BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
映画"鳥"はプランクトンが生み出した?

・環境毒物学で結構楽しみにしていた"Wildelife Toxicology"の講義が、先生が件のOil Spillsで忙殺されているため中止に。結構楽しみにしていたトピックだけに、残念です。

・もう一つの毒物学のクラスはNatural Toxinを含む、化学物質を原因とする皮膚病についての講義。あれほど見てて身体が痒くなる授業は久々でした。

・そういえば先日の講義では、A.ヒッチコック監督のパニック映画、"鳥"はプランクトンが作り出した、なんて話題も。1961年、北Cal沖で大発生したDiatoms(珪藻プランクトン)が大量のDomoic Acid(神経毒)を海中に放出し、それがそこら辺を泳ぐ魚に取り込まれ濃縮、さらにそれを食べた鳥が神経に異常をきたして大暴れ、と言う事件が発生。で、その事件を目撃したA.ヒッチコックがネタにしたのではないかということなんだそうな。

・ちなみに鳥が大暴れする原因がDomoic Acidだと言う事実はアメリカでは1991年まで知られておらず(日本ではもっと前に知られていた)、1989年にモントレー沖で同様の事件が起きて初めて認識された模様。で、"まてよ、1961年も同じことが起きてたよな、ひょっとしてあれもDomoic Acidが原因?"てな話になったとのこと。

・ちなみにその容疑者とされてる藻、Pseudo-nitzschia spp.はこんな見た目。もし世界的に有名な映画を生み出したのが藻だとしたら、なんだか面白い話です。

Pseudo-nitzschia

スポンサーサイト

【2007/11/30 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<今週のフットボール、なんというドラマ | BLOG TOP | Screwed up>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
▼トラックバックURL
⇒ http://bqfinest.blog15.fc2.com/tb.php/1296-65858566


環境毒物学 に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
プレサーチ【2007/12/21 20:55】
このページの先頭へ

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。