BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
土曜出勤

・例の遺伝子組み換え用に育ててていた個体がスクスクと育ちきってしまい、それに使うDNAの準備が間に合わなくなりそうな状況になっている今日この頃、仕方ないので作業を進めるため今日も学校へ行ってきました。電気のついていない、誰も居ない実験室は新鮮です…って隣のコンピュータルームには居るのね…。いやはや、お疲れ様です。

無人

・帰りにダウンタウンの韓国スーパーへ。今週リニューアルオープンしたということで、色々セールをやっていました。そんな中から、赤いきつねやら緑のたぬきを箱でゲットしてみたり。そういやメキシコでは"マルちゃん"がインスタント麺の代名詞になって、伝統料理が廃れかねないほどの人気になっている、なんて話題がありましたねぇ。ま、あまりお世話になり過ぎないようにはしたいところ.。

マルちゃん

・後これからまた暑くなるであろう季節に向けて、ラムネも箱でゲットしてみたり。せめて、日本的な風情をこれで味わいたいと思います。

ラムネ


スポンサーサイト
【2008/05/31 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ヘロヘロ金曜日

・いつものごとく環境毒物学のレポートに取り掛かっていたら夜が明けてしまい、ここの所寝不足だったダメージも加わってヘロヘロで学校へ。なんかもう太陽の光が目に痛いような有様です。

・まず(水曜のOffice Hourキャンセルで一時どうなることかと思った)酵素反応速度論の宿題を無事に提出。なんでも"いやー、息子が膝壊しちゃって(文字通り"Destroyed"と表現してました)、病院から呼び出されちゃったんでね。大事には至らなかったんだけどね~"とのこと。

・で、心ここにあらずな状態でゲノム学を乗り切り、いざLabでプレゼン…と思っていたら、自分の前にやってた院生のプレゼンが完全に時間オーヴァーとなってしまい、結局来週発表することに。え~、睡眠時間削って準備したのに~。

・昼食代わりのIced Caramel Machiatoで糖分等を補給し、なんとか午後を切り抜け、Labでcolony PCR等ちょこっと作業して帰宅。そのまま夜まで死んだように寝てました。


【2008/05/30 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
San Pellegrino - Aranciata [炭酸飲料]

・最近ちょっと気に入ってるソーダ、San Pellegrino - Aranciata。日本でもおなじみのイタリアンな炭酸ミネラル水に、濃縮オレンジ果汁を加えたものです。後味が結構スッキリしていて、Oranginaよりもこちらを選ぶようになりました。ちなみに缶のデザインに別ヴァージョンがあるようで、もう一つのほうは缶の上にカヴァーがかかっていたりと、なんとなくヨーロピアンな雰囲気漂う感じになっています。


【2008/05/30 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ファイフロ~

・いよいよ最後となった環境毒物学のLab。本日はWestern Blotを使ったGSTの検出。まあ、とにかくWash & Waitな内容で、ちょこっと作業したら45分待ち、またちょっとだけ手を出して30分待ち、とものすごーくヌルいです。そんなわけで皆他のクラスの宿題したり、明日提出期限のAmes AssayのLab Reportを書いたりと、各々好き勝手に時間つぶし。そんな中自分は携帯プレイヤーに移したFight! 川崎フロンターレを見てすごしたり。神奈川県内でもどれほどの視聴者が居るのか謎なこの番組、まさかTVKの中の人も8000キロ以上離れたところで楽しみにしている輩が居るとは思わないでしょうなぁ。あ~、等々力に行きたいです。

・実験の後は自分のLabに移動して、明日のプレゼンの準備~。下のようなGelの写真をスキャナにかけたり、論文資料をまとめたり~

こんなの


【2008/05/29 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
から揚げ~

・今日の昼はダウンタウンの日本食屋へ。先週のアメリカン寿司屋で食べて不味かった奴へのリヴェンジと言う事で、から揚げランチです。こっちは日本人スタッフが作ってるだけあって、安心のお味でした。

から揚げ

・Labでの作業を済ませ、いつもの如く酵素反応速度論のOffice Hourに顔を出そうとしたら、"急にERに行くことになったため、本日のOffice Hourはキャンセルです"との張り紙。ERってあのER? 何事ですか…?


【2008/05/28 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Memorial Day

・本日はMemorial Dayと言う事で授業無し。学校の駐車場も無料になるので、車でジムに行って久々にバスケしてきました。小太りなブレヴィン・ナイトみたいなマッチアップ相手の、意外な機敏さに翻弄されつつどーにかこーにか勝利。やっぱりコンスタントにプレイして無いと、すぐ息切れするわ、足の皮は剥けるわでダメダメです。

AJ19.5でプレイ

・その後はLabへ。祝日だというのに、メンバーのほとんどが居ました…さすがというかなんというか。半ばあきれつつ、金曜に培養しておいたE.coliのチェック。なんとか無事遺伝子組み換えが上手く言ったようで一安心。さらに培養し、明日にはDNAを抽出して分析する予定。

Lab


【2008/05/26 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・金曜27時。日本代表vsコートディヴォワール代表をチェック。フロンタから召集された4人の出番は無いようで、ホッととしたような残念なような複雑な心境。でも寺田にキャップがつくのならそれは全力で歓迎する次第。そして試合のほうは、玉田のゴールでトヨスタが沸いた辺りから眠くなり、後半途中に寝落ち。もうちょっと頑張って起きていればドゥンビアの雄姿を拝めたというのに…口惜しい。

・イタリア杯決勝、インテルvsローマは案の定思いっきりインテルがコケてしまったようで…。この辺りのしまらなさ、らしいといえばらしいですが…。

・代表やらけが人やらで中盤から後ろがエライコトになっているフロンターレ、本日はナビスコカップでアウェイ柏戦。テキスト実況でフォローしていたら、案の定3-0で完敗…。若手への良い育成機会になっていることを祈ります。

・月曜午前1時、ガナのドーピング濡れ衣事件についてついにCAS(スポーツ仲裁裁判所)からの裁定が。レポートはここから入手できます。内容はガナの主張を全面的に支持するもので、晴れてガナの潔白が証明されることとなりました。ガナへの点滴は正当な医療行為と認められ、またそもそもJリーグ側の規約はWADA規定に沿っておらず正当性の判断材料として使えないとのことです。この至極当然の結論を得るのに、なぜここまでガナが苦しまなければいけなかったのか…。

・そもそも今回の件は、様々な機関から何度もリーグ側の勇み足であるという見解が示されていました。始めはJリーグクラブ全ドクターの連名で、続いてJADA、さらにリーグ側最後のよりどころであったWADAからもです。とどめにこの騒動の最中にガナのようなケースは処分されるべきでないと、リーグ自らが規約の変更までしてしまっています。そのいずれかの段階で処分を取り消していれば、ここまでこじれた挙句赤っ恥を書くことにはならなかった筈。自らの過ちを過ちと認め襟を正せないものが、リーグを仕切っている現状には残念といわざるを得ません。この判決を真摯に受け止め、反省の姿勢を明確にすれば印象も変わるのですが、果たして彼らにそれが期待できるかと問われれば…。

・ともかく失われた試合、勝ち点、時間、お金を含めた様々なリソース、全ては戻っては来ません。それでもガナの笑顔が取り戻せることになって、そして彼が息子さんに"お父さんは何も悪いことなんかしていなかったんだよ"と言える時が訪れることになって本当に良かったです。あとは心置きなくプレーに集中し、再びピッチで輝く様を期待したいと思います!! Ole Gana!! Viva Gana!! Gana Vittoria!!

GANA!!

・月曜深夜、頑張って起きて日本vsパラグアイ。今回はケンゴ、そしてついに寺田が出場。見慣れない背番号とともにピッチに立った寺田は、見る側の緊張をよそにはつらつとしたプレイを披露していました。クラブでのそれと変わらない安定感のある守備と、セットプレーでの攻撃力は頼もしかったです。これはひょっとしなくても代表に定着してしまうかも~。しかし試合はなんとも微妙な感じで、主導権を握りつつも攻め切れません。押し込んでも最後のところで相手を崩す動きが見られず、結局前半で一番惜しかったのはケンゴのミドル。後半途中にはまたも寝落ちしてしまいました。I.オシムの頃は何だかんだいって試合終了まで起きていられたんですけどねぇ…。


【2008/05/26 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
牛乳ゼリー

・先週バヴァロワ作るのに買ったゼラチンが大量に余っているので、なんとなく牛乳ゼリーを制作。牛乳あっためて砂糖入れて、ヴァニラエッセンスを一振りしてゼラチン入れて、器に移したら冷やすだけ。めちゃめちゃ簡単じゃないですか。そんなわけで完成。分量とかなにも考えずに作った所ちょっと甘みが薄かったので、イチゴジャム乗せて食べました。結果満足なFlava。

牛乳ゼリー

・そういえば以前牛乳ゼリーと牛乳プリンの違いは何なのだろうかと疑問に思ったことがあったんですが、どうやらゼラチンを使うか卵白を使うか使うかの差な模様。嗚呼、wikipedia万歳


【2008/05/24 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
博士の愛した数式

・酵素反応速度論の試験は拍子抜けするような簡単さ。むしろデータを分析してKinetic Modelを推察する宿題のほうがよほど難しかったり。まあ、とにかく無事に通り抜けられたみたいで良し。

・ゲノム学&バイオインフォマティクスでの、ほとんど言葉遊びのような-omics達に関する講義を抜け、昼はジュースを飲みつつ友人と一休み。どんどん息抜きモードが悪化していきますなぁ。

・で、博士の愛した数式の小説をお借りしました。フィジカルな日本語活字媒体からは大分遠ざかっていたので、ありがたい限り。短期記憶障害については生理学のクラスで学んだ経験がありますが、あれを数学者と結びつけて文学作品にするのは凄いな、と思ったり思わなかったり (そういえば最近同様の障害を抱えた文学少女が出てくるアニメ作品もありましたねぇ)。肩肘張らず読める一冊だということで、期待。昔から見る側に緊張を強いる作品はメディアを問わず苦手だったんですが、近年はますますその傾向が顕著になっていたりして。

博士の愛した数式

・Labでは遺伝子組み換えの作業の続き。こちらはそれなりに順調に進んでおり、来週いっぱいで一段落つけそうな雰囲気。あー、そうだ、来週のプレゼンの準備もしないと…。


【2008/05/23 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Unlimited?

・ラスト2回となった環境毒物学のLab、今日はWestern BlotとEnzyme Kinetics Assay。どちらもBiochem Majorの自分にとっては本分となる技術、昨年の夏に散々やったのが活きたのか、スムースに終了となりました。

・昼食に、以前から気になっていたとある寿司屋に立ち寄ってみたり。その名も"Sushi Unlimited"なるお店で、なにがどうUnlimitedなのかさっぱり。とりあえず中に入ってみると雰囲気やメニューはSacのMikuniを髣髴とさせる(むしろパクリ?)もので、大分アメリカナイズされた印象。そういえば昔はこういうニセ寿司なお店を見つけた際は喜んで挑戦するという不毛な遊びをしていたなぁ、などと振り返りつつ無難そうなから揚げ定食的なものを注文。いやはや、自分も丸くなったものです。結果出てきたのは、チキンカツ的なメニューで、ただソースが照り焼き用のものらしく、かなり甘~い味付けとなっていました。ついでに味噌汁までなんだか甘い。そうそう、こういう何でも料理が甘くなるのがアメリカナイズの特徴だったなぁ、などと思い出しつつこの店は記憶の底に封印されることとなりました。そんな木曜午後。

ダメなほうへUnlimited


【2008/05/22 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
BBQ

・試験明けとなったゲノム学&バイオインフォマティクスのクラスでは、先生から"このクラスでHi-Techな最新の研究技術を習ってるのに、何故に君達は試験問題に対してOl'Skoolな技術を使って回答しようとするんだい?"との疑問とも非難ともつかぬお言葉が。それに対し学生からは"だってこのクラス以外ではそのOl'Skoolな技術についてばっかり教え込まれてきたんだもーん"との開き直りの声。軽い雰囲気での会話でしたが、これって以外に深刻なことなのでは…?

・Labは相変わらず絶賛行き詰まり中。とりあえずOE-PCRの問題は横に置いといて、最近育てている個体の遺伝子組み換え作業に取り掛かることに決定。こっちは上手くいく確率が高そうなので少しは気が楽です。

Stuck in da Lab

・夕方は環境毒物学のBBQパーティー。毎年恒例の"水風船を割らないようにトスしていくゲーム"は、やはりいつものごとく単に水風船をぶつけ合うゲームに。生徒だろうが先生だろうがお構いなく風船が宙を飛び交い、結果皆ずぶ濡れです。自分は上手いこと被弾を避けることが出来ました、がおかげで非難ごうごう。そんな感じでそれなりに楽しい時間となりました。


【2008/05/21 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
M&Ms…

・今日は先週木曜にやったAmes Assayの結果をチェック。先週仕込んだ細菌のうち、突然変異を起こしたものだけ生き延びてるはず…だったのがインキュベータが故障していたらしくほぼ全滅。どうやってレポート書いたものやらな状態になってしまいました。そんな最中、例のM&Msに曝された菌がフツーに増殖しており驚愕…これってつまりあのチョコに突然変異誘発物質が含まれてるってことですか…?

・帰り久々に近所のメキシカンに寄って、タコサラダをお持ち帰り。瑞々しさと香ばしさとサクサク感の取り合わせが大好きな一品です。

タコサラダ


【2008/05/20 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ね、簡単でしょう?

・本日の酵素反応速度論のクラスはいつもの先生が不在のため、昨年引退したはずの"生化学の中で最も難しい"先生が教壇に立つことに。自分は昨年この方の授業を取って、4週間目にしてにっちもさっちも行かなくなりリタイヤした経験があります。一年振りに聴く講義の最中、彼の教え方は何かに似てるんだよなぁ、と脳内Google。そしてピン、と来たのはこの方の絵画教室でした。そう、ものすごくユル~く簡単な話を適当にしてるように見せかけて、ふと気付くとついていけないくらい高度な内容になっているという罠。最後に"ね、簡単でしょう?"の台詞までかましてくれるんだから出来すぎです。

・ゲノム学&バイオインフォマティクスは中間試験。内容はChIP-SeqやCAST with Barcoded Primers等、新世代の実験手法についてでした。問題では、"このタンパク質について、これこれこういうことが知りたいです。あなたならどんな実験をデザインしますか?"といった自由回答に近いものが出てきたりして、中々楽しいです。ある程度説得力のある実験を組み立てないと全然点をもらえないのが、厳しいところだったりしますけど…。

・無事試験も明け、お疲れモードでカフェイン不足に陥ったため、昼は友人とPeat's Coffeeでひたすらダベり~。偶には息抜きも、ね。


【2008/05/19 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・浦和vsガンバは見事にガンバの勝利。しかし試合終了後にピッチでもスタンドでも騒動が起きちゃってて、なにやらまた面倒な話になりそうな予感。

・井川さんまさかの代表入りオメ、とか思ってたら欠場してしまった大宮戦。前半で2-0としたところで安心して寝落ちしたところ、朝起きてみたら見事に逆転負けを喫していました…。こんなんで中断期間入りとは…。

・一晩明けて浦和vsガンバの騒動に目を向けたところ、浦和選手の判定への不快感がニュースになってて複雑な気分。スローインの判定からセルフジャッジで自らプレーを止めて、それで失点したのに…。前節その浦和相手に微妙なPKをとられ、完璧なゴールを取り消されたフロンタが報われないなぁと。まあ、チームが文句言うのはどこもしてるからいいとして、メディアが"浦和が言ってるのだから問題だ"的な取り上げ方をしてるのは複雑な心境です。あとスタンドの荒れ具合はもうどっちもどっち。両チームの一般のファンに同情するとともに、"緩い"川崎のファンでよかったと心からホッとしてみたり。なんにせよ、子供も安心して観に訪れることが出来るリーグ、という世界に誇るべき美点をどうか失わないでいただきたいものです。ホント、相手チームのファンを閉じ込めようなんて輩が5000人もいたことに、ちょっとショックを受けてます。

・押しも押されぬ消化試合となったムルシアvsバルサ。内容はそれに相応しいユルユル、スカスカのサッカー。16分、ムルシアのCKからオチョアの見事な先生ヘッドが決まり、バルサまさかの連敗街道フィニッシュかと頭を抱える事態に。23分に綺麗なパス高官からT.アンリ、その3分後にはS.エトーがゴールを決めあっさり逆転。さらに中盤として出場していたジョバンニがハットトリックの活躍。特に2得点目の強引な突破、タイミングの良い壁パス、そして綺麗なループの流れは非常に美しく、ベンチのライカーも立ち上がってガッツポーズする程でした。首が決まっていてもこの喜びよう、ホントいい人ではあるんですねぇ。そんな感じで1-5決着となるかと思っていたところ、80分を回ったところでC.プジョルがPKをとられ、これをI.アロンソがゲット。さらにアベルのビューティフルゴールまで飛び出して、グダグダの3-5フィニッシュ。いかんともコメントしがたい締めくくりとなりました。さて、これからどうなるんでしょう、バルサ。

・パルマvsインテル。見ようと思ったらなんかアパートが停電になってしまい…でも優勝で何より。どうやら危うく優勝を逃しかけたところを、後半出場から出てきたズラに救われたようです。だれがなんといようとこれで3連覇、まさに"Grande Inter"。相変わらず様々なネタを振りまきつつも、最後には笑顔でシーズンを締めくくらせてくれて、本当に嬉しい限り。実は来週末にイタリア杯決勝があったりもしますけど…。


【2008/05/18 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Thiobarbituric Acid Reactive Substances Assay

・いやはや、体温を超える外気温に圧倒され、5月にして夏バテにかかりそうな勢い。

・そんな最中、例によって環境毒物学のLab Reportを書き上げるため徹夜。学校に行くため外に出たときの空気感、早朝にしてすでに暖まりはじめてるそれは、夏のクラブ遊び明けの雰囲気を思い起こさせる代物でした。

・無事授業を乗り越え、Reportを提出し、ついでに台湾人の友人が所属してる環境毒物学のLabに顔を出してみたり。ここに置いてある機械や試薬は自分のところにあるものとは全然違ってて、それらを見てるだけでも結構面白いのです。

HPLC

・で、行ってみるとその彼は丁度TBARS Assayの真っ最中。これは脂質への酸化ストレスを測定する試験で、活性酸素の発生や抗酸化物質の働きぶりの評価に使えるテクニックです。彼の場合、とある食品に含まれる抗酸化物質が実際どれくらい強力な抗酸化作用を持ってるのかを、これで調べてみるそうな。少し手伝ってみたら意外と簡単そうな実験だったので、今度自分が良く飲んでるVitamin Water XXX-Triple Antioxidantsの抗酸化作用を調べさせてもらおうかと企んでいるところ也。

・夕方、やっぱりまだ暑かったので友人一家とウチのプールで涼んで、隣町の中華料理屋でご飯。山東スタイルの中華も中々でした。


【2008/05/16 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Ames Assay

・天気予報によれば今日から"炎の100゜F (38℃)超え3Dayz"な模様。すでに朝から空気が暖かいです。

・本日のLabはAmes Assay。遺伝子に突然変異が起きたときだけ生き残るサルモネラ菌をいろんな物質に曝してみて、その物質に突然変異を起こさせる力があるか (つまり発がん性物質の可能性があるか) を手軽に安く調べる実験です。

・前半は既知の突然変異誘発物質の強力さ加減を計るための作業。色々グループ内で役割分担があるんですが、いつのまにかその化学物質をを取り扱う一番アブナイ役をやらされてました。むしろ緊張で寿命が縮んだりして。

・後半は、色々なものの突然変異誘発性を調べるパート。前日に"身の回りで発がん性が気になるものを持ってきてごらん"とのお達しを受けて皆が選んだものは、日焼け止めローション、ノミ取りスプレー、口紅、コーヒー、エナジードリンク、そしてM&Msなどなど。…M&Msの結果は知りたくないなぁ…。

Plates


【2008/05/15 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
They're Red Hot

・今日も普通に暑いです。そんな最中お昼はチキンケバブ。美味しかったけど、冷たいメニューにすればよかったかもと少し後悔。

ケバブ

・Lab、やっぱりOE-PCRの第一段階で苦戦中。しかしこの手の実験に詳しいLab仲間から色々助言を貰い、その中でも"Template DNAに使ってるcDNA入りvectorをREでsingle cutして、circularからLinear Sequenceに、それをPCR"する方法(要するに「その手があったか!」、的なものです)が効果アリで大きく前進。ようやくトンネルの出口が見えてきました。


【2008/05/14 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
バヴァロワ

・レッズファンの友人とばったり出くわし、そのまま"あのタニのオフサイドは無くない~?"とサッカー談義。30℃を超えるCaliforniaの青空の下、等々力陸上競技場での出来事を延々話しこむ火曜の午後でした。

・後は買い物に出たり、掃除、洗濯と家事に明け暮れ、ついでにバヴァロワも作ってみたり。ムースとかもそうなんですが、中々美味しいものが売られて無いので、それならいっそ自前で供給してしまおう、と。

・そんなわけで、"そういえば、バヴァロワ = Bavarois = Bavarian Cream ってなんでバヴァロワっていうんだろう…Bavarianってバイエルン人って意味だし…?" などと考えつつ卵黄をかき混ぜたり、ゼラチン(パッケージに「タンパク質たっぷり!!」とか書いてあって笑いました、そらーそーだろうよ)を溶かしたり。

製作中

・そしてwikipedia等で"バヴァロワはバイエルン地方の貴族に仕えるフランス人シェフが宴会用に考案したのが起源"との説を見つけるに至り、納得。そんなわけで完成。オレンジとグレープ、2種類作ってみました。合格点な味で一安心。

完成!!


【2008/05/13 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Hot House

・なんか今週後半の最高気温が40℃に達するかもなんて話が出ていて、すでにゲンナリ。先週"これからの季節は短パン+白系Kicksの出番が増えるから嬉しい"的なことを書きましたが、5月の時点でこれはさすがに…。

・環境毒物学ではMutagen(突然変異誘発物質)とその研究法についての話。とある化学物質が突然変異を誘発するモノなのか知りたい場合、それをどうやってin-vivo(生体内)で調べるか、と言う内容でした。世はすっかり便利になってるもので、Big Blueという突然変異が起きると青く変色する遺伝子組み換えネズミ(実際はもうちょっと複雑なシステムです)が用意されていたり。後は水に溶け込んだ金属に反応して光るメダカとかが作られたりとかそんなのも。そういえばこのメダカ、ペットとして販売されたりもしてましたねぇ。

Big Blue

・Labでは先週からやってるOE-PCRが失敗続きで苦戦中。普通より高い酵素を使ってるため、予算を考えると段々心苦しくなってきてます。あー、どの条件ならちゃんとAmplify出来るんだろう…?

う゛あ゛~

・帰り際、後で遺伝子組み換えに使うために育てている個体に水遣り。こっちは問題なく進んでくれています。

すくすく


【2008/05/12 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・ミッドウィークには磐田にまで逆転勝利し、目下4戦連続逆転勝利中のフロンターレ。今回はホームで浦和との一戦。全体的に緊迫感のある試合展開だったんですが、審判の判定で台無しに。62分にトゥーリオのヒールパスに反応し飛び出した高原、それをスライディングで止めた井川がPK宣告を受け、エジミウソンがゴールゲット。パッと見、ボールに先に触った上でのエリア外での接触だったため本人含め納得できない判定でした。しかしそれに輪をかけてひどかったのがその直後のフロンターレの得点取り消し。村上のショットの零れ玉に反応し押し込んだタニのゴールが何故かオフサイドをとられてしまいました。村上がショットを放った時点で、谷口の前に山田とGKが居たので完全にオンサイドだったのですが…。結局この後がっちり守備を固めた浦和を崩すことを出来ず、0-1での敗戦。勝敗を分けるのが"判定"な試合は勝っても負けてもスッキリしない部分が心に残りますなぁ…。あとトゥーリオの肘打ちに関しては、いい加減複数試合出場停止が適用されるべきだと思うのですが…。審判の見てないところでなら暴力行為が許される、というのは特に日本サッカーにはそぐわないものな筈。

・優勝絶賛持ち越し中のインテルはホームでシエナと対戦。午前6時キックオフなので後で結果だけチェックしてみたところ、"なんか引き分けてるーーー!!、 しかもマテが勝ち越しPK失敗してるーーーー!!"。まさか、まさかっ、最終節でローマ大逆転優勝のフラグ!? なーんだか、5年ほど前のいやーな記憶が…。

・ミッドウィークのクラシコでは屈辱的な大敗を喫して、もうペップ新監督を含めたチーム再建ネタしか語られなくなっているバルサ。今節は熾烈を極めている残留&欧州カップ戦出場権争いでもザッピングして見てようかと思ってたんですが、やはりライガーバルサの最後を看取るべくマジョルカ戦をチェック。

・相変わらず微妙なプレイのバルサ、しかし17分にマジョルカのディフェンスが崩れたところをT.アンリが先制ゴール。再三ピンチを迎える守備のほうも、J.M.ピントの好セーヴでどうにか凌いでいました。56分にはゴール前の零れ玉をすかさずS.エトーが押し込んで2-0。"前節でわざとイエロー貰ってクラシコをサボったチキン野郎"と激しいブーイングを受けていたエトーさん(あとデコも)、やはり相当鬱憤が溜まっていたようで、得点後も2度にわたってボールをゴールに蹴り飛ばしていました。さてグダグダとは言えなんとか"ライカー送別試合"も形になったかな、と思ってると、どんどん流れがマジョルカに傾いていきピンチの連続。後半開始時からボージャンを入れデコを下げてしまったのが負担になっている様で、中盤のスペースを完全に制圧され、67分B.ヴァレロ、70分P.ウェボの連続得点。さらにロスタイムに入った94分、エジミウソンが黄紙2枚でピッチを後にした直後にはD.グイサの見事な逆転ゴールが炸裂してしまいました。バルサ、ここまで散り際が鮮やかだといっそすがすがしい気分です。


【2008/05/11 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Mutha Nature

・今日もレポートを書いてるうちに夜が明け、そのまま学校へ。だんだんこの生活に慣れてきてしまったのが、なんだかなぁ、です。

・授業の合間に大学のQuadに足を運ぶと、そこでは毎年恒例のWhole Earth Festivalが始まってました。エコでヒッピーでラヴ&ピースかつマザーネイチャーな感じのイヴェントが3日間行われる、その初日です。今回チベット仏僧らしき人々の姿も見え、話しかけてみたかったのですが叶わず。

Love and Peace

・お昼は少し贅沢に寿司ランチ。徹夜明けの胃袋にお茶が染み入りますなぁ。

Sushi

・Labは今週ずっとPCRで失敗続き。どうしても理想のコンディションが見つからず、Non specific productとNo productの間を行ったり来たり。最近の頭痛の種と化しています。あー、どーしよ。


【2008/05/09 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ

Histopathology

・本日の環境毒物学LabはHistopathology(組織病理学)。病変部の組織を採取して、それを長期保存できるよう固定してから顕微鏡で観察、症状の診断をするものです。組織片のサンプルを作る作業自体はかなり自動化されていて、ほとんど機械がやってくれるので楽勝。手がかかるのは固定したサンプルをマイクロメートル単位の薄さに切る部分と、染色させる部分くらいのものでした。写真はサンプルをマイクロメートル単位に切り出す機械。後は色々な病気にかかった組織片を顕微鏡で観察。Acetaminophen中毒の肝臓組織や、有機水銀に侵された小脳とか色々見てました。段々疲れてきて、途中から今自分が何を見ているのか分からなくなっていく辺り、罠です。

6um

【2008/05/08 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Air Jordan Countdown Pack 21 + 2

AJ Countdown Pack 21 + 2

・先週末到着したAir Jordan Countdown Pack 21 + 2。イタリア人デザイナー、G.フランシスによって生み出されたAJIIは、やはりどこか他のモデルと違った雰囲気を漂わせています。靴ヒモを赤 or 黒に取り替えてみたらどうなるかな、と企んでみたり。

・AJ XXIのほうは黒×赤。このカラーリングが一番映えるデザインだと思います。こちらは近々インドアで履いてみる予定。現在個人的履き心地ランキング1位のAJ XX (2位はAJ XIII)を破れるのか、楽しみです。


【2008/05/06 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
OE-PCR

・いい天気続きで、短パンでも学校いける気温となってまいりました。と言う事で白系Kicksの出番なり。

・本日はゲノム学&バイオインフォマティクスの試験。範囲はHidden Markov Modelという統計モデル周辺に関するもので、まあ例によってややこしいお話が繰り広げられています。こういう数学的モデルと戦わされてる最中に、"占いって統計学なんですよ~"なんて発言を耳にすると…なのは、己の未熟さの証拠なんだなぁ、と実感する次第。

・LabではOE-PCRという技術を使って、改造たんぱく質をコードするDNA配列作り。しかしこのPCRを行う最適な環境は手探りで見つけるしかなく、1回目は見事に失敗。Non-Specificsという、全然いらない配列のDNAが勝手に作られる現象が発生してしまいました。えーい、水曜にやり直し。

こんなはずでは


【2008/05/05 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・土曜深夜3時、川崎フロンターレをホームで鹿島アントラーズ戦。テキスト実況で試合の流れを見守ってると、早速13分にマルキーニョス相手に失点。だんだん先制を許すのが恒例行事と化してきました…。しかしそこから逆転するのも恒例となったのか、25分にタニが同点。33分に青木に再び引き離されても、後半に入って56分、57分にテセ、ケンゴが連続で得点し勝利ゲットです。3戦連続逆転勝ち、多分チーム史上初のことでは? まあ、次からはX戦連続無失点勝利に移行して欲しいですが。

・優勝が決まるかもしれない、と言う事で気合を入れて朝6時からのミラノダービーも観戦。序盤から攻勢に出るのはミランで、インテルはそれを受け流しながら反撃の機会をうかがうといった構図。しかし51分にピッポのヘッド、その5分後にカカの突破からのゴールが決まり事態は一変。どこか気もそぞろだったインテルの面子もスクランブルモードに突入し、次々とミランゴールを脅かしにかかります。そして76分にはFKをF.クルスが直接ゴールに突き刺し1点を返します。その後も主導権を握り続けたインテルでしたが、どうしても同点弾を引き出すことが出来ず、そのまま試合終了。残念…でも、やっぱりピッポって凄いんだなぁ、と少し感心。まあ、兎にも角にも残るあと2試合、次でキッチリ3連覇を決めてくれることを願います。

・すっかり意識が来期へと飛んでいるバルサ、"ああ、そういえば今日バルサはヴァレンシアと対戦だったなぁ"、と結果を確認すると…6-0!? 凄い…けど今頃そんな試合されても…。消化試合の日々に中々意味を見出せないこの頃です。それでもミッドウィークのクラシコだけは昨冬の借りを返しにいって欲しいところ。


【2008/05/04 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Sansa View 32GB ファーストインプレッション

・さて、二日ほどSansa View 32GBを触ってみた上での感想を。

外装:

・大体縦11cm×横5cm×厚さ1cmといった感じで、e200シリーズと比べて大きく平べったくなりました。光沢のある前面パネルはe200シリーズとほぼ一緒のデザインで、裏側はラバーっぽいつや消しのものに。今回もそこそこ頑丈そうで一安心です。スクリーンは2.4インチTFT、解像度は320×240だとのこと。かなり綺麗です。

・ボタンはe200シリーズを進化させたホウィールタイプで、操作性は向上しました。また録音ボタンの廃止も大きな改善点。e200シリーズで側面に罠の様に配置されていたあのボタン、何度間違って押して曲の再生を止めたことか…。

・それと、PCとの接続ケーブルはe200シリーズと互換性がありました。これもGoodですね。ただ普通のUSB-Miniプラグに対応してくれるのが一番いいのに、という気もします。

サイズ

ユーザーインターフェイス:

・日本未発売なのに何故か日本語モードがあります(さらに言えば日本語のマニュアルまであったりして)。英語モードのままでも日本語のファイルは読めます。ただし一部で文字化けが見られ、特に伸ばし棒の"ー" が"□"になるのは気になるところ。また、後でも触れますがMSCモードで移したmp3ファイルの日本語は読んでくれません。これは結構痛いです。

接□レしました?

・インターフェイスそのものはe200とさほど変わらず、可もなく不可もなくといった感じ。一般的なmp3プレイヤーに慣れてる人なら、直感的に操作できるようになっています。起動も含め動作は全般的に速くなっています。

・10秒ほど操作せずに放置するとバックライトが消えるんですが、それが再点灯する際パッと点くのではなくモワッと徐々に明るくなります。なんだかちょっとカッコよくて気に入ってたり。

ファイル管理&転送:

・Sansaにはファイル変換&転送ソフトは付属してますし、またWindows Media PlayerやReal Playerと同期をとってそこでファイルを管理することも出来ます。なのでそれらを使う分には、特筆すべきことはないかもしれません。が、何のソフトも使わずドラッグアンドドロップ(D&D)でSansaを使いたい、と言う人は今回は大分苦労させられそうです。

・まず、SansaにはMTPモードとMSCモードと言う2種類のファイル管理システムがあるのですが、D&D操作に便利なMSCモードが普通には選べなくなりました。毎回PCと接続する際に、以下のような操作をしないといけません…面倒くさい…。

1.PCと接続する前に電源を入れ、そのままホールドスイッチを入れてロックする。

2.ロック状態のまま左キーをホールドアイコンが消えるまで押し続ける。一度ホールドアイコンが消えて、直後にもう一度点いたらPCと接続。

・そして、前述の通りMSCモードで入れたmp3ファイルは日本語が全て文字化けします。一体何故?

・じゃあ、仕方がないのでMTPモード。とすると今度は動画の転送で問題が起きます。こちらも不思議なことに、D&Dだとwmvファイルしか転送させてくれないのです。MSCモードならmp4ファイルでもVIDEOフォルダに放り込むだけでOKなのに…。

・そんなわけで、音楽ファイルはMTPモードで、動画はMSCモードで転送という、非常に面倒くさいことになりそうです。誰だこんな設計したの…。

・とどめにMTPモードで入れたファイルはMSCモードで接続した際にはPC上で表示されず、その逆も然りだったり。Sansaで再生する際にはどっちのモードで入れても表示されるんですけどね…。

音楽:

・mp3、WMA、AAC、WAVあたりは普通に対応しており、特に問題なく使えてます。あとAudible Audiobooksなる形式にも対応してるそうですが、使う気がないので良くわかりません。

・音質はe200より良くなっていますが、それでも"中の上"といった印象。ただまあ、音質を売りにするプレイヤーってSony製のものくらいなことを考えると、かなり頑張ってるほうかと。

・一つ痛いのが、e200シリーズ用のプレイリストエディタに対応しておらず、代替ソフトも無い事。Sansa本体でプレイリストを作るのは非常に面倒な仕様になってるので、地味に大ピンチです。現在どうにかする方法を模索中。

voodoo

動画:

・MPEG4、H264、wmvに対応しており、DivxやXvid等も付属ソフトのSansa Media Converterで変換すれば見られるらしいです。とりあえず携帯動画変換君で作成したipod向けH.264ファイルは、MSCモードでD&Dしてもどれも再生できてます。wmvはどうもMTPモードにしてWMP経由で転送しないとダメみたいです。

どーおーしーてー

・再生の質は30FPS、解像度320×240。これが思っていたよりもかなり綺麗で満足。おそらく映画の字幕等も問題なく読めるであろうクオリティです。ちょっと感動。

びゅーちほー

その他:

・バッテリーはカタログで35時間と言うことですが、mp3再生のみでもおそらくその半分くらいかと。動画再生なら5時間行けばいいほうかも。

・ラジオ、録音機能はe200シリーズと同程度。オマケです。

・microSDによる容量拡張は今回も健在。でも使ったことなかったり。

・写真、スライドショウ再生できます。特に可も不可も無い感じです。

総合:

・フラッシュメモリプレイヤーとして最高水準の容量で、音質も動画再生も充分なクオリティ、その割には低価格。

・しかしD&Dしようとすると、ファイル管理&転送機能の完成度が低く、フラストレーションの溜まる仕様。またプレイリスト機能等、他にも作りこみの甘さが目立つ部分が。要改善。

・良いセン行ってるだけに、"惜しい" プレイヤーです。Sansa View用のRockboxを含め、非公式のツールが色々開発されているらしいので、もしそれが本当にリリースされれば、"大勝利"な存在になれるかも。


【2008/05/03 23:59】 Reviews & Reports | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Sansa View到着

・毎朝、ごくごく普通の通学手段としてスケートボードやインラインスケートが使われている光景を目にして、やっぱりアメリカってちょっといいなと思ってみたり。日本じゃ移動手段として公道を走れなかったり、さらに公園でも使用が禁止な場所ばかりだったり、かなり不遇な扱いです。そういえば日本で脱着式のインラインで予備校通ってたら思いっきり怒られた記憶が…。

・無事酵素反応速度論の試験を終え、環境毒物学のShort Paperも書き終え、週末突入。月曜にゲノム&バイオインフォマティクスの試験があることはひとまず忘れて、小休止です。

・家に帰ると、Sansa View 32GBが到着していました。果たしてi-Podに満足できない我侭ユーザー(=自分)を納得させてくれる出来なのでしょうか? とりあえず一通り触ってみたら、Reviewなんぞを書いてみるかも。日本未発売なので意味は全くないとは思いますが。

Sansa View


【2008/05/02 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Methemoglobinemia

・今週の環境毒物学の実験はAniline induced Methemoglobinemiaの検証。Aniline(アニリン)と言う物質の代謝物が赤血球内のヘモグロビンに触れると、酸素を運べないダメダメなヘモグロビンに変えられてしまう現象を調べるものでした。同じ血液でも、曝した化学物質や時間の経過によって全然違う色になって、中々に面白いです。いや、これが体内で起きたら面白がってる場合ではなくなるんですが。

サンプル

・ちなみにWikipediaでアニリンを調べてみたところ、セーラームーンの作者である武内直子氏(薬剤師&臨床検査技師の資格持ち)の別の漫画にアニリンという犬が出てくるという、素晴らしい無駄知識を獲得。

・夜は明日に迫った酵素反応速度論の試験勉強をしつつ、日本から持ってきた素で作った杏仁豆腐を食べてみたり。ちゃんと美味しくて満足。実験の写真の後に食べ物の写真を並べるのはいかがなものか、と言う気がしないでもありませんが、とりあえず一緒にUpしてみたり。

今の僕には理解できない


【2008/05/01 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |

04 | 2008/05 | 06
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。