BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
EURO 2008 ITAvsROM、NEDvsFRA

・イタリアvsルーマニア。前節では判定ネタが話題になったイタリア、今節でもジャッジに注目が集まる内容となりました。前半、後方からのクロスにL.トニが頭で合わせてゴールネットを揺らすも、無実のオフサイドで得点はカウントされず。ちょっとかわいそうな瞬間でした。が、失点シーンは同情の余地無しの自爆が原因。55分、相手のロングフィードに対し最終ラインにいたG.ザンブロッタさんが頭でGKまで戻そうとしたところ、それをE.ムトゥに掻っ攫われ、そのままゴール!! ある意味ムトゥらしい一発に感心しますが、それにしたってザンブロさん…。完全なミスからの失点に凹むかと思われたイタリアでしたが、わずか1分後にCKからC.パヌッチが頭で押し込んですぐさま同点に。この辺りはさすがですねぇ。一進一退の攻防が続く中訪れた81分、エリア内でC.パヌッチがD.ニクラエを倒したとみなされPK宣告。ニクラエは倒されたのではなく、ボールに向かって足を投げ出していただけのように見えましたが、リプレイだと後ろからC.パヌッチが胸に手をかけて引き倒してるようにも見えるので仕方が無いかも。そんな絶体絶命のピンチを見事に救ったのがG.ブッフォン。右低めに放たれたショットを、横っ飛びから右手でボールを逸らし、さらに己の右足に当てて無理やりゴールの外に弾き飛ばしました。結局1-1のままドロー決着。イタリアはなんとか敗退を免れました。一方、神がかり的なセーヴィングにショックを受けたか、PKキッカーのムトゥは動揺を隠せず涙目。こちらも敗退が決まったわけではないので、オランダ戦では立ち直ってくれているといいのですが…。

・オランダvsフランス。久々にジオのお顔を拝見、元気そうで何よりでした。前節のハイライトからだけでも、調子の良さを感じさせたオランダは、この試合でもそのポテンシャルを発揮。9分にCKからE.カイトが先生のヘッドを決めれば、59分には華麗なカウンターからR.ファンペルシが"交代直後のファーストタッチ"ゴール。もうやることなすこと上手くいく感じですね。71分にはフランスもT.アンリが飛び出して点で合わせるゴールを沈め希望をつなぐのですが、その直後にA.ロッベンがお返し。先ほどのファンペルシへのアシストと言い、この人もキレキレです。ロスタイムにはW.スナイデルがダメ押しの一発。英語実況は"フレンチトーストの出来上がりです"と上手いことを言う始末でした。いやはや、フランスレヴェルでも前がかりになって詰まってからやられ放題、なんてことあるんですねぇ…R.ドメネクだから?

スポンサーサイト

【2008/06/13 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<久々にバスケ | BLOG TOP | ショートケーキのサンバ>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
▼トラックバックURL
⇒ http://bqfinest.blog15.fc2.com/tb.php/1471-6b8b5c55


このページの先頭へ

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。