BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
今週のフットボール

・ミッドウィークには磐田にまで逆転勝利し、目下4戦連続逆転勝利中のフロンターレ。今回はホームで浦和との一戦。全体的に緊迫感のある試合展開だったんですが、審判の判定で台無しに。62分にトゥーリオのヒールパスに反応し飛び出した高原、それをスライディングで止めた井川がPK宣告を受け、エジミウソンがゴールゲット。パッと見、ボールに先に触った上でのエリア外での接触だったため本人含め納得できない判定でした。しかしそれに輪をかけてひどかったのがその直後のフロンターレの得点取り消し。村上のショットの零れ玉に反応し押し込んだタニのゴールが何故かオフサイドをとられてしまいました。村上がショットを放った時点で、谷口の前に山田とGKが居たので完全にオンサイドだったのですが…。結局この後がっちり守備を固めた浦和を崩すことを出来ず、0-1での敗戦。勝敗を分けるのが"判定"な試合は勝っても負けてもスッキリしない部分が心に残りますなぁ…。あとトゥーリオの肘打ちに関しては、いい加減複数試合出場停止が適用されるべきだと思うのですが…。審判の見てないところでなら暴力行為が許される、というのは特に日本サッカーにはそぐわないものな筈。

・優勝絶賛持ち越し中のインテルはホームでシエナと対戦。午前6時キックオフなので後で結果だけチェックしてみたところ、"なんか引き分けてるーーー!!、 しかもマテが勝ち越しPK失敗してるーーーー!!"。まさか、まさかっ、最終節でローマ大逆転優勝のフラグ!? なーんだか、5年ほど前のいやーな記憶が…。

・ミッドウィークのクラシコでは屈辱的な大敗を喫して、もうペップ新監督を含めたチーム再建ネタしか語られなくなっているバルサ。今節は熾烈を極めている残留&欧州カップ戦出場権争いでもザッピングして見てようかと思ってたんですが、やはりライガーバルサの最後を看取るべくマジョルカ戦をチェック。

・相変わらず微妙なプレイのバルサ、しかし17分にマジョルカのディフェンスが崩れたところをT.アンリが先制ゴール。再三ピンチを迎える守備のほうも、J.M.ピントの好セーヴでどうにか凌いでいました。56分にはゴール前の零れ玉をすかさずS.エトーが押し込んで2-0。"前節でわざとイエロー貰ってクラシコをサボったチキン野郎"と激しいブーイングを受けていたエトーさん(あとデコも)、やはり相当鬱憤が溜まっていたようで、得点後も2度にわたってボールをゴールに蹴り飛ばしていました。さてグダグダとは言えなんとか"ライカー送別試合"も形になったかな、と思ってると、どんどん流れがマジョルカに傾いていきピンチの連続。後半開始時からボージャンを入れデコを下げてしまったのが負担になっている様で、中盤のスペースを完全に制圧され、67分B.ヴァレロ、70分P.ウェボの連続得点。さらにロスタイムに入った94分、エジミウソンが黄紙2枚でピッチを後にした直後にはD.グイサの見事な逆転ゴールが炸裂してしまいました。バルサ、ここまで散り際が鮮やかだといっそすがすがしい気分です。

スポンサーサイト

【2008/05/11 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<Hot House | BLOG TOP | Mutha Nature>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
▼トラックバックURL
⇒ http://bqfinest.blog15.fc2.com/tb.php/1439-60978faf


このページの先頭へ

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。