BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
NBA All Star Weekend 2008

・NBA All Star Weekend、Warriorsから一人も参加していないのがちょっと信じられなかったり。せめてバロンくらいは出場するべきかと。

・金曜、まずはCelebrity Game。しかしドラマ俳優はさっぱりわからないため、出場メンバーの内ピンと来たのは、グラミー獲っちゃったNe-Yo、106 & Parkの司会でお馴染みだったAJ、自分的には超大物なP.ミラー a.k.a.Master-P(客席にはRomeo君も)、NFLスターのT.オーウェンス(途中参加)、金曜日の男C.タッカー、俺だってグラミー獲ったぞCommon、NFL&MLBに続く3足目のわらじなのかD.サンダース、O.デ・ラ・ホーヤにも勝利したF.メイウェザー、昨年のMVPなT.ポッツら。

・かなりアスレティックな面子が集まったためか中々にレヴェルの高い試合となり、T.O.に至ってはベースラインから力強いワンハンドダンクを披露。結果MVPまでゲットしていました。彼のように複数のスポーツを高いレヴェルでこなせるアスリートがゴロゴロ居るんだから、アメリカって凄いですよねぇ…。

・続いてRookie Challenge。2年目が圧倒的だった昨年と違い、両チーム互角の立ち上がり。むしろプレイのインパクトではK.デュラントやA.ホーフォードのスラムダンクがあった1年目チームが優勢でした。しかし途中から2年目チームのベンチスターター、D.ギブソンがスポットライトを完全奪取。新記録となる11本の3ptsを成功させ2年目チームを109-136での勝利へと導きました。ちなみ地味に良い仕事をしていたのがJ.ファーマー。お祭りムードと真剣なコンペティションとのバランスを上手にコントロールし、ゲームそのものの演出に貢献していました。

・土曜日はもうなんと言ってもSlam DunkでのD.ハワード。3pts shootoutでのJ.カポノも素晴らしかったのですが、その記憶すら霞むほど、とんでもないものを目撃することとなりました。是非是非、ハイライトをご覧ください。

・日曜日、いよいよAll Star Game本戦。常にEastがリードを保ったまま突入した第4Q、しかしその序盤にWestがチャージをかけ、残り7分半弱で100-110のタイに。これで両チーム本気モード開始のゴングが鳴りました。残り3分を切り、B.ロイのFGでWestが3点のリードを得たかと思えば、すぐさまR.アレンが2連続3ptsでリードを再奪取。するとC.ポールが3ptsを沈め、残り1分半で125-125とします。目の離せない熱戦の中で、勝負の流れを決定付けるBig Time Playを見せたのがL.ジェームズ。D.ノヴィツキからボールを奪い、そのままゴールめがけて突っ込んで行き目を疑うようなスラムダンク!! まさにKINGな活躍でEastが128-134と昨年の雪辱を果たす結果となりました。MVPはL.ジェームズ。27PTS、8RBD、8ASTの立派なスタッツに加え、あのダンク一発。納得の受賞です。それにしても、やっぱりWarriorsの選手が見たかった…。

スポンサーサイト

【2008/02/17 23:59】 Basketball | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<スペイン鎖国? | BLOG TOP | 今週のフットボール>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
▼トラックバックURL
⇒ http://bqfinest.blog15.fc2.com/tb.php/1373-cb828be2


このページの先頭へ

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。