BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
今週のフットボール

・金曜夜はいよいよ残り2試合となったJ1、フロンタにとってのホーム最終節、神戸との試合をチェック。フロンタは開始3分、テセのゴールでいきなり優位に立つも、追加点を奪うことができずズルズルと神戸ペースに。途中からはボランチ菊地の左右にできるスペースを何度も突かれるようになり、冷や汗モノな場面の連続。特に後半立ち上がりからのピンチの嵐は、GKが川島でなければ3失点位しててもおかしくありませんでした。エイジ、川崎に居てくれて本当にありがとう!! フロンタは相手の猛攻をどうにか凌ぎつつ、菊池に変えてカムさん投入。このカムさん左SB、ヒロキCB、周平ボランチ、というポジション変更がバッチリ当たったか、62分テセ、65分ジュニ、ロスタイムのヘナとゴールラッシュに。終わってみれば4-0の大勝となりました。うーん、サッカーって本当にわからない…。

・とにもかくにも、これでここ2試合の得失点差 = +8。首位鹿島との得失点差を一気に縮める結果に。もしフロンタが最終節のヴェルディ戦に大勝し、鹿島、名古屋がこけてくれると、ひょっとしたら、ひょっとするかもしれません。わずかな可能性ですが、諦めず、ガッツリ応援したいと思います。Forza Frontale!!

・そして注目の残留争い。勝ち点35で自動降格枠にいる千葉、勝ち点37で入れ替え戦枠からの脱出を図っていたヴェルディと磐田、全員がそれぞれ清水、横浜FM、鹿島相手に敗戦。特に磐田はロスタイム最後のプレイで決勝点を奪われるドラマティックさ加減。終了間際に不用意なファウルを犯しFK献上、さらにクリアボールを岩政に当ててゴール献上という庇い様の無いプレイを見せた駒野の"苦~い"表情が印象的でした。

・さらに翌日のJ1、勝ち点39の大宮vs40の京都が1-1のドロー決着。これにより京都は残留確定、大宮も一気に残留の可能性を高める結果に。一方大宮と並んで勝ち点39だった新潟はアウェイでFC東京に1-0で敗れ、全く安心できないまま最終節を迎えることとなりました。

・結局J1は最終節まで上も下も大混戦なまま。来週が楽しみなような、この熱戦が終わるのが勿体無いような・・・。

・土曜昼はセヴィージャvsバルサ。バルサは19分に相手DFの零れ球に反応したS.エトーが先制弾ゲット。しかし試合全体としては押され気味で、相手FW陣に何度も危ない場面を作られヒヤヒヤさせられます。後半に入ってバルサが攻め手に回るも、中々追加点を奪えず、アウェイなことだし、相手の攻撃を凌いで0-1逃げ切りを狙うのかな~、という雰囲気に。しかし78分、自陣からのフィードをL.メッシが見事なゴラッソへとコンヴァート。さらにL.ファビアーノへの赤紙とロスタイムのメッシによるダメ押しゴールで勝負あり。ミッドウィーク(CL5節、S.リスボンに2-5勝利)の疲労や前節の引き分けを考えると、この試合は結構な山場となるかと思ったんですが、意外にも0-3での快勝。ペップがかけた魔法は、未だに解ける気配がありません。

・一方、ミッドウィークにパナシナイコスに敗れつつCL決勝トーナメント進出を決め、存分に"らしさ"を発揮したインテルは、気を取り直してナポリと対戦。16分にI.コルドバのスキルフルな先制点、20分には流れるようなチームプレイからS.ムンタリのフィニッシュと、なんだか見慣れないものを連発してくれてご機嫌です。後半に入ってペースダウンし、E.ラベッシに好き放題されるも、なんとか1失点にとどめて勝ち点3を手中に。2位ミランがパレルモ相手にスコーンと負けたため、差が6へと広まりました。こういう場面での勝利が、後々効いてくるのかも。


スポンサーサイト
【2008/11/30 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Sweet Sucker Dance

・最近やけに調子が悪くなってしまった掃除機、よく考えたら日本に居た頃から使っているので、こやつはほぼ10年モノだということに。外見の年季の入りっぷりといい、さすがに寿命だろうという結論に至り、今までの勤労振りに感謝の念を抱きつつ買い替えを決意。

掃除機

・ただ、買い換えるとは言っても、こちらで売っている掃除機は"デカイ、ゴツイ、ウルサイ"の3拍子揃ったものばかり。基本的に広大な部屋の絨毯をパワフリャに掃除することのみ考えて作られているため、一人暮らしの日本人のニーズには明らかにマッチしません。目に付くのは、重くて小回りが利かず、ついでに気も利かない(コード巻取り機能すらついてない)といった欠点ばかり。

・それでも何かないかと、ここ数日ネット上を彷徨って"小型軽量で、静音性に優れ、キッチリ吸い込む"掃除機を捜し求めるも、該当者は0。結局、年末やってくるTokyo Homiezに頼んで、日本から持ってきてもらうことにしました。

・そんな訳で、どれをゲットしてきてもらうべきか決めるべくkakaku.comを覗いてみれば、小さくて高性能そうなのがよりどりみどりでまるで夢の世界。やっぱり家電は日本製に限るなぁ、などと触ってもいないうちからウットリしてみたり。Tokyo Homiez訪問を楽しみにする要素が、また一つ増えそうです。


【2008/11/28 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Thanksgiving Day

・本日はThanksgiving Day。Bay Areaに戻って、セイのお家でのんびり過ごさせていただきました。久々にBayの皆に逢えて、あと美味しいものも一杯食べられて、じつに楽しい晩餐でした。感謝!!

・ついでにAir Jordan XXIIIのUNCカラーもネット注文に成功。水色×黒という、珍しくもフロンタカラーなだけに、到着が待ち遠しいです。

・そして深夜、Black Fridayに向けてモールを目指す車の列を尻目に帰り道を運転していたら、途中から10m先も見えないほどの濃霧。あー、もうすぐ雨季=冬ですなぁ。とはいえ、まだ日中は半袖でも外を歩けるんでちょっと実感が乏しかったり。


【2008/11/27 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・土曜昼、インテルはユーヴェと(元)イタリアダービー。なんだかんだ言っても伝統の一戦なだけはあり、緊張感のある好ゲームに。そんな最中、インテルイレヴンの中で唯一浮き足立って見えたS.ムンタリが72分にまさかの決勝ゴール。意外なヒーローの活躍で、首位をガッチリキープ。いやー、サッカーってホントわからないスポーツです。

・続いてディレイ放送のマドリーvsレクレアティーヴォは、メレンゲのバラバラっぷりにビックリ。怪我人を多く抱えてるとはいえ、ここまで酷いとは…。一応勝ち点3はゲットしたものの、会場では白いハンカチもチラホラ。

・夜、Labで実験しながらJ1 川崎フロンターレvsガンバ大阪を観戦。ここ数試合、チームとしての形を失いつつあったフロンタ、広島戦での完敗もあってかなり不安先行の一戦でした。しかしこの試合ではVJが守備に貢献、全体のバランスも改善の兆しを見せ始め、前半終了間際にはCKからテセが先制点をゲット!! 後半にはタニ、ジュニ、さらには井川がゴールネットを揺らし、意外な4-0勝利となりました。ばんざーい。

・遠藤、二川欠席、ACLの疲労があったとはいえ、ガンバはガンバ、勝利できたのは実に嬉しいです。さらに浦和、大分が負けたため、フロンタは3位に浮上。首位との勝ち点3差は縮まっていないものの、ACL出場権獲得圏内に入り込むことができました。残るリーグ戦はあと2試合、最後まで諦めないっすよ。

AVANTE!!

・さて、今節は現地時間13時からの試合が"第一部:優勝争い編"ならば、16時からの試合は"第二部:残留争い編"。日程くんの見事なマッチメイキングに感心しつつ、新潟vs大宮をチェック。勝ち点38で並ぶ両者は、負けたほうが入れ替え戦枠へと滑り落ちる可能性もあっただけに、壮絶バトルを展開。その熱戦を盛り上げたキーマンはなんといっても新潟のアレッサンドロ。前半35分にPKを決め先制し、51分に同点に追いつかれた(大宮の得点もPK)4分後にも、FKにヘッドであわせて勝ち越し弾。さらにゴールパフォーマンスでユニを脱いで2枚目の黄紙で退場、試合終了間際の大宮の同点弾を遠まわしにアシストする役者っぷりでした。結局両者とも残留争いを卒業できず、痛み分けとなったわけですが、内容を鑑みれば"アウェーで勝ち点1をもぎ取った"大宮の勝利といっても過言ではないかも。

・さらにその下、勝ち点36で入れ替え戦枠上に居た東京V、磐田はホームでそれぞれ札幌、柏と引き分けて終了。心休まることなく次節を迎えることとなりました。

・さらにさらにその下、勝ち点35でまさに自動降格枠真っ只中なJEF千葉はホームなのに横浜FMに0-3で完敗。A.ミラー監督就任以降かなり頑張ってはいましたが、残り2試合で順位を一つ上げるのが現実的な目標となりそうです。

・日曜、バルサはホームでヘタフェにドロー。ダイジェストでしか見てないのでなんとも言えませんが、イニとメッシを欠いて、それで苦手のヘタフェに負けなかったのだから良しとすべきなのでしょう。


【2008/11/23 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Who's "Jordan King"?

・えー、今年の9月ぐらいから自分の集めたAir Jordanを自慢する映像をyoutubeにアップロードしてるBow Wowクン、 "オレこそがJordan Kingだ"とかしょーもない主張を繰り広げてるわけですが、それにとんでもない人物が噛み付きました。

・噛み付いた人物の名はマーカス・ジョーダン(Marcus Jordan)、そうMJの次男坊です。どうも"Jordan King"の主張が気に入らなかったらしく、Bow Wowへのレスポンスヴィデオをyoutubeに投稿。その中で"お前は全てのAir Jordanを集めたとか言ってるけど、コレは持ってないだろ~"と、自分がデザインしたオリジナルカラー、オリジナルナンバー入りのAir Jordan IX PEやX PEを披露しています。なんと言う大人気のなさ(まあ高校生なので大人気がなくても不思議はないですが)。

・そらー、あなたならどんなAir Jordanでも手に入るでしょうよ~、反則です。ああ、もう実にくだらない、そして実に羨ましい。早くAir JordanのIDができるようになりますように。


【2008/11/20 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
"Dream Fighter" by Perfume

・"最高を求めて~終わりのない旅をするのは~きっと僕らが~生きている証拠だから~Oh Yeh~現実に~打ちのめされ倒れそうになっても~きっと~前を向いて歩く Dream Fighter~♪"、というわけでもうすでに車の中でへヴィローテーション化している"Dream Fighter"のCDが発売された模様。

・いやはや、まさかPerfumeからこれほどまでにハッキリとしたメッセージ性を持つ楽曲が発表されようとは、実に驚きです。(恥ずかしいほど直球な)強い意志の込められた歌詞もさることながら、感情がオートチューンの壁すらも乗り越えて伝わってくる様に一発でKO。過去"クールかつ無機質"な印象を演出するために使用されてきたツールが、今回は全く逆に、秘められた情熱を強く意識させるために使われる、中田氏の凄さを改めて見せ付けられました。エンジンをかけた際の一曲目、というポジションから外れる日はしばらく来なさそうです。

・ところで、この"Dream Fighter"は今月上旬の武道館ライブでも披露されたそうですが、ミュージシャンとしての成功の象徴とも言える"日本武道館"で、"まだもの足りない"と、"このままでいれたらって思う瞬間まで/遠い/遠い/遥か/この先まで"と歌い上げた、その胸中はいかなるものだったのか、それもまた、非常に感慨深く興味深い話です。


【2008/11/19 23:59】 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・金曜夜の天皇杯5回戦、フロンタは長崎の地で広島と対戦。この試合はもう広島のサッカーに乾杯、いや、完敗。チームとしての出来は雲泥の差で、フロンタは代表組が居たとしても勝利は難しかったでしょう。猛攻を見せた時間帯もありましたが、前線とそれ以外との断絶具合は絶望的でした。中盤にできてしまう広くて深い溝、それをどうにかしようとひたすらもがき、走り回るタニ…。逆に効果的にプレスをかけ、厚い中盤から素早く繋いでゴールに襲い掛かる広島。0-2というスコア以上の差を感じさせられる試合でした。なぜこんなことになってしまうのか…この問題は、今シーズン内に改善されることはないのでしょうか…?

・昨晩のダメージを引きずりつつ、セリエA第12節パレルモvsインテルをチェック。この試合でモウリーニョはクァレスマをあきらめ、F.クルスとズラの2トップで臨む事に。前半の主導権はパレルモに握られるも、J.セザールの八面六臂の活躍によりなんとか無失点で後半へ。すると開始早々、ズラがエリア外から豪快な一発。ボールは三日月のような軌道を描き、人波をすり抜けるようにしてゴールネットへと突き刺さりました。さらに62分にもズラ。今度は球速124km/hの弾丸FKで追加点。見事0-2で勝利、首位をキープし次節ユーヴェ戦を迎えることとなりました。ちょっとスッキリ。

・日曜、バルサはアウェイでレクレアティーヴォと対戦。アウェイでもゲームを支配していたのはバルサ、先制点は後半5分のFKからでした。D.アウベスが直接狙うと見せかけて、チャヴィがスペースへ走りこんだL.メッシへとスルーパス、そのまま左足で技アリのゴール。85分にはT.アンリのクロスをS.エトーが中央へと蹴り込み、走りこんだS.ケイタがフィニッシュ。エトーさんはさもアシストをしたかのような表情でしたが、多分あの折り返しはゴールを狙って蹴り損ねたんだろーなー、と思います。結果0-2で勝利し、こちらも首位キープです。

・というわけで、今週は偶然にもみんな0-2でした。あー、フロンタの勝敗逆になれば完璧なのに…。


【2008/11/16 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール、ミッドウィーク編

・月曜夜、ACL決勝 2nd Leg、アデレードvsガンバ大阪をチェック。ホームでの1st legでは相手を圧倒し、3-0と大きなアドヴァンテージを得たガンバ、今日よっぽど派手にやらかさない限りは優勝は間違いないわけですが…。

・なーんて思ってたら佐々木のショットがこぼれた所に、ルーカスが反応しあっさり開始4分の先制点。14分には二川のスルーパスを受けて、またまたルーカスがゴールネットを揺らします。この時点で計5点差を付け、ほぼ優勝が確定したガンバ。しかし彼らが守勢に回る気配はなく、後半の交代は佐々木→山崎、安田→下平、明神→播戸とあくまで攻撃的。最後まで積極的にゴールを狙う姿勢を崩さず、見事アジアチャンピオンの座を手中に。試合後の表彰式ではMVP級のはしゃぎっぷりを見せるミネイロ、それに頭をはたいて突っ込む遠藤の姿が。

・そんな訳で、おめでとうございます。彼らを揶揄する表現"お嬢様サッカー"は、今日からは"美しく、華麗に大男たちを弄ぶ様"を指す褒め言葉になるのではないかと思う、そんな試合でした。来年の今頃は、彼らよりちょっと薄い青/黒な人たちが喜びを爆発させていたらいいなぁ、と思う次第。

・火曜の深夜は、親善試合な日本vsシリア。フロンタファンとしては、寺田さんのファウルに肝を冷やし、ケンゴの効果的なパスに盛り上がる、そんな一戦でした。それ以上の感想を出そうにも、シリアがプレスも何にもかけてこないチームだったために、岡田監督が何をテストできたのかすら良くわからず。前半のワンサイドゲームっぷりは参考にならないし、後半こっちまでプレスをやめてユルユルになったあたりで寝ちゃったし…。日本代表に対するこのもどかしい気持ちは、一体いつまで続くことになるのでしょう…。


【2008/11/13 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
le pot au feu

・今日はVeterans Dayということで休日。月曜の学校をskipすると4連休となるためか、昨日は校内の人気があからさまに少なかったのが印象的でした。みんなどこか出かけてるんですかねぇ。

・自分はといえば、ちょっと寒くなってきたので久々にポトフを作ってみたり。ブイヨンでベースを作って、後はテキトーに野菜とソーセージを放り込んで煮込むだけなのに、結構深い味のものが出来上がるので好きだったりします。今回、ためしにクローブを蕪に差し込んで香り付けしてみたら、予想以上に良い感じでした。

ポトフ

【2008/11/11 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Pump Ya Brakes

・今週、こちらのニュースや自分の周りは、来るオバマ政権に向けての話題一色でした。一方日本のニュースサイトを巡ると、某音楽プロデューサー逮捕ネタで持ちきり。スポーツ紙はともかく、一般紙までこんな調子なんだから、なんだかなんだか。これが単なるタイミングの問題ならいいんですが…。

・弟が運転中に追突事故に巻き込まれた、と日本から連絡があり心配していたら、今日はバスケの練習に出かけていった、と聞かされ拍子抜け。同乗していた友人ともども軽いムチウチで済んだらしいんで良いんですが、なんとも人騒がせな話。とにもかくにも一安心。事故は連鎖するとも言いますし、今度は自分が巻き込まれたりしないよう、気をつけたい次第。


【2008/11/09 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・ミッドウィークのACL、UCLは忙しくて観戦できず。イニが怪我したとの情報が非常に気がかり。

・金曜夜のJ1、札幌が浦和相手に死力を尽くしつつも儚く散っていくさまを見届けながら、大宮の地で優勝への望みを繋ごうとするフロンタをテキスト実況で観戦。文字を通しての情報だけでも、フロンタが最近数試合と変わらない低調なパフォーマンスなことが伝わってくる状態。しかも一瞬だけ映った映像が、相手に決勝弾を沈められる場面でガッカリ。あーあ…。

・これで優勝争いも終了か…と思いきや、首位鹿島が引き分け、2位名古屋が負け、大分も引き分けたりしたおかげで、なんと未だにトップとの勝ち点差は3。この勝ち点3以内に6チームが名を連ねており、まだまだ大混戦は続きそうです。エキサイティングではありますが、胃への負担は増すばかり…。

・逆サイド、残留争いももつれにもつれ、優勝争いをも超える苛烈なバトルを展開中。すでに最下位降格が確定している札幌はさて置き、ブービーから勝ち点3差以内に5チーム、勝ち点5差以内に7チームがひしめき合う異常事態です。いやはや、これからどうなってしまうのやら。

・土曜リーガ、バルサはホームでヴァジャドリーをお出迎え。イニの離脱もなんのその、バルサは一方的に試合を支配し、エトーさんが前半だけで4ゴール。後半にはグディ、アンリさんもゴールして6-0フィニッシュ。この強さ、もう笑うしかありません。

・日曜、インテルはウディネと対戦。R.クァレスマの浮きっぷりはこの試合でも際立っており、頭痛がするほどの素晴らしさ。チーム全体でもウディネに押されており、もうスコアレスドローでも御の字な展開。そんな醒めた空気の中、クァレスマに変わって登場したF.クルスがロスタイム決勝ヘッド!! いやー、ほんとこういうときに頼りになる男です。ミランがレッチェに引き分けたこともあり、インテル首位返り咲き。まさに値千金のゴールでした。これを気に、モウリーニョがクァレスマを諦めてくれたらいいなぁ…。


【2008/11/09 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
土曜日の実験室

・実家から届いたPerfumeのLive DVD "GAME"や、修理済みのRelax Watchに喜んでいるうちに土曜日。

・今週も食材ゲットしにSacの日本食スーパーへ足を運ぶと、大量のペットボトル飲料がセールになっているのを発見。思わずガッツリ買い込んだ結果、エライことになりました。冷蔵庫が、まるで実家のと亜空間で繋がったかのような状態です。

清涼飲料水祭り

・夜は実験。最近はもう平日も週末も、昼も夜も関係なくなりつつあります。なんとかしてリズムを取り戻さないと…。

土曜日の実験室


【2008/11/08 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Change Has Come

・ヒト遺伝学の試験を終え、いそいそと帰宅し、久々にTVの電源をON。さすがに今日は、見なきゃいけないものがあるわけで。

・政治に対する参加意識の高いアメリカだけあって、大統領選に対する各TV局の気合の入り方も中々凄いです。メジャー局やローカル局の特番は当然のこと、天気専門チャンネルが選挙対策本部周辺の気象情報をレポートすれば、コメディチャンネルでもバッドジョーク連発の実況特番。キャスターの"シカゴ、オバマ陣営前のジェイソンに中継がつながっています。ジェイソーン?"の呼びかけで移った画面がこれ。爆笑でした。

Chicago?

・PCのモニタに映し出されるグレーの地図が、時間の経過と共に赤く、青く染められていきます。結局、Californiaの開票を待つことなく、B.オバマ第44代アメリカ合衆国大統領の誕生が確定。勝利演説でも喜びを強く表に出すことは無く、アメリカの抱える試練をしっかりと見つめ、その先をも見据えているかのような表情で粛々と語る様が非常に印象的でした。また、J.マケイン氏の敗北宣言もとても清清しく立派なもので、感動的ですらあったことにも感心しました。

Change Has Come

・というわけで、アメリカ大統領選はこれにて終結。今は、リアルタイムで目撃したこの歴史的瞬間を受け止めるのに一杯一杯です。


【2008/11/04 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・土曜日、今日も大雨が続く北Calからリーガに目を向けると、アンダルシアも豪雨の真っ只中。酷いピッチ状態のため試合開催自体が危ぶまれたマラガvsバルサは、サッカーとは別の新しいスポーツのような代物に。しかしそんな中でもバルサはバルサ、開始5分にチャヴィがFKを沈め先制。12分にS.ドゥダが同点ゴールを沈めるも、そこから3発お見舞いし圧勝。派手な水しぶきをあげながら芸術的な得点を連発する様に、ただただ魅せられるばかりでした。

・続いて行われたヴァレンシアvsラシンは、同じアンダルシアながらいくらかマシなピッチコンディション。おかげでサッカーらしい試合を目にすることができました。意外なことに、勝ったのはラシン。しかし、M.チテのハットトリックを含む2-4というスコア以上に内容が良かったため、実に納得の結果でした。これでバレンシアは、首位をバルサに譲ることとなりました。

・夏時間が終わったことに気付かず、天皇杯のフロンタvsモンティディオ山形は後半から見ることに。開始時点で2-1とリードしていたものの、どうやら先制点を奪われていたらしく、なんだかチームの雰囲気がよろしくなさげ。最終的にはヘナの追加点で1-3と快勝っぽい結果にはなったものの、前線のいい加減な守備のツケを後ろが払う体制が完成の域に差し掛かりつつあり、不安が増すばかりです。


【2008/11/02 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
A Hard Rain's A Gonna Fall

・今日は大雨~。アパートの2階に住んでいるのに玄関前は水浸し。まさかとは思いますが、部屋の中にまで入ってこないことを祈ります。

大雨~


【2008/11/01 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |

10 | 2008/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。