BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
今週のフットボール・ミッドウィーク編

・天皇杯、週末にリーグ優勝決定戦を控えた浦和がメンバーを落として愛媛に完敗したと聞いたんですが…、これって貴方が等々力まで怒鳴り込んでくるくらい酷いサポーターへの裏切り行為だったはずでは、犬飼さん?

・CL、バルサは大差で負けない限りは決勝トーナメント進出が保障されているためか、やや抑え目な印象の試合運び。ロナウジーニョも体調を考慮してか途中出場でキレもイマイチ。よって試合の緊迫感は主に後の無いリヨン側から生み出されていました。試合開始直後のイニエスタのゴールでバルサ優位になるかと思えばすぐさまジュニーニョのFKで同点、後半バルサがPKを沈めればリヨンも同じくPKでお返しと根性の見られる展開。このドローで生き残ったリヨン、次のレンジャーズとの直接対決が楽しみです。嗚呼、どっちも消えて欲しくないけど、バルサにはもっと消えて欲しくない。難しいですねぇ。

・一方インテルはフェネル相手に見事なリヴェンジ。この強さ、本物だと思えてきましたが…、そう思ったころにコロリ負けるんですよねぇ、インテル…。これだけ怪我人を抱えてるにも拘らず、不自然なまでに好調すぎて先の試合がちょっと怖いです。

・ブレーメンvsマドリー。怪我人だらけでぼろぼろなブレーメンは、この試合でも開始早々にフリッツが足を痛めアウト。しかしその交代直前の最後の力を振り絞ったクロスで先制ゴールをお膳立て。これで両チームのプランが大幅に狂い、ピッチの上ではドタバタ劇が繰り広げられることとなりました。どちらが何時点をとってもおかしくない、そのスリリングなバトルの勝者となったのはブレーメン。この意外な、とも言える勝利でCLグループCは勝ち抜けチームが最終節まで決まらない非常に面白い事態となりました。ひょっとして、マドリー沈んだりして…?

スポンサーサイト

【2007/11/28 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<Screwed up | BLOG TOP | Thanksgiving明け>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
▼トラックバックURL
⇒ http://bqfinest.blog15.fc2.com/tb.php/1294-32d6b1e6


このページの先頭へ

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。