BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ペットフード汚染問題に関するセミナー / 本日の"The Making"

・本日は食品毒物学のクラスにゲスト講師。件のペットフード汚染問題を最前線で調査している学内の動物毒物学者が、多忙なスケジュールの合間を縫ってセミナーを行ってくれました。

・これまでにニュースでも取り上げられているように、中国産小麦由来のグルテンがメラミンに汚染されていた(しかもアミノ酸価を高く見せるために故意に混入した可能性がある)のが原因というところまでは突き止めたものの、実際のところメラミンと言う毒性の低い筈の物質(LD50 oral rat > 3g/kg)がなぜ今回のような犬猫の死亡事故を引き起こしているのか、そのメカニズムは不明な模様。分かっているのはメラミンとその派生物からなる奇妙な結晶が飼料や患畜から発見され、どうもそれが腎機能不全と関連性があるらしい、というところまでだそうな。

・さらには小麦以外にも米由来のグルテン、さらにはトウモロコシまでも汚染元だったことが判明。汚染先の範囲も犬猫用ペットフードだけだったのからブタの飼料へ、さらに鶏の飼料へと拡大を続けており、その豚や鶏を食べた消費者まで見つかっていて関係者は頭痛が止まらない模様。現時点で人の口に入る製品に直接メラミンが混入している可能性は極僅かだそうですが、ペットや家畜の世界は十分パニックです。実際大学内も畜産業者や動物病院からの電話が止まない模様。

・これは現在進行形の問題であり、解決法もまだ見つかっていない為、ゲスト講師の方も"事態を収拾するなんかいい案無い?"と生徒に逆に聞くような状況でした。LA Timesによれば今日現在の犬猫の犠牲者数は8500匹。中国の(今のところ)たった一社の間違いが、北米中を騒がす事態を引き起こす、厄介な話です。食べ物のチャイナリスクは本当に勘弁して欲しいものですなぁ…。

・工場見学に行きたくなる"The Making"、本日視聴したエピソード達は…。

・第204回 - "コアラのマーチができるまで"。生地メインの内容。"コアラ型チョコ菓子ができるまで"とぼかしているんですが、バレバレです。やはり原料にコアラは入っていない模様。工程が完全に機械化されていてピタゴラスイッチ的楽しみがありました。

・第66回 - "きのこの山ができるまで"。チョコレートメインの内容。これも"チョコレート菓子ができるまで"、と言うエピソード名なんですが、やっぱりバレバレ。お菓子自体もそうですがパッケージングにも感心しました。

・第33回 - "コンビニエンスのお弁当ができるまで"。見るのを少し躊躇ったエピソード。(添加物のRisk/Benefit Analysisの問題はここでは置いておくとして)、保存料や防腐剤といったものが登場するシーンは無く、意外と大丈夫でした。手作業率高し。焼きそばを作るシーンはちょっと笑えます。

・第178回 - "コーンの缶詰ができるまで"。ウチの弟必見。一瞬にして芯と粒が分離される場面からしてインパクト大。今日見た中で一番面白かったかも。

スポンサーサイト

【2007/05/04 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<月曜日なーのに機嫌悪~いのどうするよ~♪ | BLOG TOP | Yes!! Warriors!! / The Makingにハマる>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
▼トラックバックURL
⇒ http://bqfinest.blog15.fc2.com/tb.php/1130-c936f7f9


このページの先頭へ

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。