BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
今週のフットボール、ミッドウィーク編 ACL 川崎vs全南…の筈がニンニクの栄養についての話に…

・ハイライトで昨日のACL 川崎フロンターレ vs 全南ドラゴンズをチェック。欠場の我那覇に代わってスターターを務めたテセの2ゴールもあって見事な勝利、乱闘直前だった森もなんとか爆発を抑え、無事に山を乗り越えてくれたみたいです。テセはやっぱり前を向いて突っ込んでいく分には良い選手ですねぇ。後はポスト等の技術も身に付けてくれればもう一段階上の選手になってくれそう。

・それにしても、何故我那覇が欠場なのかと思えばなんという大チョンボ…。まあ、注射したのは単なるヴィタミン剤だし、問題になっているのが "今年から静脈注射は事前申告しないとダメ" という部分なだけようなので厳罰になるとは思えませんが、せっかく彼の調子が上がってきたところなので非常に残念です。こういううっかりは洒落にならないので是非やめて頂きたい。

・一方、"リーグ側でこの問題を検討する委員会が来月まで開かれない為、その間我那覇は出場自粛" とか "問題が発覚するまでこのドーピングルール改定をJリーグのオフィシャルサイトに掲載していなかった" 等の話を聞くと、リーグ側でも本当に真剣にドーピング対策に取り組んでるのか、と言う疑問が…。

・ところで渦中のニンニク注射、既に幾つかのニュースでも取り上げられているのでご存知の方も多いとは思いますが、これは実際のニンニクが入っているわけではなく、単なるヴィタミンB群の栄養注射です。その主成分であるヴィタミンB1分子に硫黄(S)が含まれている為、注射後にニンニクのような臭いがすることから付いたネーミングの模様。ニンニクの臭い成分であるアリシン(Allicin)にも勿論硫黄が含まれており、これが体内でDiallyl disulfide(DADS)へと分解されるとあの強烈な事態がやってくるとのこと。

・ただこのアリシンこそが"天然の抗生物質"成分であり、またヴィタミンB1の吸収を助け効果をブーストしたり、循環器系の機能の正常化を助けたりと色々な作用を持つらしく、"疲労回復にニンニクパワー"的なものは大体この物質による模様です。あとあの独特の辛さもそうだったり。この他胃ガン等の発生率を下げるとかまでも言われており、良いこと尽くめにも聞こえますが逆にマイナス面も。このアリシンは赤血球内のヘモグロビン(Hemoglobin)を酸化させ、酸素を運べなくしてしまう為下手をすると貧血を起こす可能性があります。なので食べすぎには要注意。またアリシンはサプリメントで摂取しても効果が無い可能性が高いのでそれにもご注意を。

・あ、ちなみにヴィタミンB1(Thiamin)は1910年に日本人によって発見されました。当時脚気の研究をしていた鈴木梅太郎氏が米糠から抽出したのだとか。

・さて、何に関するエントリだか分からなくなってきたので今日はこの辺で。

スポンサーサイト

【2007/04/25 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<和み中 | BLOG TOP | 一段落>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
▼トラックバックURL
⇒ http://bqfinest.blog15.fc2.com/tb.php/1126-4b12bce5


このページの先頭へ

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。