BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
送別ポットラックパーティ

・夕方、無人のLabでちょこっと作業を済ませ、皆の集うボスのお家へ。この秋を持ってLabを離れるメンバーの送別ポットラックパーティとなりました。自分が1年間お世話になってきたポスドクや、同級生らもこの街を去っていくこととなり、なんだかしみじみとしてしまいました。

ポットラック

・ちなみに今回は桃の天然水を持参、やっぱり受けてました。日本のソフトドリンクは総じて好評なようです。


スポンサーサイト
【2008/09/28 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール、おめでとうケンゴ!!

・金曜、寝過ごして気づいたら試合が終わっていた柏vsフロンタ。ハイライトをチェックしてみたら、今季最高のゴールラッシュで勝っていて思わずガッツポーズ。ケンゴ the Daddyも4回もゆりかごパフォーマンスが出来て大満足の様子。ロスタイムにはジュニの復活弾まで炸裂して自分も大満足です。まだまだいける、さあ、連勝街道の幕開けを!!

・土曜昼、外出から戻り後半からバルセロナダービーをチェック…ってバルサ負けてる~。で、その失点の仕方はしょーもないわ、アンリさんの同点弾も相手のミスによるものでしょーもないわ、Boixos Nois(バルサの極左過激派サポーター集団)が発炎筒を投げ込んで暴動が起きるわ、ラストプレーでS.エトーがゲットした決勝PKが思いっきりダイブだわ、とまあ酷いダービー。後味悪~い。

・土曜夜、ミノ出張中(怪我ですが…)の札幌vs佐原出張中のFC東京。ミノの存在と健気なフットボールを展開するその姿に情が移り始めた上、FCとの勝ち点差を広げたい意味でも札幌を応援していたわけですが、見事な逆転負け。さまざまな場面でほんの紙一重、後一歩が及ばない、それが残酷な結果へと結びつく。フットボールの厳しさを実感する一戦でした。

・日曜の昼はミラノダービー。インテルにバルセロナダービーで溜まったモヤモヤを発散してもらおうと思ったら、よりによってロナウジーニョの決勝点によって敗戦。後半にはブルが退場するわ、ハヴィエル兄さんにイエローが出るわ、マテがベンチでレッドカードを貰うわ、散々でした。もうショックで寝込んでしまいそうです…。


【2008/09/28 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Air Penny II Black/V.Royal - White

・昨日ネットで注文できなかったAir Penny II 黒×青×白を求め、Sacramento周辺を徘徊。成果? ご覧の通りです。うーん、Sweet!! 実家のOG Air Penny II (青×白)が加水分解で永遠の眠りについていただけに、実にタイミングの良いリリースでした。この一足、何故か発売日の足並みが揃わず、今月初頭から店頭に並んでいるエリアもあった模様。変なHypeが付いて入手困難になるのかと、ちょっと心配していたんですが、無事入手できてよかったです。

・特徴的なルックスに加え、つま先側のZoom Air+かかと側のMax Airが生み出す快適な履き心地、間違いなく90年代中期の傑作機のひとつだと思う次第。これを履いていたころのPennyは、コート上で美しく輝いていて、これからのNBAを背負って立つ、そんなオーラに満ち満ちていました。結局怪我がそのオーラを蝕んでいってしまうわけですが、それでも自分にとって、Jordanの次に好きな選手の地位は不動です。久々にあの頃のヴィデオを取り出してみようかな。

Air Penny II

・ しかし、ちょっとFootlockerを巡って日本食スーパー寄って帰るだけで50マイルとか運転してるんだから、すごいと言うか、田舎というか…。


【2008/09/27 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
新学期

・へーい、あっという間に新学期。

・授業では殆どすることが残っていないので、趣味で微生物学とHuman Genetics(ヒト遺伝学?)を受講し、あとは実験やらセミナーやら就活的なものやらに時間を使う予定。


【2008/09/25 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
missed 大掃除

・本日はLab Clean up Dayということで、皆集合して大掃除。しかし自分が顔を出した時にはもう終わっており、殆ど何もしないまま作業が完了してしまいました。あらかじめ割り当てられていたシンク周りも誰かがやってくれていて、出番無し。なんという罪悪感。いや、前もって午後からしか参加できませんとは伝えてあったんだし、しょうがないっすよね、ね?

・そんなことを反省しつつ、夕飯は沖縄そば with ドライカレー。今夏沖縄料理屋に行けなかったのはちょっとした心残りでした。

沖縄そば


【2008/09/24 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール、ミッドウィーク編

・ミノさんの怪我にガックリきつつな火曜夜、頑張って起きてJ1 横浜FMvsフロンタをテキストでチェック。どうも中澤の独壇場だったようで、こちら側はFC東京戦の反省を活かせていなかった模様。内容は残念ですが、名古屋が千葉に黒星を喫っしたおかげで首位との勝ち点が1つ縮まりました。優勝をあきらめるのはまだ早いってことですね、わかります。

・この試合のために午前中Lab行けませんでした、とは口が裂けてもいえないことになってしまったバルサvsベティス(それだけがいけなかった理由ではありませんが)。バルサは立ち上がりから主導権を握り、前半のうちにエトーの2ゴールでリードするも、後半失速。FK、守備連携の乱れから2ゴールを奪われ、ドロー決着の様相。しかし79分、交代出場のグディがダニエル・アウヴェスの長距離クロスに飛び込んで決勝ゴール!! 好きな選手なので最近の活躍ぶりは実に嬉しいです、グディ!!

・インテルはレッチェ相手に1-0と手堅く勝利した模様(34分、F.クルス)。ハヴィエル兄さんのインテル通算600試合目という記念すべきゲームだっただけに、喜ばしい限り。


【2008/09/24 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・金曜深夜、テキスト実況で多摩シコを見守っ…たところ0-1で敗戦…。早い時間に失点し、怒涛の反撃に出るもゴールを割れず、10人になって引きこもる相手に焦りが募り、最終的に自滅。画面は見えずともその光景ははっきりと目に浮かびます…。キックオフ前に台風は過ぎ去ったのに、心は晴れずに終わりました、無念。あと退場してしまった札幌出張中のミノに関しても、残念。

・多分今日一番のトピックは日立台での柏vs鹿島。柏CKの際、ゴール裏の鹿島サポの応援旗が、元川崎のアレックスの顔面をヒットするという事件が。その後も旗による威嚇行為は続き、サポ同士のいざこざもあったとのこと。こういう連中は"ごく一部"なんでしょうが…、いや"ごく一部"だからこそ徹底的に排除してもらいたいものです。そういえば、等々力でもアウェイ側観客席の柵を破壊してましたね、この"ごく一部"の人たち…。

・日曜、インテルはアウェイでトリノと対戦。序盤前線と中盤の間に広大なスペースができてしまっていたものの、P.ヴィエラが前目に出ることで解決。OG(実質マンシーニ)、マイコン、ズラのゴールで52分時点で3-0とし、好調さを見せます。しかしここからが本当のインテルの恐ろしさ、トリノの猛反撃を喰らい綺麗なクロスから見事な失点。それで目が覚めるかと思えば、焦りが先に出てJ.セザールのスーパーセーヴ頼みのドタバタ劇場。どうにか3-1で逃げ切ったものの、詰めの甘さは相変わらずの模様です。ところでこの試合、アドリアーノが悟りを開いたかのような穏やかな表情でプレイをしており、交代で退く際もモウリーニョと笑顔で言葉を交わしていました。一体彼の身に何が?

・同じくアウェイゲーム、ヒホンと対戦したバルサは新体制初のフィエスタ。美しいプレイも多く、バルセロニスタ大満足な試合でした…今回出番のなかったアンリさんの心中は複雑だったかもしれませんが…。


【2008/09/21 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
洗車

・洗車でスッキリ。せっかくまともに走るようになったんだから、見た目もまともに、ということで。

洗車


【2008/09/19 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Kansas City (Hey Hey Hey)

・さて、一年間にわたって色々教えてくれたLabのパートナーがKansasへと離れてしまうため、今後どーするべきかについてボスとパートナーと自分で三者会議。結果、自分は今やっている研究をそのまま続行、指導者役をボスが引き継いでくれることに。ボスのような切れ者と1 on 1で面倒を見てもらえるのはすばらしい機会と言うことで、非常にありがたい反面、ヘマできないなぁ、とプレッシャーも。ガンバルっす。

がんばります


【2008/09/18 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Lab復帰

・Cali復帰後のLab初顔出し。メンバーに挨拶して、お土産のお茶とお煎餅を渡して、後は帰る前にどこまで研究が進んでいたかの確認だけして終了。と言っても午後丸ごと潰れるくらいには手を動かしていました。ま、初日としてはこんなもの。

初日


【2008/09/16 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
帰宅

・帰Bay当日はセイのお家でone stopさせていただき、翌日修理に出していた車を無事回収。なんとか自宅まで戻ってきて夏休み終了、といった感じです。

・そんな日曜の夕飯は、SacのOto'sで買った惣菜を使って掻き揚げ丼。いまだ日本にいるかのような食生活。

掻き揚げ丼


【2008/09/14 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・開始時間を間違えたため後半から見ることとなったフロンターレ、今回はアウェーで鹿島戦。マルキーニョスのスーパーな個人技に失点するも、タニの豪快なヘッドで同点。アウェイで勝ち点1を引き出す結果となりました。荒れた芝の上でも熱い試合を見せてくれた戦士たちに拍手!

・ホームにラシンを迎えたバルサ、ミッドウィークのCLを意識しメンバーを落として臨んだ所、不満だらけのドロー決着に。温存するつもりだったA.イニエスタやL.メッシらも途中から起用してしまったし、もう頭が痛いです。スタンドからは早くも白いハンカチが…っていくらなんでもさすがに短気すぎです、クレの皆さん。

・インテルvsカターニャ、こちらは新戦力S.ムンタリが退場。それでもOGやらなんやらで無理やりな勝利。10人で戦うインテルに見慣れてしまった自分が悲しいかも。


【2008/09/14 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
NRT → SFO

・さて、いよいよ離日。今回は初めて弟に車で成田まで送ってもらいました。N'exで行くより早いかと思いきや、首都高の渋滞に引っかかりあまり変わらない所要時間に。

首都高

・そして初の新第一ターミナル。改装して色々変わったと言うことで、結構期待してたのにNike Shopが無いなんて!! この一点のみにより第2ターミナルに軍配が。

成田第一ターミナル

・飛行機乗る前最後の食事は手早くラーメン。店を出てからお茶漬けカフェなるものを見つけ、こっちにすればよかったと少し後悔。ショッピングエリアをウロウロしていたら、サッカーフランス代表のロゴが入ったウェアに身を包んだ若者の姿がチラホラ。ユース代表でしょうか?

ラーメン

・そして搭乗。SFOでの入国審査もスムースで、若い管理官のしょーもないジョークが微妙にツボに入る程度には元気でした。

ANA


【2008/09/09 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
丸香 [讃岐うどん]

・帰Bay前日、昼食は丸香で。素うどんに海老ちくわ天のトッピング。もっちりした麺に深みのあるつゆ、温かいうどんもやっぱり絶品で、おにぎりも美味しかったです。

・帰国直後に続いて2度目の訪問でも外れなし。昔から良く通っていたという、弟が実にうらやましくなりました。

丸香


【2008/09/08 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
都内ウロウロ

・昼食の前後は弟に運転してもらい、築地でアサリの佃煮やら出汁パックやら柚子コショウやらをゲットしたり、神保町でテキトーな本をゲットしたり。

築地

・夕方には池袋に出て、友人への手土産やら食料品やらをゲット。これで準備万端、と言ったところでしょうか。

池袋

・夜はいちに向かうため六本木へ。途中ヒルズ内部のロータリーを無意味に回ってみたりと多少寄り道。中々に面白かったです。

六本木


【2008/09/08 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
旬の味 いち [和食]

・東京今年最後の晩餐は六本木、旬の味 いちで。和の味覚、脳裏に刻んでいかねば。

・夏の終わりを惜しむようにとうもろこしのゼリー寄せ。

とうもろこしのゼリーよせ

・すりおろしたトマト。当然ガスパッチョをさらに純化させたような風味。素材のよさが光ります。

トマト

・牛のタタキと季節の野菜を、ソースがけで。ここの手作りソースはやはり絶品で、今回のりんごと…あれ、なんだっけ? を煮詰めたソースも実に美味でした。

牛

・鰆のお造りも大変に美味。

お造り

・炙り!

炙り

・アナゴの北京ダック風。北京ダックよりも脂っこさが控えめで飽きが来ず、それでいて香ばしい。こっちのほうが好みかも。こういう料理、どうすれば思いつくことができるんでしょう。

アナゴの北京ダック風

・とにかく美味しかったことしか思い出せない一品シリーズ、第一弾。とろみのついたお椀でも、ギリギリ舌を火傷しない絶妙な温度なことにいつも感心させられます。

お椀

・とにかく美味しかったことしか思い出せない一品シリーズ、第二弾。

失念

・とにかく美味しかったことしか思い出せない一品シリーズ、第三弾。きのこ的な食感+大根おろしでさっぱり。

失念

・さんまのつみれ。季節を先取り~。おつゆも本当に安らぐ美味しさ。

さんまのつみれ

・土鍋ご飯は、いくら。ご飯に磯の香りが染み込んで、もう最高。

いくら

・こちらは子持ちししゃもの土鍋ご飯。香ばしさとプチプチの食感に浸ります。

子持ししゃも

・デザートは、何年ぶりかのほおずき。

ほおずき

・そして蕎麦風味のアイスで締め。今回も大変ご馳走様でした。幸せな味覚の思い出と共に日本を発てます。

蕎麦アイス


【2008/09/08 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ハクビシン

・幸せな気分の家路、近所でハクビシン(Pagma Larvata)に遭遇。都内に生息しているらしいとは聞いていましたが、まさか実際にお目にかかるとは。あんまり歓迎できない連中ながらも、しかし特にどうすることもできないのでそのまま放置。

ハクビシン


【2008/09/08 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Jorge Ben Live at 代々木公園

・午後、離日前に散髪するチャンスが今日しかないことに気付き、慌てて床屋にダッシュ。そしてそのまま代々木へダッシュ。目的はブラジルフェスティヴァルのフリーコンサート。今年は丁度日本ブラジル移民100周年の節目に当たるらしく、なんとJorge Benがメインで出演するとのこと。MPB (Musica Popular Brasileira)の最重要人物を、日本で、しかも無料で見られるとあっては行かないわけには行きません。

・丁度原宿駅を降りたところで、ポツポツと雨粒が。それはあっという間に豪雨へと変わり、公園内に辿り着くころにはずぶ濡れ。雨でダウナー気味に足を踏み入れた野外ステージエリア、しかしそこは完全にブラジルと化していて、熱気に満ち溢れすぎて暴走状態。無理やり引きずりあげられるようにテンションアップ。

ここはどこ

・ステージの上には、本当に本物のJorge Ben。30分くらいのミニライヴなのかと思いきや、2時間のフルセット。Acoustico MTVに収録されてる曲は殆ど聴けたのではないかと言うほどに充実していました。普通なら中止になってもおかしくないほどの悪天候の最中、全開のシャワーのような雨を全く意に介さずゆるりとしたインスト曲を演奏したり、雷が鳴り響けば響くほどヒートアップしていったりと、やりたい放題。ブラジリアンパワーの真髄を見せ付けられた気分です。

Jorge Ben

・結局時間いっぱいまで歌いきり、全く疲労の色を見せずに元気溌剌とステージを後にしていったJorge Ben。この人もうすぐ70歳なんですよね…恐るべし。いや、本当に凄いモノをありがとうございました。Obligado!

Obligado, Jorge!

・電車に乗れるのか、というほどにずぶ濡れになってしまったため、駅前のOshmansでスリーブレスを、そしてせっかくだからとKAMOショップでバルサの08/09トレーニングシャツをゲット。フラメンゴのシャツでもゲットしようかと思ってたんですが、締めはあまりブラジルと関係なくなりました。


【2008/09/07 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
楊 池袋店 [中国家庭料理(四川料理)]

・雨に打たれて風邪を引きそうだったので、温まりそうな夕飯を、と池袋のへ。四川ベースの中華なら間違いなくホット。

・と言うわけで早速麻婆豆腐。前回は凄まじい量の山椒によって完全に味覚を破壊されましたが、今回は幾分マイルドになり、口にした後も他の料理の味がわかる程度に。おかげで一緒に来たメンバーには好評だったものの、あのエクストリームな刺激を期待してた自分としてはいささか残念、

麻婆豆腐

・辛さゼロ、安心メニューなピータン豆腐。

ピータン豆腐

・これも辛さゼロ、卵とトマトの炒め物。

卵とトマト

・またまた安心メニューな腸詰め。

腸詰

・海老と野菜の炒め物。本当は唐辛子を加えた炒め物を頼んだつもりでしたが、結果オーライ。

海老野菜炒め

・ジャンボ焼き餃子。麻婆豆腐と一緒に食べようシリーズ第一弾。

ジャンボ焼き餃子

・水餃子。麻婆豆腐と一緒に食べようシリーズ第二弾。奥のSteamed Bunの中身はド忘れ。

水餃子

・あと大根モチも。

大根モチ

・摂取されたカプサイシンのおかげか、はたまたPlaceboか、本当に体の芯から温まった気分です。


【2008/09/07 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ

Birth Day Party, 2008

・本日は自分と弟の友人、誕生日の近い人でまとめてお祝いの集い。いやー、もう皆すべてに感謝、感謝。微速前進、といった日々を過ごしている近年、この1年でギアをシフトすることになる筈ですが、果たしてどこに向かうことになるのやら。

・焼肉を食べ、外に飛び出して花火大会。半月ほど前に浅草橋で購入するも、雨続きなので全然できずにいたのが、ここでついに出番到来。手持ち、噴き上げ、ナイアガラ、ネズミ、色とりどり、形さまざまな花火を片っ端から着火。締めの線香花火を堪能しているところに雨が。夏の終わりの締め切りに、ギリギリ滑り込みで楽しみきった気分です。

hanabi

・最後は誕生ケーキの登場。とても楽しい晩となりました。改めて色々なことに、感謝!!

BD2008

【2008/09/06 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ

生卵 in the U.S.

・データ的には"生卵を食べる際のリスクは日本でも米国でも余り変わらない"(※注)、とわかっていても、やっぱり日本で食べたい卵かけご飯。昔から気になっていた卵かけご飯用醤油も一つゲットし、ますます誘惑度アップです。

生卵

・(※注:アメリカの卵は生食できないほどサルモネラ菌(Salmonella enteritidis)汚染リスクが高い、と言われてますが、実際には1994年の大規模食中毒事件をきっかけに厳しい対策プログラムが導入され、現在では卵内サルモネラ菌汚染リスクは1/20,000と日本並みになっている模様。卵外からの汚染に気をつければ、リスク的には日米でそれほど差は無いと考えられます。)

・(ちなみに1994年の大規模食中毒事件は、アイスクリーム用溶き卵輸送タンクが原因。サルモネラ菌に汚染された未殺菌の溶き卵を運んだ後、タンクを洗わないまま殺菌済み溶き卵を運び、それでアイスクリームを作ったところ全米で22万人以上の食中毒患者を生み出してしまったんだそうです。)

【2008/09/05 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
野菜寿司

・夜、銀座の某懐石料理屋さんで食事。質の高い有機野菜が売りのお店だったんですが、期待値を上に置き過ぎた為か、それほどピンと来ず。ただ、野菜の握りは評判に違わず美味しかったです。むしろこれ専門で食べたかったかも。

野菜の握り

・ちなみに、BerkeleyのCha-Yaという菜食専門の和食屋さんでも、なかなかに美味しい野菜の握りが楽しめます。


【2008/09/04 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
鉄道博物館へ

・さて、首都圏小中高生の夏休みが終わり、多分空いているんじゃないかと大宮の鉄道博物館へ…自動車で…。

大宮へ

・中は広々としていて展示物も多数。じっくり見学していたら、一日ではとても回りきれなさそうでした。

広々

・実物車両の展示も充実。お召し列車やら引退した特急やら盛りだくさん。さらに車体を下から覗くことも出来て、台車マニアも納得な模様。

実物車両

・秋葉原の交通博物館の入り口前に展示されていた0系新幹線とも再会。そう言えば交通博物館にあった鉄道以外の展示物は何処へ行ったんでしょう?

0系

・鉄道の仕組みを色々触って学べるコーナーも。いつ見てもすごいと思うレールと車輪の接触面積

点

・模型の台車を転がしてレールのポイント切り替えを学ぶコーナー。タモリ氏が大喜びだったとか。

ポイント

・HOゲージの大型レイアウト。それはそれは立派なものでした。一部のストラクチャーに交通博物館のレイアウトの面影が…。

レイアウト

・遅めの昼食は、1Fの日本食堂で"幻のハチクマライス"。その実体は温玉がけおろしハンバーグ丼ポン酢風味で、昔の食堂車の賄い飯だったとか。ちょいと味が濃すぎましたが、それでもなかなかに美味しかったです。

ハチクマライス

・食後も歴代ポスターの展示やらなにやら色々見て回り、全体にざっと目を通したところで時間切れ。細かい部分ははまた次回ってことですね。


【2008/09/03 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Streetball Scene in JP: SOMECITY with AND-1

・さて、大宮から自宅を経由して今度は川崎へ。以前地元バスケで知り合ったStreet Baller、Nobuchikaが、チッタでAND-1と試合をすると言うのでチェックしに。当初は屋外スペースでバスケをするオープンセッションだと思っていたんですが、実際はClub Cittaの中、SOMECITYというリーグのトーナメントゲームでした。

・改修後初訪問となったチッタ、そこで目にしたものは、Basketballと似て非なるStreetballの世界。ハーフコートを取り囲む観客、煽りまくりのMC、激しいフィジカルコンタクト、強気の1on1、華麗なトリックプレイ。日本には存在しないと思っていた光景でした。

SOMECITY

・試合の合間のDJタイムには、お客さんが好き勝手にシューティングできる機会も。一緒に見に来ていた仲間もここぞとばかりにコートへダッシュ→エアボール。お酒飲むから…。

DJタイム

・トーナメント決勝を前に、The Professor、Springs、8th Wonderの3人がTeam AND-1として登場。彼らはSOMECITYの選抜チームと10 Min. Exibition Gameを行うことに。やる気満々のSOMECITY組に対し、明日の本番に備えてか明らかに手抜きモードなAND-1組。8th Wonderに至っては殆ど突っ立っているだけでした。それでもSOMECITY側が良いプレイをすればそれに応えます。TANA(この場において、唯一昔から名前を知っていたのが彼でした)らが華麗なドリブルテクニックを披露すれば、The ProfessorもMadなハンドリングをきっちり見せつけお返し。一度思いっきり抜かれてしまったSpringsが、次のオフェンスで稲妻のようなドライヴからダンクを決め名誉挽回したシーンは、このゲームのハイライトでした。

AND-1

・AND-1の顔見せが終了し、本来ならここで立ち去っても良かったのですが、SOMECITYのゲームそのものに興味を抱いたため、残って最後まで見届けることに決定。決勝はF'Squadというリーグ所属のチームとAdultea Timeというオープンランから上がってきたチームとの対戦でした。Nobuchikaが所属していることもあり応援していたF'Squadでしたが、いまいちリズムをつかめず二桁リードを許し、終盤になってじわじわと追い詰めるもAdultea Timeの逃げ切り。最後Adulltea Timeが明らかに時間稼ぎモードだったのは、ショーマンシップを第一とするStreetball的観点からしてちょっと???でしたが、それだけ勝ちたかった、ということでしょうか。

・図らずも日本にStreet-Hoopを根付かせようとする活動の最前線を垣間見てしまった夜、こういったリーグがもっともっと盛り上がって成功してくれれば楽しいな、と思った次第。

・それにしてもDJタイムでかかってた、おそらく超メジャーであろうFloor Hitsな曲がわからないことわからないこと。後ろのお姉さん方がHookを熱唱してるのに対し、我々は"これ、誰?"状態で戸惑いまくりでした。そういやBETもMTVも見なくなって久しいもんなぁ、今住んでいるSac. AreaはKMEL入んないし…。


【2008/09/03 23:59】 Basketball | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ぼんご弐 [おにぎり]

・昼、弟が護国寺でぼんご弐のおにぎりをゲットしてきてくれました。大塚の本店のほうは、山手線利用者がこのお店に寄るためだけに下車するとまで言われるほど評判らしいですがその味や如何に。

・買って来てくれたのは、しゃけ、しらす、焼肉、生たらこ、などなど。最高級の一等米を筆頭にこだわり抜いた素材を使ってると言うだけあって、実に美味しかったです。具がたっぷり詰まっていて、ふんわりと握ってある点が好み。特にしらすはかなり気に入りました。

ぼんご弐

・海外進出もめざしてるそうですが、その際はぜひ北Calにも一店舗を!!


【2008/09/01 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
中国東北家郷料理 餃子房 永利 [中国東北料理]

・夜は、北池袋の永利へ。日本に帰ってくるたびにこのエリアがどんどん"本物の中国"っぽくなってきてるんですが、そのうち池袋全体が真っ赤に染まるんでしょうか? お店の中の中国語度もますますアップ。

・さて、一品目からしてデカイです。店員さんに"骨の肉ください"というと大皿にのって出てくる豪快メニュー。骨付き肉というより肉付き骨というバランスなんですが、これが実に美味。いい加減この料理の正式な名前が知りたいところ。

骨

・またも正式名不明な"豚肉とクレープ"。ついでにネギときゅうりも注文。要は北京ダックの豚肉版ってことですね、わかります。

クレープ?

・弟が注文したオーソドックスな一品、玉子とレタスのチャーハン。そつなく美味しいです。

チャーハン

・冷やし坦々麺。ピリッっとしていて個人的には好きだったんですが、"辛い"と家族には不評。

坦々麺

・小龍包。ちゃんと中にスープが入ってるので油断してるとヤケドします。"辛くない"と家族に好評。

小龍包

・余った分はお持ち帰り。これが出来るところが中華の美点。


【2008/09/01 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Fleuronne [洋菓子]

・デザート、西武でゲットしたFleuronneの洋菓子。ショートケーキや、桃の載ったロールケーキ(シャルロットカーネーション)等々を頂きました。

Fleuronne

・えー、数ある池袋西武の洋菓子屋さんの中で、見た目に惹かれてなんとなくチョイスしてみたんですが、その美味しそうさの割には普通だったかなぁ、と。まあ、美味しいは美味しいんですが、好みとしてはC3とかの方が上だったかも。


【2008/09/01 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |

08 | 2008/09 | 10
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。