BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
EURO 2008 CROvsGER、AUTvsPOL

・昨日はまたちょっと時間が合わずEUROを見逃す羽目に…。実はespnで普通に生中継していることに今更気付きまして大後悔、もっと早くに分かっていれば、今までの試合全部録画しておいたものを…。

・そして今日は生で見る時間がある皮肉。まずはクロアチアvsドイツ。終始試合の主導権を握ったのはクロアチアで、特にサイドにフリーの選手を作って効果的に攻撃。結果24分には左サイドのD.プラニッチからD.スルナへ、62分には右サイドのI.ラキティッチからゴールポスト経由でI.オリッチ、と調子よく得点。ドイツも79分にL.ポドルスキが押さえの利いた左足のダイレクトショットを沈めて1点を返しますが、M.ゴメスの不発、M.バラックの沈黙、そしてB.シュバインシュタイガーの退場らを埋めるには至らず、タイムアップ。うーん、多少崩されてから放り込まれても、弾き返せるっていうのがドイツの強みだと思ってたんですが、ここで2失点は厳しいかなぁ。まあ、イタリアと同じで、GLとトーナメントで別の顔を見せるチームなんで、それほど心配はしていませんが…。

・オーストリアvsポーランド。大会ホスト国の責務であるGL突破、共催国のスイスがそれを果たせなくなった今、2倍分の重圧が彼らの肩にのしかかります。そんな現状を反映してか、序盤からガンガン攻勢に出るオーストリア。いとも簡単に裏を取られるポーランド守備陣の働きもあって、次々と決定機を生み出していきます。しかしポーランドGK、A.ボルツの超人的セーヴィングに阻まれゴールラインを割ることが出来ません。そうこうしている内に30分、逆にポーランドに先制点を献上する羽目に。M.サガノフスキがエリア内でフリーでボールを貰い、一人かわしてクロスともショットともつかぬグラウンダーのボールを発射。それがGK、DFの合間をすり抜け、ファーサイドで待っていたR.ゲレイロの足元へ…。その後も両チームの必死さが空回るネタ的な展開が続き、時間の経過とともにオーストリア敗退の気配が濃厚に。ところが93分、オーストリア最後のFKのチャンスの際、エリア内でM.レヴァンドフスキがS.プレドゥルを引き倒したとみなされPK。I.ヴァスチッチがこれを成功させたことで、なんとか最終節に望みをつなぐこととなりました。っつーか最後の開催国の利ってやつだったような…。

・と言う事で意外にも(?)クロアチアが1位通過決定。最終節のドイツvsオーストリアが大変楽しみな試合となってきました。

スポンサーサイト

【2008/06/12 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<ショートケーキのサンバ | BLOG TOP | Give Ya Chill>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
▼トラックバックURL
⇒ http://bqfinest.blog15.fc2.com/tb.php/1469-957ad3d1


このページの先頭へ

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。