BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
江戸っ子寿司 西口店 [寿司]

・焼け石に水な大掃除の合間に、神田の江戸っ子寿司へ。年末でも西口店だけは営業しておりました、有難い。

・遅めの夕方に席に着いたにもかかわらず、やはり結構ネタ切れ。それでも色々いただきました。

・特徴的なネタ、まずタイをゆず塩で。

タイ

・白子はこんな大盛り。

白子

・カニもとんでもなく大盛り。

カニ

・ウニもエライことに。

ウニ

・さわやかなネタとしては、サヨリなんかも美味しかったです。

サヨリ

・いやー、常々日本のお寿司屋さんにも行きたいと思っていたので、希望が叶いました。万歳。


スポンサーサイト
【2007/12/31 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
秋葉原→池袋→首都高

・見たいPCパーツやらなにやら色々あったため、ついにかつてのホームグラウンド、秋葉原へ。今でも駅の改札口を出た瞬間、昔そこに立っていたバスケットゴールの幻影を見ます。

秋葉原

・で、凄い人、人、人。年末+某所でのビッグイヴェント効果で大変なことになっていました。おかげでチェックしたかった所は殆ど巡れず終い。

・それにしても、この街の至る所で初音ミクの楽曲がかかっていた辺り、流石と言うか何と言うか。日本は凄いところへ飛び立とうとしてるのか、それとも重い病気の末期症状なのか、悩ましいところです。

・そのあと池袋まで移動し、ビックカメラでスーツケース等をチェック。いい加減TSAロック対応のものに買い換えようと思って色々チェックしたんですが、残念ながら手頃なものは見つけられず。結局トロやらパトレイバーのリヴォルテック、イヤホンやらを購入して撤収となりました。

・買ってきたこのトロ、想像以上にいい出来で、S.エトーさんとボールの取り合いなんかさせて遊んでみたり。

激しい競り合い

・帰宅後、待ち受けていたものはセイコガニ(メスのズワイガニ)(Chionoecetes opilio)。小ぶりながら、味噌も卵も身も美味しく言うこと無し。Dungeness Crab(Cancer magister)とはまた違った、繊細な味を堪能しました。

セイコガニ

・深夜、夜の東京見物ということで、弟の運転で首都高あたりを巡ってみることに。予想通り爆空きです。

・しかし深夜どころか早朝といっても良い時間だったためか、東京タワー、ヒルズ、果てはレインボーブリッジまで消灯済み。オフィスビルも年末で電気の無いところが多く、東京も意外と眠ることを知ったドライヴとなりました。これはこれで面白かったです。

消灯


【2007/12/30 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
天皇杯準決勝 川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ観戦

・風邪がどうだろうと、行かなくてはいけない場所がある。それは今日の天皇杯準決勝川崎フロンターレvs鹿島アントラーズです。準々決勝の勝敗をBarcelonaから携帯経由で調べた位に気になっていたフロンターレ、クラシコ敗戦のショックを彼らが晴らしてくれると信じていざ国立競技場へ。

・と言う訳で家族、友人と車で現地へ(運転はこちらも風邪真っ最中な弟)。外苑の駐車場では、入り口から駐車スポットまで係員の素晴らしい連係プレイによる誘導が。あの係員同士の流れるような車の受け渡し、料金1000円分の価値はある出し物でした。

・とまあ、どーでもいいことに感心しつつ場内へ。体力的な問題もあり、バックスタンド正面からの観戦です。

天皇杯

・川崎側のゴール裏を見渡すと、また一段と増えたサポーターの方々が。常に成長を続けているクラブだということを改めて実感。そしてその成長の一里塚として、ここで是非初タイトルを…と思っていたのですが…鹿島の壁は厚いものでした。

Love Kawasaki

・結果2007年度初のフロンターレ観戦は、残念ながら2007年度最後のフロンターレ観戦に。また、それは同時に"フロンターレのマギヌン"にとって最後の試合ともなりました。1年半、本当にありがとう。これからも応援し続けます…直接対決の時以外は。

Magnum


【2007/12/29 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Patisserie HIYAMA [洋菓子]

・帰り際、近所に中々美味しい洋菓子屋さんが出来た、と連れてってくれたのが大塚小近くのPatisserie HIYAMA。ほんの半年前にオープンしたそうで、ちょっと高級感のある雰囲気ながら親しみやすさもある店内でした。

・そこで色々ゲットしたケーキ達がこちら。一時帰国した際ににいつも思わされます、"日本の洋菓子、最高"と。どれも"町のケーキ屋さん"なお値段で、しかしそこらの気取ったお店よりも断然美味しく、そのコストパフォーマンスのよさに感心させられました。こういうお店がローカルにあるって、本当にいいことですなぁ。

ケーキ


【2007/12/29 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Reunited with Tokyo Homiez

・夜Tokyo Homiezの誘いで渋谷のモツ鍋屋へ。1年半ぶりに再会した仲間、つい3日前にも顔を合わせてるんじゃないかと錯覚するような雰囲気で安心しました。話に花を咲かせていたらあっという間に閉店のお時間、スタバで少々の延長戦を行った後、解散となりました。いやー、本当に楽しかったです&ご馳走様でした。

モツ


【2007/12/29 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
風邪でダウン

・素で風邪で寝込んだ2日間。あー、短い滞在期間をこんなことに浪費してしまうなんて~。とりあえず鍋焼きうどんでも食べて体力の回復を図ります。

鍋焼きうどん


【2007/12/28 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
宇和島 [和食]

・旅行中にしっかり鼻、喉の粘膜をやられたのを押して歯医者に行った自分へのご褒美に、ちょっと美味しいお昼を

・ということで渋谷の宇和島。ランチタイム真っ只中に来店したため、中は近くのオフィスワーカーの皆様で一杯。それでもあまり待たされること無く、席につけました。

・注文したのは気になっていた鯛めし。ご飯の上に鯛の刺身を乗せ、上から卵をといた甘めの出汁をかけていただく、まさに愛媛宇和島のスタイル。写真からフレームアウトしちゃってますが、付け合せやお味噌汁も含めて美味しかったです。

鯛めし

・ちなみに夜はふぐ料理をやってるそうな。


【2007/12/26 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
BCN→MXP→NRT

・クリスマスイヴの夜~クリスマスは機上の人として終了。Milano、Malpensaを経由し、無事に成田到着となりました。

Malpensa

・クラシコ敗戦のショックで免疫が低下したのか、試合直後から体調がどんどん悪化しており、夜どこかへ食べに行く気力は無し。家で湯豆腐な夕飯となりました。2年ぶりくらいの湯豆腐、たまに食べると美味しいものですね。

湯豆腐


【2007/12/25 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Barcelona最終日

・最終日、ホテルをチェックアウトする前に、ちょっと外へ出てスポーツ新聞を購入。ほとんどスペイン語がわからない自分にも、何が書いてあるか大体想像はつきます。ミラノダービーをインテルが制した記事が一面に出ていたGazzettaだけが、唯一心の慰めになりました。

Horribleねぇ…

・で、空港へ向かうバスの集合時間まで余裕があったので、もう少しだけ市内をウロウロ。C.コロンブスが新大陸発見の報告をしたPlaza del Rey(王の広場)。本来の見所は写真奥の方なのですが、広場の手前にあったモニュメントが面白かったのでそっちメインの構図に。

王の広場

・なんとなくデパートへ。音楽コーナーでCDをチェックしたり、スポーツ用品を覗いてみたり。そこで今月リリースされたばかりの新カタルーニャ代表ユニフォームを発見。もうすぐボージャンも袖を通す予定のこの一着、ゲットすることに。エスカレーターで移動中、家電コーナーのTVに昨日の試合の映像が。それを見ながらのミニ反省会が始まってしまいました。ハァ…。


【2007/12/24 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Mikel Etxea [バスク風居酒屋]

・Barcelona市内最後の食事はホテルの近くにあったバル、Mikel Etxeaで。バスク風のタパス、ピンチョスを出す居酒屋だそうな。

・そんな訳で色々つまんでみたり。

タパス

・テキトーに選んだものでも美味しいです。

んまい

・特に良かったのがこのシーフードスープ。ブイヤベースの様な味付けで、底にはご飯も入っていたり。

スープ

・そんなわけでご馳走様でした、Barcelona。


【2007/12/24 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Barcelona市内散策 その四

・いよいよクラシコ当日、今日は夕方までフリータイムです。

・てな訳で、Museu d'Art Contemporani de Barcelona、通称MACBA(バルセロナ現代芸術美術館)を訪れてみたり。なんだか微妙にストリート感の漂うエリアを歩いていくと、そこに不似合いなほどキッチリした建物が。"凄いなー、白いなー"なんて思っていたら、設計はリチャード・マイヤーだそうな。納得。

MACBA

・内装も白と黒のモノクロームな世界観。

中

・光の入り方で雰囲気が変化して、正直これが一番面白かったり。

中2

・展示物のほうは、やっぱりやったもん勝ちなエッジの効いた作品が並んでおりました。その中で地元のアーティスト、Ignasi AballiによるEnciclopediaという作品が妙に気になってみたり。"知識"を肯定してるのか皮肉ってるのかなんなのか、真意のわからなさに妙に惹かれました。

・外に出ると、MACBAの前の広場にはスケートボーダーたちの姿が、確かにここは遊びやすそうです。そして増加するストリート感。

・駅に向かう途中、cddromeというレコ屋を発見。記念に本場欧州のエレクトロニカでもゲットしていこうかと思いきや、全然このフィールドに詳しくないため挫折。とりあえずFerro Concrete feat.Daniel GivensのGlacial (A Means)なるアナログを、バルセロナのレーベルから出てるから、という理由だけでゲット。聴いてみたら素でDown Tempo~Electronicaな佳曲。あとジャケのアートワークにカタカナ表記が使われたから、という理由だけでLa Casa AzulなるグループのLa Revolucion Sexual(セクシャル・レヴォリューション)というCDも購入。中身は男性ヴォーカルの超キャッチーなElepop、大分ピコピコしてます。あー、小西さんとかカジヒデキとかの渋谷系サウンド大好きなんだなー、と思わせる内容でした。弟はA.C.ジョビンのStone Flowerのアナログを購入。いや、名盤ですが何故Barcelonaで…?

cddrome

・地下鉄でBarcelonetaという臨海エリアへ。ここでのお目当ては地中海の魚に関しては世界一のコレクションらしい水族館。Cosmo Caixaのような凄い展示が見られるのかと期待していたら、意外と地味な雰囲気でやや拍子抜け。ハイライトは水槽を下から見上げるトンネルと、あとペンギンでしょうか。

トンネル


【2007/12/23 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Tapas Gaudi [バル]

・遅めの昼食は"15時からミラノダービーの中継を流します"という看板が出ていたバル、Tapas Gaudiで。他国の試合だし、周りのお客さんは冷めた目で見てるのかと思いきや、ズラタンのヴォレーがゴールを掠めるとウィー、A.ピルロがFKを沈めた際には料理が皿ごと宙を舞うほどの大騒ぎでした。

店内

・そんな雰囲気の最中で食べたのはホウレン草のオムレツ。オムレツが小さいのではありません、ビールのジョッキがやたらデカイのです。

オムレツ

・茹で海老。なんの捻りも無いシンプルさですが、新鮮で美味しかったです。

海老

・短いパスタで作ったパエリヤ。外れ無し。でもちょっとグリーンピース多すぎ。

パエリア

・以上のお昼を堪能し、試合前半のハイライトを見届けたところでお店を後に。いよいよ、El Camp Nouへと向かいます。


【2007/12/23 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
El Clasico: FC Barcelona vs Real Madrid 観戦

・El Clasicoのチケットを手に、いざEl Camp Nouへ!! ところがバスのドライヴァーが間違ってEstadio Olimpico de Montjuic(モンジュイック・オリンピックスタジアム)を訪れてしまうという大ボケ。そっちはエスパニョールの本拠地じゃないですか。

・しかしこの大ボケがファインプレイに。El Camp Nou近くに着くと、ちょうどバルサ選手達を乗せたバスがホテルを出発する場面に遭遇。バルセロニスタたちによる盛大な見送りが行われていました。

Barca!!

・そのまま通りを歩いていると、今度は大ブーイングを浴びているバスにも遭遇。おそらくこちらはメレンゲを乗せてるのでしょう。すさまじい敵意、サポーター側の本気度が伝わってくる光景です。

・"ANTIMADRIDISTA"なんてマフラーを売ってる出店、人でごった返すゲートを潜り抜け、スタジアム内へ!! 試合一時間前、席に着くとそこはバックスタンドの端で前から5列目。ピッチ近すぎです、乱入できそうです。そしてさすがスペイン、この大一番でもお客さんの出足は鈍くまだガラガラ。

近い

・試合開始の時刻が近づき、マドリーの用具係がピッチに姿を現すとそれだけで大ブーイング。坊主憎けりゃなんとやら、です。で、ウォームアップのため選手達が登場。残念ながらこちらのサイドで練習するのは、マドリーでした。距離が近いためか、ついつい見てしまうマドリーの練習。特にI.カシージャスの無言の気合が伝わってきます。

・円陣を組むバルサイレヴン。

Barca!! Barca!!

・Himnoが流れ、形成される98000人のコレオグラフィー。

98000

・ユニフォーム姿の選手達がピッチに。本当に、心が震える瞬間です。

登場

・いよいよ、キックオフ。期待に胸高まるも、試合は実にもどかしい展開に。

Ronnie

・悪夢のような瞬間。36分、壁パスから飛び出してきたJ.バチスタが放ったショットが…。

Freeze

・バルサのゴールに突き刺さってしまいます。"パサァッ"というゴールネットの揺れる音が耳に入るほどスタジアムは静かでした。

失点

・なんとか1点を取り返そうとするも、この日の攻撃は空回りするばかり。チャヴィもいつものチャヴィではありませんでした。

チャヴィ…

・デコの代わりにジョバンニを入れ、負傷したC.プジョルに代えてG.ザンブロッタを投入し、最後はチャヴィを下げてボージャンをピッチに送り出すも得点は生まれず。

Bojan

・そして無常にもタイムアップ。実はボージャンが出てきた瞬間、隣に座っていたお客さんは帰ってしまっていました。彼の行動が賢明だったことになってしまうなんて…。確かに、この光景はキツイ…。

見たくない

・初バルサ、初Camp Nou、初クラシコ、そんな記念すべき一日は、苦い記憶として脳に刻み付けられることとなりました。もう一度この地に足を踏み入れ、バルサが勝利に酔うクラシコをこの目で見てやる、そんな思いとともにスタジアムを後にする 2007.12.23 9PM。

立ってくれ


【2007/12/23 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
El Camp Nou 見学

・本日は朝からバスに乗り込み、FC Barcelonaの本拠地スタジアム、El Camp Nou(カンプノウ)の観光ツアー。試合の無い日は内部や併設の博物館の見学が出来るようになっています。

・ロッカールームや礼拝堂を抜け、暗い階段を降り、上へと向かう小さな階段を上る、TVでお馴染みのルートの先にに広がるのはピッチ。明日、この同じ通路をバルサの選手達が通るのかと思うと、なんだか凄い気分です。

El Camp Nou

・記者会見場や、会長らが腰を下ろすVIP用の座席、そこからの眺めを見てみたり。"MES QUE UN CLUB = クラブ以上の存在"。

Mes Que Un Club

・数々のトロフィーが並べられたロビー。

トロフィー

・最上フロアの記者席はピッチを上側から良く見渡せる設計。エトーが以前コメンテーターとして参加していたらしき放送ブースもありました。

記者席

・そのまま順路を進むと博物館となっているエリアへ。大耳を含めずらりと並ぶトロフィーたち、壮観でした。その後ろで意外な、そして懐かしくも嬉しい名前を発見。S.ピッペンのサイン入りバルセロナバスケチームのユニフォーム、オリンピック時にでも訪れたのでしょうか…。

S.Pippen

・最後はお台場から姿を消してしまったバルサ公式ショップ、FCBotigaでチョコチョコ買い物。それこそバスケチームのユニ等、マイナーなアイテムが山ほどあるのかと思いきや、意外と普通な品揃え。R.マルケスグッズなんかは殆ど見かけませんでした。そして欲しくなったアイテムは大きなスタンドや冷蔵庫など、持ち帰るのが困難なものばかり。うーん、残念。


【2007/12/22 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Barcelona市内散策 その三

・お昼はツアーでバルサゆかりのレストラン、la llotjaへ。なんでもドリームチームの時期にバルサOBたちが開店した模様。まあ、ツアーなのでたいしたものは食べられず。壁の写真をメインに楽しむ場所でした。

La llotja

・一度ホテルに戻り、小休止。どーでもいいですが、スペインでは旧タイプのアクエリアスが売られていて嬉しいです。味もあの昔の味のままだったり。ちなみに、右のKASというのはファンタオレンジ的な飲み物。

缶ジュース

・午後はまたフリータイム。市内をうろうろし、家族の買い物に付き合うことに。

広場

・外に出ると広場ではクリスマスマーケット開催中。結構かわいい小物が並んでいました。

クリスマス

・小道の小さなショップもいろいろチェック。店先に並べられたパン菓子に目を奪われてみたり。こういうの大好きです。

パン菓子 

・別のチョコレート屋では洒落たディスプレイが。

チョコレート

・なにか面白い雑貨はないかと、Loftみたいな大型のショップ、Voiconや小さい店内にいろいろなアイテムが所狭しと並べられたDois I Unaなる店も行ってみました。戦利品はまたの機会にご紹介したいと思います。


【2007/12/22 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Elche [スペイン料理]

・夕食はMontanya de Montjuic(モンジュイックの丘)近くのレストラン、Elcheで。パエリヤやシーフードに定評があるお店だそうな。8時前と、スペインにしては早い時間に訪れたため、無事席につくことができました。

・まずはタパスを色々注文。手前からイワシやナスのマリネ、イベリコ豚のクリームコロッケ、アーティチョークの揚げ物。

タパス

・ムール貝のワイン蒸し。アメリカでは中々美味しいムール貝に出会えず、日本ではムール貝は結構生意気な値段、やっぱり手軽に美味しく楽しめるのはヨーロッパなんだな、と実感します。

ムール貝

・やっぱりこれは食べておかないと、と言う訳でイベリコ豚の生ハム。脂身の部分が非常に滑らかな舌触り。

生ハム

・メインはイカスミのパエリア。見た目はアレですが、味のほうは素晴らしかったですよ。

パエリア

・デザートにはCrema Catalana(クレマ・カタラナ)。Barcelonaを含むCatalunya地方伝統のお菓子で、クレーム・ブリュレの元ネタと言われている一品。カスタードの表面はパリパリ、中はトロトロ、非常に美味なり。周りのパウダーはシナモンです。

Crema Catalana

・もう一つはチョコレートムース。こちらも非常に濃厚な味。添えてあった洋ナシのソースもいい仕事していました。

チョコレートムース

・うん、初めて全うなスペイン料理を堪能、満足也。


【2007/12/22 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Barcelona市内散策 その一

・今日は一日フリータイム、曇天の市内をブラブラしてみることに。ホテルはゴシック地区と呼ばれる旧市街地のど真ん中にあり、すぐ傍にいかにも歴史のありそうな市庁舎が建っている広場が。石畳の路面、いたるところにある広場、それを囲む古い建物。ドイツでもそうですが、こういった街並みはやはり欧州独特のものを感じさせます。

風の通り道

・そういった如何にもな道を抜け、通りかかったCatedral(大聖堂)の中へと入ってみることに。15世紀ごろに完成したというこの建物、なるほど荘厳です。建築様式に詳しい人には、ドゥオーモのゴシック様式との違いを比べることが出来て面白そう。

La Catedral

・そのまま歩いてショッピング街を散策。Gracia通りではA.ガウディの代表作のひとつCasa Mira(ミラ邸)を見学。一応集合住宅なのですが、外観はおろか内部までエキセントリックな曲線で構成されていて、居住性は低そう。住み易さを求めるなら他をあたってくれ、と言うことなのでしょう。

Casa Mira

・そして20数年ぶりのSagrada Familia(サグラダ・ファミリア)、世界一有名な違法建築物です。前回訪れたときより大分工事が進んでいるそうな。20年ほど前に見た際のかすかな記憶が脳裏をかすめ、懐かしさの一歩手前のような不思議な感情が。東側からこの建物を見ると、しっかりとした面持ち。

かすかな記憶

・しかし逆サイドから見ると、なんかペカペカ光ってる現代芸術のようなスタイル。えー、いいんでしょうか、これ? ちなみに完成の目処は2020年代、だとのこと。いや、多分誰も信じてはいないと思いますが…。というかもし地下鉄が本当に真下を走ることになったら、ひょっとしたら数年後には"サグラダ・ファミリア跡地"になってる可能性もありますね。

逆サイド

・地下鉄に乗ってお昼を食べにGracia通り付近まで逆戻り。ダメもとでShojiroなるカタルーニャ&和食のハイブリッドレストランを訪れてみるも、やはり満席。そのまま歩いてLa Tainaという地元の人が良く行くレストランに行ってみました。

地下鉄


【2007/12/21 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
La Taina [スペイン料理(?)]

・家庭的なLa Taina、メニューがスペイン語オンリー。しかし英語の出来る店員さんがヘルプしてくれました。"カタルーニャ的なものを出してみてくれ"、と振ってみたところ、"じゃあ肉だな"と言う回答。来たのは以下のようなもの。まずはパンに刻みトマトとオリーブオイルを塗ったもの。これはこの街では必ずと言っていいほど出てくるメジャーな品です。

イントロ

・で、色んな肉の盛り合わせ。どれも火の通り加減が絶妙で、シンプルな塩での味付けながら非常に美味。しかし凄いボリュームです。

肉

・だが、この店の凄さはそんなものではありませんでした。続いて来たもっと凄い肉。軽く50センチ以上はあります。凄いジューシーで異様に旨いです。でも多すぎです。健闘はしたものの、やはり完食には及ばず。店員さんは"Japonesにしてはまあまあだな"と言った表情で料理を下げていきました。

さらに肉

・今回はどう考えても注文のバランスが悪かった訳ですが、味は素晴らしいのでいつかFideua(スペイン風パスタ)系や他の料理と共に楽しみたいと思います。


【2007/12/21 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Barcelona市内散策 その二

・食後、腹ごなしもかねてParc Guell(グエル公園)へ。これまたガウディなスタイル。カエル…ではなくトカゲの像もこの通り。幼少のころの自分はこれが大層お気に入りだったそうですが、全く覚えなし。

トカゲ

・公園から見下ろす市内はこんな感じ。あいにくの天気です。

グエル公園より

・ここから頑張って歩いて丘側を歩き、サイエンスミュージアムなCosmo Caixa Barcelonaへ。これが予想を裏切って非常に面白い場所。サイエンスの世界において重要なコンセプトの数々、それらを触って直感的に理解できる展示物がそこかしこに。丸一日居ても決して飽きないであろう充実振りでした。

館内

・またそれらの見せ方も秀逸、芸術的な雰囲気すら漂っています。例えば植物にとっての命のバトン、植物の種も試験管に入れられてこんな風に。

種

・もう一つ面白かったのが、博物館の一画に再現された熱帯の森。一定時間ごとにスコールも降り注ぎ、ボーっと眺めていると色々な生き物が顔を覗かせます。こんな素晴らしい施設の入館料が3ユーロ、というのも◎。

アマゾン

・閉館間際までたっぷり堪能し、外に出ると雨。本日の市内観光はこれでおしまいとなりました。夜、何時になってもお腹が空かず、適当にサンドウィッチで済ませることになりました。こんなものでも美味しい、というのは素晴らしいですな。


【2007/12/21 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
いざ、Barcelonaへ

・クラシコを見んが為、いざBarcelonaへ。

・そんな思いと共に中二日で成田空港。山手線に2回乗る前に2回目のインターナショナルフライトです。このインタヴァルですらちょっと嫌なのに、毎日世界を駆け回ってるビジネスマンの人たちはさぞや大変なことでしょう。

・実はBarcelona、El Prat空港への直行便は無く、まずはRomaのFiumicino空港へと向かいます(普通はMadridを経由するのですが、バルセロニスタの心情に配慮した結果、こういったルートになった模様。帰りはMilano、Malpensa空港経由です)。SFOからの帰国便とは違い、この飛行機には大分空席があったので余裕のあるフライトでした。ちなみに成田で出国手続きをしてる際にMP3プレイヤーの電源が入らなくなるトラブルが発生したものの、機内で無事復活。既にMP3プレイヤーが体の一部となりかけてる自分にとっては、非常に深刻な問題でした。あー、危なかった。

・そんな訳でFiumicino空港で乗り継ぎ。その合間にサッカーショップを発見し、チョコチョコインテルがらみのグッズをゲット。アメリカはもちろん、日本でもあまり見かけないアイテムがあって中々嬉しかったです。

Fiumicino

・しかしここでフライトに遅れが出て、1時間以上余計に足止め。

早く飛べ~

・El Prat空港ではロニーたちの看板がお出迎え。結局ホテルに着いたのは現地時間午前2時前。家の玄関を出てからホテルのドアを開けるまでの総移動時間、ほぼ24時間。やっぱり欧州は遠いですな…、流石に疲れました。

お出迎え


【2007/12/20 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Gooch [カフェ]

・無事にdellの修理も終わり、渋谷に出て遅めのランチ。4時と言う中途半端な時間なので、大体どこも準備中。とりあえず目に入ったGoochなるカフェに。目立たないビルの3F、結構穴場なのかも。

・内装は特に印象なし、奥に個室のソファがいくつかあり、くつろげそうな雰囲気ではありました。なんとなくサラダとカツオのトロトロ漬け丼なるものを注文。

・ランチメニューに100円プラスで付いてくるサラダ、正直期待していなかったのにいざ来てみるとそこそこのヴォリュームでしかも意外と美味しい。

サラダ

・で、カツオのトロトロ漬け丼。お箸は付いて来ません。スプーンで丼ご飯、というのはいかにも日本のカフェらしくてなんだか面白いです。こういったメニューだとは思っていなかったので、サラダではなくスープを一緒に注文すればよかった、と少々後悔。でも美味しかったので良し。

カツオのトロトロ漬け丼

・あ、カフェなのにコーヒー何にも頼んでませんでした…。それはまた次回と言うことで。


【2007/12/19 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
渋谷→池袋

・渋谷での本当の用事、歯医者を済ませ、バイト上がりの弟と合流。HMVでCDを大量購入し、池袋へ。

・明日からの旅行に必要なものを買い揃えつつ、遂にKAMOショップでハヴィエル兄さんのインテル100周年ユニを入手できました。いやー、アメリカでは全然見つからず、もうダメかと思っていただけに非常に嬉しいです。

INTER!!

・夕飯は近所の洋食屋さんでエビフライ。嗚呼、にっぽんの洋食屋さん万歳。

エビフライ


【2007/12/19 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
六本木

・帰国から一夜明けて、まず最初にしたことはdellのカスタマーサポートさんのお出迎え。例のディスプレイ不良問題に対応してもらうためです。で、1時間ほどかけてパネル交換作業をしていただいた結果、ディスプレイに走っていた3本の縦線は見事に消滅。が、それとは別の新しい線が出現。どうやら新しいパネルも不良品だったみたいです。結局明日もう一度別のパネルと交換することに。恐るべしLG電子製ディスプレイ…。

・夜、六本木へ。道からしてなんだか華やいでます。

六本木

・知らぬ間に完成していた東京Midtownに行ってみたり。ここのイルミネーションは青いLEDの海の上を白いLEDのアニメーションが走る、というものでした。建物自体は、弟の描写"完成予想図のCGがそのまま具現化したような綺麗さと無機質さ"がしっくりくるような場所。やっぱり自分には縁の薄そうなエリアです。

・ちなみにヒルズのほうはこんな感じ。車からとったんでブレブレですが。

ヒルズ周辺


【2007/12/18 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
旬の味 いち [和食]

・で、六本木に出てきた真の目的はこちら、旬の味 いち。今まで立地条件を考えると素晴らしいコストパフォーマンスだったんですが、ついに六本木なお値段になってしまったようで、非常に残念。しかしお味のほうは今回もノーダウト。

・まずカワハギの昆布締め。いきなりアメリカでは中々お目にかかれない繊細な一品です。

カワハギ

・続いて白魚のから揚げ、アナゴのカステラ等。幸福ゲージがどんどん上がっていくのを実感出来ます。

から揚げ

・この季節にぴったりのブリ大根。

ブリ大根

・アジや太刀魚等のお刺身。飾り包丁までお見事。

お刺身

・ちょっとコースから横道にそれて、チーズの酒盗添えとイカの塩辛。お酒のおつまみ的に最高かと。

・セイコガニのあんかけ茶碗蒸し。熱々です。

茶碗蒸し

・寒ブリのしゃぶしゃぶ。ちゃちゃっと軽くお湯をくぐらせていただきます。全部食べた後、出汁の出たおつゆまで美味しくいただけると言う完璧さ。

しゃぶしゃぶ

・子持ちハタハタの炊き込みご飯。香ばしさと卵の食感がたまりません。

ハタハタ

・大将自らが混ぜ混ぜ。

混ぜ混ぜ

・セイコガニの炊き込みご飯。こちらもまた別の香りに心を奪われます。

セイコガニ

・デザートはほうじ茶のアイスに、かぼちゃのムースwith芋焼酎フレーヴァー。

デザート

・と言う訳で、11時間のフライトに耐えた甲斐のある幸福なひと時でした。


【2007/12/18 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ただいま、TYO

・ふらふらの状態で目を覚ます午前6時、セイにBARTの駅まで送ってもらい、SFOへ。今回の帰国はJAL、流石にエグゼクティヴクラスへのアップグレードはありませんでした。というか前回、前々回とあれだけ頻繁に起きるほうがおかしい訳で、この時期の出発ギリギリになってチケットを手配してもらえただけでも、十分過ぎるくらいありがたい話です。

・で、非常に鬱陶しい空港での検査、11時間のフライトを経て成田A滑走路(34L)着陸。窓の外の景色とぼくは航空管制官2で覚えた誘導路マップを脳内で照らし合わせながら、"おおー、ゲームと同じだー"なんて感慨に耽っていました。

・NEX車内に蔓延していた加齢臭に耐えつつ、東京駅へ。出迎えてくれた弟の車で無事に家に到着。玄関に置かれたクリスマスツリーを見て、日本に戻ってきたのを実感しました。お久しぶりです、City of TOKYO。


【2007/12/17 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
一時帰国前に、Atama Live at Blakes

・出発準備を整え、夕方西日と向かい合わせながらBayへ。途中やたら事故が発生しており、折からのHoliday Season渋滞と合わさってひどい混雑状況。

Go West

・夜、BerkeleyのBlakesでATAMAのライヴ。Demo CDでおなじみの楽曲から出来立てホヤホヤの新曲まで惜しみなく披露。1時間弱のパフォーマンスでガッチリ箱を盛り上げていました。年明けにはSan Joseでもやる模様で、Bay Area中で名の知られたバンドになる時もそう遠くなさそうです。

ATAMA

・ライヴの後小腹が空いたので、深夜でも営業している近くのピザ屋へ。デカイです、所狭しとペパロニ乗ってます、でも3ドルしないです。日本に行く前に少しはアメリカンなもの食べておかないとね。

Pizza


【2007/12/15 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Lab店じまい

・自分にとっては年内最後のLab、結構集中して取り組むことが出来たので無事予定していた仕事を全て終えることが出来ました。万歳~。

・一方Labの仲間は何をやっていたかというと、今夜のPlant Scienceのパーティで行われる"不細工なセーターコンテスト"に出す作品作りに没頭。毎年Labのメンバーでこういったものを作り、ボスはパーティの間中それを着ているのが伝統なんだとか。ウチのボスが着るのはこんな感じの一品です。

カワイイ

・夜はパーティに出席し、帰宅後はようやっと荷造り開始。あ、そうそう、そんなわけで来週の月曜に帰国予定です。Tokyoのみなさんよろしくです~。


【2007/12/14 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Back to the Lab Again

・ようやく試験も片付き、Labに復帰。書類上はもう来る必要は無いことになってるんですが、自分には放置したまま年を越したくない仕事が山積みな訳で…。

Back to the Lab again

・そんなわけでGelを走らせたり、結果の分析を始めたり、別のPCRを走らせたりしてる内に夜も更けきってしまいタイムアップ。明日一日で区切りをつけられると良いなぁ。

分析中

・そういえば、自分がバルサユニ来てるとよくちょっかい出してくるMadrid出身のスペイン人に、"そっちはメレンゲファンなの? アトレティコ? それともヘタフェ?"と聞いてみたところ、"いんや、ラージョ・ヴァジェカノ"との回答。なんというか、御見それしました。


【2007/12/13 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
今週のフットボール・ミッドウィーク編

・無事朝8時からの環境毒物学試験を終え、期末全日程終了。金曜まで試験を抱えた他の人達を尻目に、一足早く休日気分です。ま、明日以降もLabにはいくんですけどね…。

・そんなすっきりとした気分で迎えたCL バルサvsシュツットガルト。バルサはV.バルデス、L.メッシらをベンチからもはずした上でのキックオフです(スタメン復帰の予定だったデコは何故か不出場)。消化試合ながらもピッチには実力をアピールしたい選手が一杯。気負いは無くとも気合は入る、そんな空気が伝わってくるゲームとなりました。試合開始直後、気合をいきなり炸裂させたのはシュツットガルト、ダ・シウバのFKがバルサ側のゴールネットを揺らすことに。せっかく久々にジョルケラを拝めたと思ったら、なんとも損な役回りです…。しかしバルサはあわてることなく反撃、35分にロナウジーニョのクロスをジョバンニが身体で軌道を変えゴールゲット。GK、R.シェーファーの猛抗議も通りません。CL初ゴールとなったジョバンニは嬉しそう。そしてさらに嬉しいことになるのが後半のS.エトー、ロナウジーニョの連続ゴール。どちらも"復活の狼煙"と受け取れるような点の取り方で、非常に見ごたえがありました。バルサ、調子上がってきましたかな?

ロニー復活!!

・夕方ちょっと転寝したつもりが気付くと真夜中、やはり多少疲労が蓄積していた模様。ふと気温情報に目をやると-1℃の表示。うわ、東京より寒いでやんの。

・丁度いい時間に目が覚めたのでCWC。浦和レッズvsACミランという、フロンタファンにしてインテルファンな自分としては、"どっちが勝ってもなんだかなぁ" なマッチアップ。ニュートラルな視点で試合を見守っていると、個人ではやはりミランに圧倒的なアドヴァンテージがあるも、意外と浦和にも勝機があって感心しました。ポンテが離脱していなかったら試合の行方はわからなかったかも知れませんなぁ。全盛期の鹿島や磐田はUEFA Cup出場チームくらいの実力はある、と言われていましたがこの浦和もそのレヴェルに達しているのかも知れません。


【2007/12/12 23:59】 Football | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
一足早いクリスマスプレゼント

・試験に追われる最中、友人から一足早いクリスマスプレゼントを頂戴いたしました。2008年ペンギンカレンダー、ええ、最高です。感謝!!

Penguins


【2007/12/11 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>

11 | 2007/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。