスも収穫アリなのではないでしょうか。

・その裏ではオランダvsルーマニア。こちらはオランダが危なげなく勝利し、グループリーグ全勝と好調さを見せ付けてくれています。ただ、得点がセットプレーorカウンターに偏っているのが多少気になるところ、それと守備でも厳しいプレッシャーにはまだ曝されていません。英語で言う"Never get really tested"な状況で駒を進めた決勝トーナメント、果たしてこの強さは本物なのか、真価が問われるのはこれからとなりそうです。

スポンサーサイト

【2008/06/17 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<Congrats, Celtics!! | BLOG TOP | レモングラスのKiss?>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
▼トラックバックURL
⇒ http://bqfinest.blog15.fc2.com/tb.php/1476-8f50881b


このページの先頭へ

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。