BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
今週のフットボール、祝フロンタ今季初勝利!!

・ついにお家騒動の気配が漂い始めたインテル、この試合に勝つとローマの優勝争いをアシストしてしまうことになるラツィオ、胸中複雑な2チームがオリンピコで対戦です。前半11分、H.クレスポが低いクロスに合わせ、インテル幸先の良い先制弾。しかし、この後の中盤省略作戦が全く機能せず、ラツィオにことごとくボールを拾われ押し込まれます。56分には上がった最終ラインの裏を突かれ、オフサイドぎりぎりの飛び出しを見せたT.ロッキに同点ゴールを喰らう始末。失点後も締まらないインテル守備陣はサイドからも中央からもあっさり突破され、背筋の凍るような決定機を何度もラツィオに与えてしまいます。それでもどうにかやり過ごしてドロー決着に持ち込み、両者勝ち点1ゲット。インテルにしてみれば負けても可笑しくない内容だっただけに、ホッとしている事でしょう。

・ベティスvsバルサ。ベティスは先日の"観客の投げたペットボトルが相手GK直撃事件"のペナルティとして、この試合を中立地ビセンテ・カルデロンで行うことに決定。しかし、それだとマドリー市内にマドリディスタ、バルセロニスタ、セヴィジスタ、ベティコが集まることになるため多方面から異議の声が上がり、結局フツーにベティス本拠地での試合に。試合前半、バルサは美しい攻撃が復活し、13分にボージャン、15分にS.エトーが得点。そしてこの試合は前半45分だけ見て終了。…いやー、ここからどうすれば3点取られて逆転負けするのか…。

・夜、今年から誕生した新九州ダービー、サガン鳥栖vsロアッソ熊本。なんとなくボーっとみてましたが、うわさの熊本FW高橋豊、いい選手ですねぇ。この試合でも見事なヘディングでのゴールを披露していました。

・そしていよいよフロンタの試合。J1屈指のFW陣がフッキ退団、ガナ、黒津、ジュニの負傷離脱で一気に心許無い状態になってしまった川崎ですが、それでももう負けられません。残るFW、テセ&久木野、そして代表から帰ってきたケンゴ&山岸がやってくれるはず。

ファイト! 川崎フロンターレ

・と言うわけで等々力で千葉を迎えた一戦は、いきなり相手ゴールを突き刺すテセのミドルで幕開け!! 今季初のFWのゴールに小躍りしていると、曖昧なレフリングのせいか天気と共に段々と荒れ模様な展開に。34分に千葉MF米倉が黄紙2枚で退場すると、さらに両者危険なプレイが目立つようになり、ゴール前での混戦を巡って選手がエキサイトする場面も。そんな最中の44分、森のクロスに久木野が飛び込んで追加点!! 勝ちたい、という気持ちが強く現れた、勇気あるプレイが生んだ得点でした。

気持ちで獲ったゴールでした

・ただ2点リード&相手10人程度では安心できないのがフロンターレ。事実、この後半でも大量の決定機を作りながら止めを刺せず、時折カウンターからピンチを招いてしまいます。それでも早い時間に千葉の足が止まってくれたお陰で、失点することなく試合を終わらせられました。兎にも角にも、待望の今季初勝利です!!

・ゲームコントロールに改善が見られなかったり、大橋が負傷交代したり、ロスタイムに森がキレてE.ボスナーを突き飛ばしたり(顔面に肘を入れたボスナーが原因なので、怒る気持ちは分かるのですが…)、問題点は多々あります。水曜にはアウェイ札幌戦が待っています。でも、今宵くらいは、勝利の余韻に浸っても良いですよね。ああ~、嬉しい~。

・日曜日、一抹の望みとともにマドリーvsセヴィージャをチェック…してたんですが、これもマドリーが3-1とした時点で見るのを止めました。嗚呼、これでバルサはリーガ終戦かも。今季はいっそヴィジャレアル優勝で。


スポンサーサイト
【2008/03/30 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
柏餅

・バルサの試合結果を知ってしまったため、前半だけ見てからバスケ。軽くシューティングだけするつもりが、"人数が足りないからお前も入れ"とやたらレヴェルの高いピックアップゲームに巻き込まれることに。G.ペイトンが5人くらいコート上にいるかのような賑やかなゲームは楽しかったものの、一回でヘロヘロになりました。ちなみにゲーム中は頭の中でOhio Playersの"Heaven Must Be Like This"がエンドレスリピート、多分対戦相手に70'sチックな風貌のブラザーがいたせいなのでしょう。

・夕方車を洗車しに近くのGSへ。洗車機にお金を入れたら、$5札は認識しないで食べられるわ、仕方なく$10札入れたら機械が"釣りは無いです"とか言い出しやがるわで散々。結局7ドル分の洗車に17ドルかかるというものすごい不条理、とどめにあまり綺麗にならないと言う、オチまでついてました。…今度はちゃんと人が洗うところに行こう…。

・後はSacの日本食スーパーまで出かけてチョコチョコ買い物。目当てだったしそドレッシングが手に入ったので少し機嫌が持ち直し、それと柏餅でかなり回復。やっぱ甘いものですね、ええ。

柏餅


【2008/03/29 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
金曜日

・アメリカ版 "ドンパッチ"が口内炎に直撃して悶絶する今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。"いい年してそんなもの食べるなっ"、"あれこそ添加物の塊じゃねーかっ"、"てゆーか、ドンパッチって何?"等の温かいお言葉、痛み入ります。

・さて、学生さんは現在一週間の春休みですが、Labはそんなことは関係無しで皆バリバリ研究中。てな訳で自分もフツーに実験を進めておりました。名目上は来なくていいことになっていても、サンプルは待ってくれません。

・夜は、先学期を無事に乗り切ったこと、今週でLabの作業が少し前進したこと、月曜からの新学期に向けて、など等いろいろな意味をこめて寿司屋でちょっと贅沢に夕飯。次もどーにか切り抜けていきたいところです。

寿司!!


【2008/03/28 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Lake Tahoe

・Yosemiteと並んで周囲から"7年NorCal住んでて行った事無いのかよ!!"とツッコミを受けていた場所、Lake Tahoe。友人に"連れてけ~"と言い続けてたら本当に連れてってくれました。

・Lake TahoeはCaliforniaとNevadaの州境にある、大きくて深くて透明度が高いことで有名な湖。水面の標高は6000ft位、周りには9000ft台の山々があるためスキーリゾートの中心地としても有名だったり。

・SacramentoからI-50を東へ約2時間、Californiaでは初めて見る雪に軽くテンションあがりつつ、現地到着。駐車したホテル&カジノはNevada側。陸路でCaliforniaの外へ出たのは、大陸横断以来6年ぶりのことです。

雪ですよ、雪!

・あわよくばスキーかスノボでもついでに…と考えていたのですが、メインのゴンドラが運行を取りやめるような強風が吹き荒れていたため挫折。South Lake Tahoeの街中を散策したり、友人のおごりでチョロっとだけスロットをやったり、そして湖岸でボーっと景色を眺めたりと、のんびりしてきました。

Beach

・このうっとりするようなLake Tahoeのコバルトブルーですが、地球温暖化の影響で10年後には見られなくなるかもしれないとか。UC Davisの最新の研究によると、温暖化が進むと湖水の対流が止まってしまい、湖底に十分な酸素が供給されなくなって生態系が激変する可能性がある模様。その結果、植物プランクトンの増殖などで一気に透明度が落ちてしまうことも有り得るのだそうな。


【2008/03/26 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・土曜日、インテルvsユーヴェは試験と重なっていて観戦できず。…いや、でもあんな結果になってしまったわけだし、むしろ幸運かも。

・夜はナビスコ杯 コンサドーレ札幌vs川崎フロンターレをテキスト実況でチェック。試合序盤、CKから寺田が先制弾を沈めてくれたものの、そこから見事な逆転負け。しかもガナが負傷。開幕から4戦未勝利とは、中々焦らしてくれるじゃないですか、関塚さん。…次こそは。

・日曜朝、なんとなくチェルシーvsアーセナル。D.ドログバさんが今季不調と聞いていたのですが、"どこが?" と訊ねたくような大暴れぶりでした。

・リーガ、マドリーvsヴァレンシア。もう試合開始直後から両者消極的というか、集中力を欠いており、本当に名門同士の対決なのかと疑問に思うほど。なんだか締まりの無いうちにあれあれとゴールが決まり、終わってみれば2-3でヴァレンシア勝利。いや、バルサファン的には嬉しいですが、このパフォーマンスは某局の"世界最強宣言"と言う言葉に首を傾げざるを得ません。

・バルサvsヴァジャドリー。序盤から攻めあがっていたバルサは、24分にS.エトーが先制ゴール。しかし、その7分後にL.テュラムがPKを取られ同点に。またこのまま閉塞感たっぷりのサッカーになるのかと絶望的な気分でいたところ、後半に入って即A.イニエスタのゴール!! これで一気に流れが変わり、ボージャンの2得点を追加。これでどうにか首位と4pts差、イニエスタ様様です。

ありがとう!!


【2008/03/23 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
花細し~

sakura

"花細し 桜の愛で こと愛でば 早くは愛でず 我が愛づる子ら"---日本書紀に記された日本最古の桜を詠んだ歌だそうです。

・期末試験終了&今学期終了~。試験の後、例の桜を訪れてみたらやはり綺麗に咲いてくれていました。土曜日なので周りに人気も無く、美しい眺めを独り占め~。


【2008/03/22 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
チベット騒乱、Beastie Boys(ビースティ・ボーイズ)からのメッセージ

・中国政府によるチベット弾圧、その問題を初めて認識したのは、10年ほど前のMTVアワード(だったかな?)の授賞式。そこで賞をゲットし壇上に上がった"悪ガキ"Beastie Boysが極めてシリアスな態度で、チベット独立を訴えるスピーチを行った場面でした。

・彼らはMilarepa Fund(ミラレパ基金)というチベット独立をアシストするための非営利団体を設立し、その活動の一つとして1996年から"Tibetan Freedom Concert"を開催しています。歴代の参加ミュージシャンはそうそうたる面々、時に10万人以上の観衆を集め、その影響力が決して小さくないことを知らしめてきました。

・そんなBeastie Boysのオフィシャルサイトに3/16にアップされたメッセージをここに訳しておきたいと思います。意訳気味です。

"なあ皆、チベットは今相当ヤバイことになっているんだ。俺はチベットの抗議者たちが受けてる苦しみが報われて、ポジティヴな変化が起きることを望んでる。以下に書かれてるのは、今朝ニュース速報で知ったものだ。みんな、どうか君の地元の連邦議員たちに行動を起こすようメッセージを送ってくれ。もし今チベットで起きていることが、何も建設的な結果に結びつかなかったら悲劇だ。

緊急活動: 君のところの議員連中にチベットを支持するよう要請せよ

ニュース速報によると、Radio Free Asiaは今日80人以上のチベット人が、中国軍と衝突で殺害されたと伝えてる。中国当局はラサ地区をはじめとするチベット全域での抗議活動に対し、暴力で答えた。月曜には非暴力抗議活動をしていた3つのメジャーな寺院が、数千の兵と戦車に封鎖されている。中国警察は非武装のチベット住民に対し発砲し、未確認ながら26名のチベット人がDrapch刑務所の外で射殺されたとの報告も入っている。世界中の人々やメディアがこの中国の弾圧に戦慄を覚える中、アメリカは非常に軟弱な声明しか出していない。ホワイトハウスの報道官、トニー・フラットによれば 「われわれは北京はチベットの文化を尊重するべきだと考えている。彼らは中国内の多民族性を尊重する必要がある。われわれはこの民族と北京との対立を残念に思う」 だそうだ。

どうか君のところの連邦議員と連絡を取って、米国政府が中国の行動を激しく非難するよう、そしてチベットをサポートするよう訴えて欲しい。"

・(日本からも積極的に声を上げ、若者を動かそうとする大物ミュージシャンが出てきて欲しいと思うのは、過ぎたる願望なのでしょうか。日本での"音楽の力"はお上やスポンサー様の機嫌を損ねない程度にしか発揮できないものなのでしょうか。9/11以降だけでも平和を意識した歌は幾つもリリースされた筈、それらが全て商業的成功を目当てに綺麗事を並べただけのものではないと信じたいです。)


【2008/03/21 23:59】 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
今週のフットボール、ミッドウィーク編

・水曜日、セリエAは今季最後のミッドウィーク開催、と言う事で色々な試合をザッピング。

・ジェノアvsインテル、早い時間帯に見事な連携からD.スアソが先制ゴール!! しかしペレが黄紙2枚で退場となってしまい、またも10人での戦いを強いられることに。それでも何とかジェノアの猛攻に耐えていたのですが、85分にM.ボッリエッロに同点弾を沈められドロー決着。なんというか、むなしさ漂う結果となりました。この出所不明の画像が自分の気持ちを代弁してくれています。

同感です

・その裏ではミランvsサンプドリア。ミランの状態は深刻なようで、カカが開始9分で負傷交代するわ、カッサーノを欠くサンプに普通に崩されて2失点するわとボロボロ。A.パロスキが1点返して気を吐いたようですが、チーム全体の沈滞ムードは如何ともし難いものがありました。

・そして他の試合が20:30キックオフな中、21:15というよく分からない時間に開催されることとなったローマダービー、ラツィオvsローマ。これは魅力溢れる熱い勝負に。立ち上がりから猛攻を見せるラツィオ、そしてその気合が空回りしてオウンゴールに近い失点するあたりから面白すぎでした(V.ベーラミの渾身のクリアが目の前にいたR.タッディを直撃し、リバウンドがそのままラツィオゴールヘ)。

ラッキー♪

・しかしラツィオはこのアンラッキーにもめげません。雪崩のようにローマゴールに襲い掛かり、44分にダイナミックな崩しからG.パンデフが同点弾。56分にはT.ロッキがPKを甘~いコースながら何とか沈め逆転に成功します。

見たか!!

・しかしローマにもプライドが。こちらも前線の華麗な連携からS.ペッロッタが素晴らしい同点ゴール。そしてダービーらしく引き分けで終了…といった雰囲気流れ始めた92分、なんとV.ベーラミが勝ち越しゴールをゲット。見事なドラマを演出してくれました。本日セリエ上位陣総コケですね。

・夜、ナビスコ杯 川崎vs千葉。テキストライヴとハイライト映像で試合をチェック…した結果またも敗戦。試行錯誤は続きます、まだまだ我慢。

・木曜、バルサは国王杯決勝進出をかけてヴァレンシアと対戦…ってここも負け。いやー、まいったまいった、サッカーが全然ストレス解消になりませんなー、アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \…ハァ…。


【2008/03/20 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
フロイドと夜桜

春の夜桜よ、パッと散りそな

・試験×2 + Labで、外に出る頃には8時を回っていました。疲労困憊~。困憊の"憊"の字は読めるけど書けません~。

・しかし、そこで目に入った夜桜に見とれて少し気分回復 (ただし脳内に流れたBGMは菊地成孔 feat.岩澤瞳の"フロイドと夜桜"、果たしてそれで良いのでしょうか)。


【2008/03/18 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
授業最終日

・本日は今学期の授業最終日、間髪いれずに明日からは期末試験。こんなスケジュール組んだ責任者、出て来い、という声があちらこちらで聞こえてきます。

・夜は環境毒物学のReview Sessionに出席。1時間半の予定が生徒からの質問が多すぎて2時間半に。みんな切羽詰ってますねぇ、自分もですが。

・で、明日はいきなり試験を2つ抱えてまして、それを愚痴っていたら明日3つ抱えてる友人からお叱りが。いやはや、お疲れ様です。


【2008/03/17 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・期末試験直前だろうがなんだろうが、今週もフットボールのお話。例によってクロノロジカルな書き方をしてます。

・金曜日、マギヌンとピクシー目当てで浦和vs名古屋をチェック。すると早速マギヌンのクロスからヨンセンのヘッドで先制。中盤を生き生きと駆け回り、良質なボールを分配するマギの姿に、嬉しさと寂しさの入り混じった気持ちにさせられます。後半、GK都築が目の前に居た名古屋の小川にものすごいプレゼントパス。小川はそのボールをポンと浮かせてゴールゲット、意外すぎる追加点でした。結局浦和は1点を返すことも無く試合終了。リードしていても最後まで攻める姿勢を崩さない名古屋と、2点ビハインドでも笑顔でケータイ通話中だったトゥーリオが印象に残る一戦となりました。

・そして神戸vs川崎。祝ガナ今季初スタメン、なんて喜んでたらいきなり大久保にゴールネットを揺らされヒヤリ(オフサイド~)。8分には川島が足を痛め別の意味でヒヤリ、その1分後にレアンドロから先制弾を喰らいフリーズ。この試合でもフロンタ前線は孤立気味、特にフッキの連携不足が深刻に映ります。それでもいくつか惜しい場面があり、気を取り直して応援していると…前半ロスタイムに大久保の追加点…。後半、64分に綺麗なカウンターから3点目(レアンドロ)…。3トップを諦めフッキ→大橋、ガナ→テセにしたところで4点目(レアンドロ、ハットトリック達成)…。終了直前に大橋が1点を返してくれたのがせめてもの救い、4-1での敗戦となりました。…ところで61分のボッティのプレイには何故イエローが出なかったんでしょう? 2枚目で退場確定だと思ってたんですが…。

苦難の道のりか

・いやいや、これもチームの変革に伴う生みの苦しみ、次の試合では…え゛…次の2試合、ナビスコ杯は代表でケンゴ、山岸、川島抜き…? うーん、今月は我慢の月になりそうな予感。

・土曜のお昼はローマvsミラン。F.トッティがボールを持つと周りも一気に押上げるローマ、セリエらしからぬ思い切りの良さに少し感動。一方ミランは攻撃は無理せず守備重視。全体としてローマ優勢かと思いきや、先制点は右サイドに飛び出したM.オッドからのクロスに綺麗に走りこんだカカ。サッカーは不思議なスポーツですな。後半、ミランは好調だったC.セードルフを下げて、1-0逃げ切りモード。しかしローマはそれを許さず、L.ジュリ先生の当たり損ねボレーで同点、さらに縦一本のクロスからM.ヴチニッチの冷静なショットで逆転!! C.アンチェロッティ監督の裏目采配ここにあり、といった感じでした。

・続いて結果を知りつつデポルvsマドリー。いやー、もー、ありがとうデポル、ありがとうリアソール。またバルサにチャンスが巡ってきました。でも今季バルサが優勝するにしても、マドリーが優勝するにしても、どちらも勝者に相応しいパフォーマンスを見せていないのが…。

・いきなり浦和がH.オジェック監督を解任してビックリ。後任はG.エンゲルスな模様で、これは他のチームのファンにとってはBad Newsですなぁ。

・マンチョが辞任宣言を撤回してくれてほっと一安心なインテル。3年連続スクデットだって十分すぎるほど偉大な仕事ですってば。で、今回のパレルモ戦は未見ながら、P.ヴィエラの活躍で勝利したとのこと。…あのヴィエラが?

・日曜はアルメリアvsバルサ。ボージャンが点取っても、S.エトーさんが点取っても、その度にCKからのヘッドで追いつかれる体たらく。どれだけセットプレーに弱いんですか皆さん…。結局マドリーとの勝ち点差は1しか縮められず、ふと気付くと背後にはヴィジャレアルの気配が…。

苦悩


【2008/03/16 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
春です

咲き始め

"梅の花 咲きて散りなば 桜花 継ぎて咲くべく なりにてあらずや"

・と言う訳で "春です、本日はニ…"じゃなかった、梅の季節が去ったかと思えばあっという間に桜が咲き始める時期に。昨年も同じ桜を眺めていたんですが、それがつい昨日のことのよう。年年歳歳花相似 歳歳年年人不同、去年の自分と今年の自分、どう変わったのでしょう? 一つ老いただけではないことを信じたいものです。

・さて、この花びらが舞い散る頃には、期末試験を終えて春休みを満喫しているはず。もうひと踏ん張り。


【2008/03/14 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Eggs Benedict

・朝は手袋が必要で、昼過ぎは半袖じゃないと暑い、そんな何を着て居ればいいのやらな今日この頃です。

SF Japan Townのホテルがエライコトになってたのを初めて知りました。外からだと、日本のポップカルチャーはこういう風に見えるんですねぇ。

・遅めの朝食/早めの昼食はEggs Benedict。こういうのもたまには良いかも。

ブランチ


【2008/03/12 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール、ミッドウィーク編

・なんと、ジュニが日本国籍取得に向けて動き出してるとか何とか。フロンタと日本にそこまで愛着を持ってくれるのはやはり嬉しいものです。が、これで代表に取られてしまうのは痛いかも…って、そっちのジュニーニョ?

・CL インテルvsリヴァプール。己に負け、審判に負け、そして相手に負けた一戦。しかし、2試合通して90分以上一人少ない状態になるとは…。

・試合終了後にはR.マンチーニ監督が今季限りでの退任を明言して、より一層ネガティヴな気分に。"チーム内の雰囲気の良い"インテルも、今季で見納めになってしまうのでしょうか?


【2008/03/11 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
夏時間入り

・赤いはずの自分の車が、花粉のコーティングでオレンジ色になっていた春の午後。洗車に行かないとなぁ…その前に修理でした。

・さて、昨日からこちらはDaylight Saving Time(夏時間)です。この国とカナダは去年から適用期間を拡大、一層の省エネ効果を期待してる模様。が、近年DSTは省エネどころかエアコン等のせいで逆効果だ、なんて話も出てきちゃってどうしたものやら。とりあえずこの時期に起床時刻を一時間繰り上げられるのはキツイっス(ちなみにDSTの開始/終了に伴う生理的影響を調べてる論文もあったり、それによると夏時間入りは夜型人間に厳しく、冬時間入りは朝方人間に厳しいんだそうな)。

・お昼はヴェトナミーズでライスヌードルの炒め物。Pad Thaiの味付けが焼きうどんになったような感じです。

Chow Fun

・午後はLab。PCRかけたり、E.coliを培養したり、種をプレートに植えたりしてるうちに夕方。週の後半以降はFinal対策で働けないので、今のうちに出来るだけ進めておく予定。

・Jリーグの試合で名古屋ベンチに陣取るピクシーの姿を見ていたら、なんだか豚汁が食べたくなったので(彼の好物は豚汁と鮎の塩焼)、夕飯に。ジャガイモ、にんじん、豆腐、豚肉以外に何が入っていたのか思い出せず、適当に大根、タマネギ、えのき、こんにゃく等を追加。おおむね正解だった模様です。ちなみに、大根の皮を剥きつつ魚住ゴッコに興じていたら指を切りました。たぶん食べ物で遊ぶな、ということなんだと思います。

豚汁


【2008/03/10 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール、祝Jリーグ開幕

・金曜夜の楽しみが帰ってきました。祝、Jリーグ2008シーズン開幕!! まずは川崎と優勝を争いそうなチームの試合を中心にチェック…してみたらガンバは千葉相手にドロー発進。浦和はマリノスに屈し、清水も大分に敗戦。おお、なんですかこれ。

・王者鹿島vs昇格札幌、解説が原さんなのが非常に嬉しいです。そして君が代斉唱が河村隆一だったのも、なんと申し上げてよいのやら。普通に歌ってるだけなのに何故か笑えるのが最高ですね、相変わらず。

・前半を0-0で折り返した札幌、綺麗なラインコントロールやカヴァーリング、空中戦等でJ1でも十分やっていけそうな雰囲気を漂わせていました。後半に入り鹿島が新井場による先制弾の前後で、PKを2度失敗。この時点では札幌にも望みがあったのですが、新井場が2ゴール目を決めた時点で守備陣が意気消沈。マルキーニョスのヒール、佐々木の追加点で気付けば4-0のワンサイドゲームとなりました。他の強豪チームがコケるなか、急造CBでも結果を出すあたりさすが鹿島、気がかりなのは終盤に足を痛めた小笠原のコンディションくらいでしょうか。

・土曜朝、インテルvsレッジーナ。ここも解説が原さん…原さんミッドウィークCL見にヨーロッパ行ってましたよね? タフなお方です。インテルは100周年記念日を明日に控え、胸のPirelliロゴが金色になった特別仕様のユニで登場。スタジアムにもインテルOBの顔がそこかしこに。R.バッジョの姿にはジーンと来るものがありました。肝心の試合のほうは、またも微妙な判定でPK先制弾。そしてN.ブルディッソの追加点とまあめでたい日に花を添える結果にはなりましたが、実際のところピンチの場面も多く、J.セザールの好守がなければ危ないところでした。ミッドウィーク、どうなるんでしょうか。

Centoanni

・こちらでは土曜の21時開始となるフロンターレの開幕戦。もう夕方くらいからそわそわしてしまって、なんにも手につきません。

・いざキックオフ!! フロンタの攻撃力に注目が集まるも、立ち上がりから攻め込んだのはヴェルディ。川崎はドタバタしている内に何度もピンチを迎える羽目に。しかし、朝のJ.セザールのごとく活躍する川島によってどうにか失点を防ぎ、逆に縦一本から飛び出した森が見事な開幕ゴール!! HT前、少々ゲームが荒れる中、テセにも黄紙。ところがリプレイを見ると逆にテセの足を蹴っ飛ばしてる福西の姿が…。さすが福西…。

・HTには何故かヴェルディのVTRが。映像を見ながら、ある川崎サポの"ヴェルディは川崎での過去の栄光にすがるチーム、フロンターレは川崎で輝かしい未来に向かうチーム"という言葉を思い出します。

・後半、川崎はFWがやや暴走気味。ケンゴや山岸がいいところに走っていくのに、テセ、フッキは目もくれずにショット、なんてシーンが山ほど。テセに変えて黒津を投入してもそれは解決せず、むしろフッキの大暴走に拍車がかかる形に。それで追加点を取ってくれるならまだしも、枠を捉えないショットの嵐。頼みの綱のジュニも不発で、苦い記憶が蘇りそうになるのを必死でかき消しながら見ていたロスタイム、伊藤がエリア内で平本を倒してPK献上。嗚呼やっぱり…。今日大当たりだった川島はディエゴの左へのショットを読むも、惜しくも届かず失点。1-1ドロー発進ですが、すっかり敗戦気分です。

・しかしまあ、開幕前から言われていた"その3トップちゃんと噛み合うの?"と言う疑問は、この第1節では"NO"という答えになってしまいましたね。ジュニ以外周りを使う意識が低すぎてチームとして機能不全。これが変われないなら攻撃を彼ら任せにして、中盤から後ろを(去年で言う河村のような)守備的な選手で固めるしかなくなってしまいます。そしてそれはもはや川崎フロンターレではありません。逆にここから連携を深めていければ、恐ろしい攻撃力を発揮できることになります。そういった意味では、潤滑剤になれそうなガナを見られなかったのは残念でした。

・それと開幕前どころか数年単位で言われている問題、"リードしているときにゲームをコントロールできない"も解決の兆し無し。1-0リードの時に引き篭もらず2点目を狙うのが川崎だと言うのは理解していますが、だからといってドタバタして自らピンチを招く必要は無いわけで…。機能しなかった前線よりも、むしろこの点で進歩を見せない限り、初タイトルは厳しいかも…。そういった意味でもやはり前線でボールキープできて時間稼ぎにも使えるガナを…、ってああ、気がつきました、単にガナが見たかっただけみたいです、自分。

・そんなわけでスッキリしない開幕ゲームでしたが、この早い段階で課題を(再)認識し修正するチャンスが出来たのは良いことかもしれません。関塚さんならやってくれる筈!! 昨シーズンの王者鹿島は開幕戦で我がフロンタに敗れてますし、2006シーズン優勝の浦和は開幕ガンバと1-1、2005年優勝のガンバの開幕戦は千葉とスコアレスドローに終わっています。今年も昨季ベスト6で白星発進したのは鹿島のみ、あれ…と言うことは鹿島の優勝は無し?

・バルサvsヴィジャレアル。嗚呼、立ち上がりこそバルサペースでしたが、いつの間にか主導権を奪われ32分にPKで失点。後半にチャヴィが同点ゴールを沈めまたまた救世主になるかと思いきや、前がかりになった隙を突かれてJ.トマソンに逃げ切りゴールを奪われる羽目に。ロナウジーニョやA.イニエスタ等、皆決して悪いパフォーマンスではなかっただけにショックも倍増。勝ち点差8は、ちょっと遠すぎる背中かもしれませんねぇ…。


【2008/03/09 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Air Zoom Flight Premium

・雨季が明け、草木も芽吹き始め、芝生の上ではフリスビーが飛び交い、…期末試験が迫ってくる今日この頃。昨日最後の中間試験終えたばかりなのに~。

・お昼はダウンタウンの日本食屋で鳥のから揚げランチ。ここは揚げ物が美味しくてナイスです。

からあげ

・軽量さとクッショニング性において高い評価を誇る、90年代のNike Air Flightシリーズ。その中でもAir Flight Oneと並んで最高峰の性能(と自分が勝手に思ってる)なのがこのAir Zoom Flight 95。最近Air Zoom Flight Premiumの名で再リリースされたのです、大歓喜。いやー、復刻してくれてありがとう、Nike! 最近のQC問題もしばらくは忘れておいてあげます。

・このモデルの使用者として有名だったのが当時MavsでプレイしていたJ.キッド。今回のトレードで古巣に復帰したわけですし、もう一度これ履いてみれば、パフォーマンスも一層向上するかも…ってそうなったらWarriorsファンとしては困るんですが。

Zoom Flight 95

・そういえば、そのキッドの大学の先輩(University of California, Berkeley)、"KJ"ことK.ジョンソンが地元Sacramentoの市長選に出馬したとのこと。彼は政治学専攻(ちゃんと学位を取得)で、現役時代も地域活動に熱心なことで有名でした。彼なら良い市長さんになっても不思議はないんじゃないかな、と思ったり。

・夜、環境毒物学部のボーリング大会に顔を出して、そのあとGymでバスケ。もちろん足元は"ズーフラきゅーごー"でした。


【2008/03/06 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール、ミッドウィーク編

川崎オフィシャルサイトの怒涛の更新振りに、開幕への過剰なまでの気合が伺えて頼もしい限り。ここらへんのセンスも相変わらずで何よりです。開幕戦何とか見られるといいなぁ。2006年度J1日本人得点王、2007年度J1得点王、2007年度J2得点王、2008年東アジア選手権得点王、みんなまとめてフロンターレ。さて、何点取れるのでしょうか(そして何点取られるのでしょうか…)?

・CLは試験やら何やらで忙しかったため観戦できず。とにもかくにもL.メッシの怪我、涙を流しながらピッチを後にしたという話が悲しくて悲しくて…。マドリーがリーガ一本に集中することになり、ますます取りこぼしが許されなくなった今、彼を失うのは痛すぎです。たられば論になってしまいますが、もうちょっと彼の起用法についてどうにかできなかったんですかねぇ、ライカーさん?

・一方、CLが来週に延びたインテルの面々は何をしていたかというと和やかにバーベキュー大会。両手に肉、笑顔が眩しいハヴィエル兄さんを筆頭に、"肉なら俺らに任せろ!!"なアルゼンチン組が大活躍です。個人的には屋内で食事をする時ですらマフラー巻いてるR.マンチーニ監督がツボ。リーグ、CLともに難しい局面ですが、肉パワーで乗り切ってくれると信じてますよ~。


【2008/03/05 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・アトレティコvsバルサ、途中から観戦…そして落胆。最近は苦手意識も克服出来ていた筈の相手だったのに、そしてロナウジーニョの素晴らしいバイシクル先制弾もあったのに、そこから4連続失点を喰らって最終的には4-2で敗戦。温存しておきたかったL.メッシまで引きずり出され、良い事無しです。これで、ミッドウィークにまで不安が…。

・そしてインテルもため息な結果に。今季初黒星を喫した相手はナポリとなりました。これで2位につけているローマとの勝ち点差は6に…。

・それはまあしょうがないとして、深刻なのがCBの離脱っぷり。C.キヴ、I.コルドバ、M.マテラッツィ(赤紙)、W.サムエルの4人がCLに出られない模様で、残された組み合わせはN.ブルディッソとN.リヴァスのみ。0-2ビハインドで試合を向かえることもあって、どうも派手に玉砕して大炎上するジュゼッペ・メアッツァが脳裏を掠めてしまうんですが…。お隣との兼ね合いで1週間遅れで行われるリヴァプール戦 2nd leg、世界中の注目が集まるであろう中、一体どんな試合を披露することになるのでしょうか。

・あとこの人は一体どうなってしまってるんでしょう…さすがにメディアの暴走だと信じたいところですが

・そしてミノさん、キッチリ休んで完全なフォームで帰ってきてください。首を長くして復帰をお待ちしております。逆にほっとしたのがこのニュースガナのブログを見たときには川崎選手の栄養管理はどうなってるのやら、と不安にかられていたわけで…。。


【2008/03/02 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Air Jordan XX3 Stealth

・先週の土曜日に注文したAir Jordan XX3が本日到着。ナンバリングモデルとしてはこの23番目で最後になるのではないか、という憶測が流れていますが本当のところはどうなんでしょう?

AJXX3

・見た目からAJ XIIIのような履き心地を想像していたのですが、実際は少し硬めでした。コート上でよりは、やっぱり外履き気味になりそう。

・ところでこのモデル、Nike史上で最初の"環境のことも考えた"シューズなんだそうな。何でも製造工程の中でなるべく材料に無駄が出ないようにして、それと有害な物質を使用しないようにしたのだとか。ただし、具体的にどんなことをした、という情報は発見できず。勉強してるフィールドがフィールドだけに、もうちょっと踏み込んで調べてみたいと思います。しかしまあ、"エコ商売"は来るところまで来てる感がありますな。


【2008/03/01 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |

02 | 2008/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。