BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
今週のフットボール、祝Jリーグ開幕

・金曜夜の楽しみが帰ってきました。祝、Jリーグ2008シーズン開幕!! まずは川崎と優勝を争いそうなチームの試合を中心にチェック…してみたらガンバは千葉相手にドロー発進。浦和はマリノスに屈し、清水も大分に敗戦。おお、なんですかこれ。

・王者鹿島vs昇格札幌、解説が原さんなのが非常に嬉しいです。そして君が代斉唱が河村隆一だったのも、なんと申し上げてよいのやら。普通に歌ってるだけなのに何故か笑えるのが最高ですね、相変わらず。

・前半を0-0で折り返した札幌、綺麗なラインコントロールやカヴァーリング、空中戦等でJ1でも十分やっていけそうな雰囲気を漂わせていました。後半に入り鹿島が新井場による先制弾の前後で、PKを2度失敗。この時点では札幌にも望みがあったのですが、新井場が2ゴール目を決めた時点で守備陣が意気消沈。マルキーニョスのヒール、佐々木の追加点で気付けば4-0のワンサイドゲームとなりました。他の強豪チームがコケるなか、急造CBでも結果を出すあたりさすが鹿島、気がかりなのは終盤に足を痛めた小笠原のコンディションくらいでしょうか。

・土曜朝、インテルvsレッジーナ。ここも解説が原さん…原さんミッドウィークCL見にヨーロッパ行ってましたよね? タフなお方です。インテルは100周年記念日を明日に控え、胸のPirelliロゴが金色になった特別仕様のユニで登場。スタジアムにもインテルOBの顔がそこかしこに。R.バッジョの姿にはジーンと来るものがありました。肝心の試合のほうは、またも微妙な判定でPK先制弾。そしてN.ブルディッソの追加点とまあめでたい日に花を添える結果にはなりましたが、実際のところピンチの場面も多く、J.セザールの好守がなければ危ないところでした。ミッドウィーク、どうなるんでしょうか。

Centoanni

・こちらでは土曜の21時開始となるフロンターレの開幕戦。もう夕方くらいからそわそわしてしまって、なんにも手につきません。

・いざキックオフ!! フロンタの攻撃力に注目が集まるも、立ち上がりから攻め込んだのはヴェルディ。川崎はドタバタしている内に何度もピンチを迎える羽目に。しかし、朝のJ.セザールのごとく活躍する川島によってどうにか失点を防ぎ、逆に縦一本から飛び出した森が見事な開幕ゴール!! HT前、少々ゲームが荒れる中、テセにも黄紙。ところがリプレイを見ると逆にテセの足を蹴っ飛ばしてる福西の姿が…。さすが福西…。

・HTには何故かヴェルディのVTRが。映像を見ながら、ある川崎サポの"ヴェルディは川崎での過去の栄光にすがるチーム、フロンターレは川崎で輝かしい未来に向かうチーム"という言葉を思い出します。

・後半、川崎はFWがやや暴走気味。ケンゴや山岸がいいところに走っていくのに、テセ、フッキは目もくれずにショット、なんてシーンが山ほど。テセに変えて黒津を投入してもそれは解決せず、むしろフッキの大暴走に拍車がかかる形に。それで追加点を取ってくれるならまだしも、枠を捉えないショットの嵐。頼みの綱のジュニも不発で、苦い記憶が蘇りそうになるのを必死でかき消しながら見ていたロスタイム、伊藤がエリア内で平本を倒してPK献上。嗚呼やっぱり…。今日大当たりだった川島はディエゴの左へのショットを読むも、惜しくも届かず失点。1-1ドロー発進ですが、すっかり敗戦気分です。

・しかしまあ、開幕前から言われていた"その3トップちゃんと噛み合うの?"と言う疑問は、この第1節では"NO"という答えになってしまいましたね。ジュニ以外周りを使う意識が低すぎてチームとして機能不全。これが変われないなら攻撃を彼ら任せにして、中盤から後ろを(去年で言う河村のような)守備的な選手で固めるしかなくなってしまいます。そしてそれはもはや川崎フロンターレではありません。逆にここから連携を深めていければ、恐ろしい攻撃力を発揮できることになります。そういった意味では、潤滑剤になれそうなガナを見られなかったのは残念でした。

・それと開幕前どころか数年単位で言われている問題、"リードしているときにゲームをコントロールできない"も解決の兆し無し。1-0リードの時に引き篭もらず2点目を狙うのが川崎だと言うのは理解していますが、だからといってドタバタして自らピンチを招く必要は無いわけで…。機能しなかった前線よりも、むしろこの点で進歩を見せない限り、初タイトルは厳しいかも…。そういった意味でもやはり前線でボールキープできて時間稼ぎにも使えるガナを…、ってああ、気がつきました、単にガナが見たかっただけみたいです、自分。

・そんなわけでスッキリしない開幕ゲームでしたが、この早い段階で課題を(再)認識し修正するチャンスが出来たのは良いことかもしれません。関塚さんならやってくれる筈!! 昨シーズンの王者鹿島は開幕戦で我がフロンタに敗れてますし、2006シーズン優勝の浦和は開幕ガンバと1-1、2005年優勝のガンバの開幕戦は千葉とスコアレスドローに終わっています。今年も昨季ベスト6で白星発進したのは鹿島のみ、あれ…と言うことは鹿島の優勝は無し?

・バルサvsヴィジャレアル。嗚呼、立ち上がりこそバルサペースでしたが、いつの間にか主導権を奪われ32分にPKで失点。後半にチャヴィが同点ゴールを沈めまたまた救世主になるかと思いきや、前がかりになった隙を突かれてJ.トマソンに逃げ切りゴールを奪われる羽目に。ロナウジーニョやA.イニエスタ等、皆決して悪いパフォーマンスではなかっただけにショックも倍増。勝ち点差8は、ちょっと遠すぎる背中かもしれませんねぇ…。

スポンサーサイト

【2008/03/09 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<夏時間入り | BLOG TOP | Air Zoom Flight Premium>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
▼トラックバックURL
⇒ http://bqfinest.blog15.fc2.com/tb.php/1391-511f7b6d


このページの先頭へ

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。