BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
醤油ステーキで発ガン性物質激減?

・今日の食品毒物学のクラスは加熱調理で発生する様々なCarcinogen(発ガン性物質)やMutagen(突然変異誘発物質)について。日本でもおなじみのAcrylamideやPAHs(Polycyclic Aromatic Hydrocarbons = 多環芳香族炭化水素)、HA(Heterocyclic Amine = 複素環アミン)などのお話で、BBQやグリル、揚げ物について絶望的な情報がガンガン出てきました。

・で、その講義の中で"マリネにされた肉や、醤油でグリルされた肉はHAの発生を最大で95%減らすことが出来る"と言う情報が出て、かなり驚き。疑問に思いネットでチョコチョコ調べてみてもそれらしき情報は見当たらず、むしろそれとは真逆の研究結果に遭遇しました。一応この件において先生にメールはしてみたものの、今日のところは返事は来ず。はて?

・自動車通学ではなくなったこと、車が不調気味なこともあって運転する機会が激減していまして、どれくらい激減しているかと言うと今年に入って未だに給油していない程であったり。しかし本日はどうしてもSacの銀行に行かなくてはならなくなり、例の調子の悪い車で恐々運転。幸い恐れているような故障も起こらず、むしろそこそこ好調でした。帰り際には日本食スーパーで大量に買い物もできて大満足。特にリニューアルオープン記念セール品だった"カルピスウォーター500mLペットボトル1本99セント"は嬉しすぎです。ケースで買いました、ええ。


スポンサーサイト
【2007/05/30 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Agilent見学 / 森博嗣氏の小説ゲット

・今日はLabではなく社会科見学。見学先はSacramento郊外にある元J&W Scientific、Agilent Technologies社(日本語サイトもあるんですね)。そこの業界最大手の分野、Gas Chromatograph用Column製造ラインをチェックです。前の学校だったら現地集合だったでしょうが、今の学校はちゃんとバスを手配してくれました。しかも、学校所有のペイント入りハイデッカー大型観光バス。さすがです。

・で、いざ現地で工場内をみてみると、製造工程は基本的に手作業。ng(10~-9)やpg(10^-12)といったスケールの物質を定量する機械のColumnだけに、かなり意外でした。またColumnは年間出荷される10万個全てが品質チェックを受けており、綿密な品質管理に感心。写真撮影禁止だったのでお見せできるものはありませんが、かなりCoolな工場だったかも。ただ就職したいとは思いませんが。

森博嗣

・午後Report提出の為TA達の実験室を訪れたところ、部屋の片隅に日本語の本が詰まった段ボール箱が放置されているのを発見。なんでも5年ほど前に居た研究者が置き去りにしていったものらしく、好きに取っていって良いとのこと。早速箱を覗いてみると殆どがミステリ小説(あとH×Hもありました)で、なんとなく理系っぽいチョイスに思わず苦笑。森博嗣氏の本も結構な量含まれていたので、それらをありがたく頂戴することに。最近質量を持った日本語の活字からすっかり遠ざかっていただけに、かなり嬉しいです。

・で、とりあえず"笑わない数学者"をピックアップ。瀬名氏の著作を読んだ時同様、その文章に引き込まれつつ、その裏で登場人物や著者からかけ離れた己の凡人っぷりを痛感させられ嫌になってみたりも。昔だったら"まあ、こんな天才的な人間なんて早々居ないよな"と流していたでしょうが、こちらに来て本当に"何かが違う"人々の存在を見るにつけ、"あー、薄々勘付いてはいたけど、自分はあの中の一人ではないな"とある種の諦め、というか失望を感じさせられるのです。結局のところ自分には何かを創造する力は乏しく、得意なのは"ある程度複雑な情報をニーズに合わせ選別し単純化する能力"と言う、エンコーダ的なもののみ。そらー、ソースがなかったらどうしようも無い罠。まあでも役に立つ能力には違いないので、これを活かしてこれから先もどうにかやりくりしていきたいと思います。


【2007/05/29 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
カプサイシン

・先延ばしも限界に来たので環境毒物学のLab ReportをFinish。その過程においてCapsaicin(カプサイシン)の"毒性"について調べていたところ、巷で言われているような抗ガン性とは逆に、発ガン性が疑われるような研究があることを知りました。またラットの新生児に対しては神経細胞が自己死するという結果も出ていて、少々驚き。乳児に激辛唐辛子を食べさせるのは避けた方がいいかもしれません…元々そんなことをする人が居るとは思えませんが。


【2007/05/28 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・韓国スーパーで買った絹豆腐のパックの中身が木綿だった罠。一体どんな工程ミスが起きるとこういうことに?

・こっちはお隣の勝利に拍手を送ったのに、パレードではG.ガットゥーゾがインテルを侮辱するプラカードを手に大はしゃぎ。まあでもやってるのが喜びを表現する為に自チームの監督の首を絞めたり、芝生を食べるような輩なわけで、そう考えると腹も立ちません。とりあえずインテルのスクデット記念セレモニーでも見て和むことにします。

・優勝の望みを繋ぐ為には全勝が絶対条件となっているバルサ、今日は国王杯での苦汁の味も記憶に新しいヘタフェ戦だったわけですが、この緑チームがメレンゲから出された報奨金のブーストでクラッシャーモード。それに加えて主審の不安定なジャッジが大炸裂し、バルサ勢はイライラ。ついには倒れているところにボール無視で蹴りを入れてきたD.ベレンゲルに対しロナウジーニョがプッツン、報復行為をとられて一発ロハ…。勝利はしたものの全くスッキリしない試合となってしまいました。次節バルセロナダービーでのロニー不在、果たしてこれが吉と出るのか凶と出るのか…?

フロンターレ日記に載っていたバンコクでの壮絶なピッチ外バトル、"フロンターレスタッフ vs ロッカールームの虫"の話を背筋を冷やしながら読みつつ対大宮戦を観戦。来週は試合が無いだけにここで勝っておきたい気持ちは強かったものの、前節大分戦の後味の悪い敗戦、関塚監督のサスペンション、ジュニーニョに谷口の欠場と不安材料が満載でした。そんな中1-0でリードを保ち続け、どうにか逃げ切れるかと思いきやロスタイムでの痛すぎる失点。就寝前のひと時が見事に台無しです。土壇場で失った勝ち点2、後々後悔するようなことにならなければいいのですが。

-2


【2007/05/27 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
久々のお寿司

・気づいたら寝坊して授業欠席。本当に特に何も無い日でよかった…。というか特に何も無い日だから緊張の糸が切れたんでしょう。

・夕方、友人と何か美味い物でも食べに行こうという話になり、以前E-Tox Labの日本人研究者から教えていただいた寿司屋へ行ってみることに。これが中々に当たりで大満足。お互い試験や課題明けだったこともありかなり舞い上がってしまい、ウニやら生ガキ(食品毒物学的にはちょっと気が引けました)やらまで注文。それでもそこまでの値段へは至らず、一安心。いやはや、たまにはこういうのも許され…ますよね?

Sushi!!

・その後はダラダラとA.ジェイミソンやV.カーターが居たころのUNCとT.ダンカンがいたころのWake Forestが対戦するNCAAバスケのDVD(実家から焼いてきた一品)を観戦。しかしまあ、バスケして、美味い物食べて、その後バスケを見て、って言う行動パターンが日本に居るころから変わっていない自分に呆れるやら何やら。このような行動を共にしていたTokyo Homiezの皆さん、そんな訳で自分には全く進歩がありませんが、そちらは如何でしょう?


【2007/05/25 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Late Report

・で、一日遅れでLab Report提出。正直に"間に合いませんでした"とTAに申告したところ、"初犯だし普段Labでマジメに取り組んでるし、50%offペナルティは見逃してあげるよ"とのお返事。ありがとう~!!

・夕方から環境毒物学部のカジュアルなBBQパーティ。一応学部生の卒業記念イヴェント、ということにはなっていましたが講師陣や、TA、その他の研究スタッフも集まってゆったりと談笑していました。そして学生の輪ではなくそちらの研究者側の輪に加わる自分。昔からこういう時に大人の方々の話を伺うのが好きみたいです。


【2007/05/23 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
CL決勝 Liverpool vs AC Milan

・UEFA CL決勝、リヴァプールvsACミラン。

・自分の中では既に自主的に閉幕していた今季CLも、さすがにこの試合くらいはちゃんと見ないと、と言うことで帰宅後にTVのスイッチをON。ピッポがビッグイヤーを手にするところを見てみたいとは思うものの、ここでミランが勝利してしまうとせっかくインテルが勝ち取ったスクデットが霞んでしまう…等といった複雑な心境を抱えつつ後半開始から展開を見守ることに。

・それでまあ、ビッグイヤーを手にするどころか決勝主役の座まで奪って見せたピッポの喜びっぷりをみてしまうと、諦めもつくというものです。おめでとうSuper Pippo!! 最後ドサクサに紛れてカップを強奪しようとするG.ガットゥーゾとそれを慌てて阻止しようとするピッポ等のチーム内カップ争奪戦がかなり面白かったです。来年こそはミラノのお隣のチームの歓喜の和を!!

カップ争奪戦


【2007/05/23 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
本日のLabやら真核細胞分子生物学試験やら色々

・本日のLabはいつもと趣旨が違い、唐辛子からカプサイシンをどれだけたくさん抽出できたかをグループ間で競う内容。ある程度手段は自由なので、各班ごとに色々挑戦していました。果たして結果はいかに。というかこんな実験内容なのに、レポート自体はカプサイシンに関するマジメなのを書かないといけないのが…。

抽出~

・で、その後は大詰めの復習をして、いよいよ真核細胞分子生物学の試験。内容は基本的にはDNA⇒RNAへのTranscription(転写)について。今回は本日期限の環境毒物学レポートを犠牲(殆ど白紙)にしてまで勉強したので、それに見合う結果であってほしいのですが…。

・試験の後、Labの同チームのパートナーにも手伝ってもらって、どうにかそのレポートを間に合わせようとしたものの、見事に失敗。そのまま提出してもそれなりの点数にはなったかもしれませんが、やはりそれでは納得がいかない(嗚呼、ダメな方に完璧主義者…)のでキッチリとしたのを明日までに書き上げることに。ペナルティ(点数50%OFF)は激痛ですが、賭けに負けた以上は仕方がありません…。

・まあ、間に合わなかったものは仕方が無い、と言うことでレポートのことは一時忘れ、Lab仲間と隣町のChevys(メキシコ料理のフランチャイズ系レストラン)で打ち上げ的夕食。お陰様でいい感じの気分転換になりました。


【2007/05/22 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(4) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Saturday Review Session

・土曜日なれど、学校。火曜日に迫った真核細胞分子生物学の試験に向けて、先生が行ってくれるReview Sessionです。このクラス、確かに難易度は高いものの、先生が毎週何時間も補講を開いてくれるので非常に助かります。本日も2時間の予定のセッションを1時間延長してまで生徒の質問に答えてくれました。自身の研究も抱え、休みたい時だってあるだろうに、ここまで熱心に生徒のケアをする先生方、僅か3学期の間に何人もそういう先生を目にしてきましたが、本当に頭が下がります。そういった熱意に応える為にも、頑張りたいところ。

息抜きに見た某アニメの次回予告で、"ウグイスの鳴き声、ホーホケキョのホーは息を吸うときに出る音なので、本当の鳴き声はホケキョ"という凄まじく衝撃的かつどーでもいい知識を入手。試験前に貴重な脳のスペースを奪われました。あずまんが大王をさらにグダグダにしたようなこのアニメ、OPアニメーションが個性的で面白いセンス(歌はキャッチーなんで好みが分かれるとは思いますが…)をしているので、それら"少女Q"、"黄色いバカンス"辺りを見ておくのも一興かと。


【2007/05/19 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
No Longer Human

・バスで隣に座った生徒が読んでいた本の背表紙から、太宰治の"人間失格"の英訳は"No Longer Human"だと言う事を初めて知りました。有名な"恥の多い生涯を送ってきました"の訳や、"他者と違う感覚を持つがゆえに社会に溶け込めない、ゆえに道化を演じるか孤独を選ぶことしか出来ない"という感性は米国人にはどう受け止められるのか、そもそもその根底に横たわる"和の精神 (Spirit of Harmony)"、"恥の文化 (Shame Culture)"(この表現が日本文化をどこまで適切に捉えているかについてはまたの問題)についてどこまで理解が及んでいるのか、色々気になります。"恥知らず"になることが個人の社会的成功に繋がり、さらには"恥"のハードルすらも大幅に下がりつつある現在の日本、"恥の多い生涯"の定義すら揺らいでそうな今、他国から見る"人間失格"は果たしてどのようなものなのでしょうか。

・本日は秋学期の授業登録。自分の本当に取りたいクラスは8月になるまで登録できるか分からない為、とりあえずプランB的な構成にしておきました。結果順調に行けば秋には生化学で卒業に必要なクラス全てを終わらせてしまう可能性が…。


【2007/05/18 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
細胞生物学試験終了

カズさんはやっぱり最高のキングだと再認識。

・眠気覚ましの代償、200mgのカフェインが引き起こす胃痛と戦いながら細胞生物学試験終了。今回はReceptor(受容体)やCytoskeleton(細胞骨格)と、以前にも習ったことがある範囲だっただけに中々の好感触。"カロリー制限によって生物が寿命が延びる仕組み"に関る遺伝子(Sir-2)の話も飛び出し、興味深い内容でした。

・食品毒物学は、微生物のお話。ノロウィルスは米国でも食中毒のトップを走っている模様。その他微生物や、それに冒された患者さんの素晴らしい写真の数々に心地よく食欲を減退されました。ホント、料理をする際はよく手を洗って、よく火を通しましょう、ってことですな。


【2007/05/16 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
本日のLab

・一過性に間違いないTOTO-BIGフィーバーになんだかなあ、な火曜日。まあ天下りの方々にはありがたいアイテムなんでしょうが、今回物凄いことになるであろう売り上げの内、何パーセントがちゃんとサッカーやスポーツの振興に使われるのかを考えると…。

・本日の実験は先週の続き。今回はコーヒーのサンプルをSPMEと言う超手抜きアイテム(注射器のような道具の先端に針状の繊維が付いていて、それを溶液に漬すだけで物質を抽出できる)で溶出して、GC-MSで分析。こんな便利な道具、もっと早く使わせてくれたらよかったのに…。

SPME

・GC-MS自体は以前から何度も使ってる機会なので特に問題なし。ただ、この実験のレポートを1週間後までに書き上げられるかが大問題です。なんせ同じ日に真核細胞分子生物学の試験が…。

GC-MS


【2007/05/15 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
食品毒物学試験終了

・ふとしたことから。日本の洋菓子屋のウェブサイトを次々とチェックしてしまい悶々とした気分に…。生産性の欠片も無い行為です。

・今日は食品毒物学の試験。植物や菌類の毒物や、保存料、着色料、酸化防止剤についてが範囲でした。このクラス、学べば学ぶほど食品添加物に寛容になって行きます。

・休む間も無く、引き続き細胞生物学の対策。やっぱり1クラスDropしておいて良かった…。


【2007/05/14 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・金曜日はEarthdayと言うことで、キャンパス内に多数の出店。ラヴ&ピースでトライバルでアーシーでヒッピーでマザーネイチャーな人々やグッズに溢れ、一瞬Berkeleyに居るかのような雰囲気でした。

・で、週末は試験対策の合間を縫ってJリーグ観戦。

Frontale!!

・アレマ・マラン戦に続き現地で観ている家族をうらやましく思いつつ、ヴァンフォーレ甲府vs川崎フロンターレをチェック。太平洋の向こう側からでも試合が見みられるこの幸せ、テクノロジーの進歩と善意に感謝です。さて、苦手な小瀬での試合は、甲府の厳しい寄せと細かい繋ぎの前にピンチ続出。それでも少ないチャンスをキッチリとものにし、森のJ1リーグ初ゴールもあって見事な逆転勝利。佐原の相変わらずっぷりとカードの多さは気になったものの、厳しい7連戦を好成績で切り抜けたことに拍手!!

・そして勉強に戻る…かと思いきや首位決戦の魅力には抗えず浦和レッズvsガンバ大阪まで観ることに。あー、2強対決と言う割にはちょっとあっさり目の内容でした。


【2007/05/12 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
クレープで朝食を

・昨日より若干涼しいとは言え、やっぱり32℃…。

・久々に学校で朝食をとる時間が出来たので、ハム・チーズ・マッシュルームのクレープを選択。結構いけました。奥の怪しい色のドリンクは"Vault"と言うCoca-Cola社製炭酸飲料。"Tastes Like a Soda, Kicks Like an Energy Drink"のフレーズ通り、一本につき120mg程のカフェインが入っています。

クレープ

・先週このblogでも触れたペットフードのメラミン汚染問題。汚染範囲が豚の飼料、鶏の飼料と来て、魚の飼料もアウトだったというところまで広がっている模様。人間に直接的な害の無い物質の話だとは言え、やはり極々少数の企業の犯す間違いがここまで広範囲の影響を及ぼすのは本当に凄いというかなんというか…。巷ではバイオテロの予行演習だなんて陰謀論すらささやかれており(今回のケースにおいては万に一つもありえない話だとは思いますが)、人々の"食への不安"を改めて浮き彫りにしています。


【2007/05/09 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール、ミッドウィーク編 祝!! 川崎フロンターレACLグループステージ突破!!

・祝、川崎フロンターレACLグループステージ突破!! 日本のクラブチーム史上初、と言う"はつのり"だけでなく、今季の全グループ中でも突破一番乗り、と言う"はつのり"でもありました。おかげでespnにまで記事が(ロイターのですが)掲載され、非常に感慨深い気分にさせられます。そしてこの"はつのり"T-シャツ500枚限定で売り出す模様ですが、元ネタの"あいのり"を見たことが無い人にはなんとも…な感じですなぁ。どちらかと言うとその下の"ASIAN FINAL ROUND"の文字の入ったタオルマフラーの方に惹かれます。ところで、米俵似合いますねぇ、川島選手

・それにしても3年前はJ2を闘っていたチームが、いまやアジアを制する為の闘いで結果を出しているんだから。いっそこのまま優勝してクラブワールドカップでリヴァプールorACミランを倒すところまで行ってしまってください、是非!!

・一方、ニンニク注射問題で揺れた我那覇も、自粛分込みでの6試合出場停止と厳罰を回避。一時は某どっかのキャプテンが半年出場停止が妥当、などと言い放ったせいでかなり焦らされましたが、今はホッと胸をなでおろしています。正直ドイツW杯大敗に関してなんら自らを正すような処分をしていない人間に、あれこれ口を挟まれるのは心外なんですけどねぇ…。という訳で我那覇は19日の大分戦から復帰予定、足首の故障を癒す時間にもなったでしょうし非常に楽しみです。


【2007/05/09 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
本日のLab

・という訳でLab Report作成に夜を費やし、結局睡眠時間は90分。ホント、時間配分は計画的に…。

・本日のLabはコーヒーの成分分析。希釈したコーヒーを濾して、LC/MS (Liquid Chromatography / Mass Spectroscopy)と言う分析機械にかけるだけのシンプルなものでした。下の写真はそのLC/MS、お値段は一台3000万円程だとか…。とりあえず今日は壊さずに済みました。ちなみに、部屋の明かりが黄色いのはUVに当てちゃいけない物質を扱っている為だそうです。

LC-MS


【2007/05/08 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
月曜日なーのに機嫌悪~いのどうするよ~♪

・最高気温が20℃に届かない週と、30℃を超える週が交互にやってくる不思議な気候。今週は暑い方な模様で、日差しも力強くなり通学バスに出来る影も中々に濃ゆい感じに。

バス

・てなわけで現在34℃。友人としていたLabに関するマジメな会話が1分でグダグダになる暑さでした。今からこれだと、夏が非常に不安也。

・学校から帰宅後はひたすらLab Report作成作業。先週末はDSの"世界樹の迷宮"を始めたり(まだ地下4階ですが、メチャクチャ面白いです)、多摩シコを堪能したりしただけで終わった為にエライことになっています…。


【2007/05/07 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ペットフード汚染問題に関するセミナー / 本日の"The Making"

・本日は食品毒物学のクラスにゲスト講師。件のペットフード汚染問題を最前線で調査している学内の動物毒物学者が、多忙なスケジュールの合間を縫ってセミナーを行ってくれました。

・これまでにニュースでも取り上げられているように、中国産小麦由来のグルテンがメラミンに汚染されていた(しかもアミノ酸価を高く見せるために故意に混入した可能性がある)のが原因というところまでは突き止めたものの、実際のところメラミンと言う毒性の低い筈の物質(LD50 oral rat > 3g/kg)がなぜ今回のような犬猫の死亡事故を引き起こしているのか、そのメカニズムは不明な模様。分かっているのはメラミンとその派生物からなる奇妙な結晶が飼料や患畜から発見され、どうもそれが腎機能不全と関連性があるらしい、というところまでだそうな。

・さらには小麦以外にも米由来のグルテン、さらにはトウモロコシまでも汚染元だったことが判明。汚染先の範囲も犬猫用ペットフードだけだったのからブタの飼料へ、さらに鶏の飼料へと拡大を続けており、その豚や鶏を食べた消費者まで見つかっていて関係者は頭痛が止まらない模様。現時点で人の口に入る製品に直接メラミンが混入している可能性は極僅かだそうですが、ペットや家畜の世界は十分パニックです。実際大学内も畜産業者や動物病院からの電話が止まない模様。

・これは現在進行形の問題であり、解決法もまだ見つかっていない為、ゲスト講師の方も"事態を収拾するなんかいい案無い?"と生徒に逆に聞くような状況でした。LA Timesによれば今日現在の犬猫の犠牲者数は8500匹。中国の(今のところ)たった一社の間違いが、北米中を騒がす事態を引き起こす、厄介な話です。食べ物のチャイナリスクは本当に勘弁して欲しいものですなぁ…。

・工場見学に行きたくなる"The Making"、本日視聴したエピソード達は…。

・第204回 - "コアラのマーチができるまで"。生地メインの内容。"コアラ型チョコ菓子ができるまで"とぼかしているんですが、バレバレです。やはり原料にコアラは入っていない模様。工程が完全に機械化されていてピタゴラスイッチ的楽しみがありました。

・第66回 - "きのこの山ができるまで"。チョコレートメインの内容。これも"チョコレート菓子ができるまで"、と言うエピソード名なんですが、やっぱりバレバレ。お菓子自体もそうですがパッケージングにも感心しました。

・第33回 - "コンビニエンスのお弁当ができるまで"。見るのを少し躊躇ったエピソード。(添加物のRisk/Benefit Analysisの問題はここでは置いておくとして)、保存料や防腐剤といったものが登場するシーンは無く、意外と大丈夫でした。手作業率高し。焼きそばを作るシーンはちょっと笑えます。

・第178回 - "コーンの缶詰ができるまで"。ウチの弟必見。一瞬にして芯と粒が分離される場面からしてインパクト大。今日見た中で一番面白かったかも。


【2007/05/04 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Yes!! Warriors!! / The Makingにハマる

・YES!! YES!!! YES!!!! まさか、第8シードのWarriorsが第1シードのMavsを破るなんて!!!! 嬉しい驚きなんてものでは表現できないくらいの衝撃です。本当に、本当に素晴らしい。このままどこまでいけるのか、本当に目が離せません!!!!! Go Warriors!!!!!!

・ところで、日本のサイエンスチャンネルで放送されている15分番組"The Making"に大ハマリ中。これは砂糖やマッチからボーイング777や原子力発電所に至るまで、毎回様々な「モノ」の製造過程を映像で追った非常に個性的なプログラム。ナレーションは無く、環境音楽的なBGMと字幕による解説、そして"現場の音"だけで淡々と綴られるのみ、15分と言う短さもあって一本見始めるとついつい他のまで見てしまう高い中毒性があります。

・素晴らしいことに、これらのエピソードの殆どがネットで無料で公開されています(それどころか他の番組も大多数が無料視聴可能です)。興味を持った方は是非チェックしてみてください。ただし見過ぎないように程々に。本日自分が見たのは…。

・第151回 - "ひよこまんじゅうのできるまで"。まんじゅうに目を付ける機械、"目付け機"が衝撃的です。

・第72回 - "柿の種ができるまで"。ほぼ全工程自動化されていました。焼く前の生地をみてると何故か痒くなります。

・第144回 - "バウムクーヘンのできるまで"。かなり手作業率高し。最後に切り捨てられる端っこの部分が美味しそうで美味しそうで…。

・第130回 - "ピンポン玉のできるまで"。こちらも手作業率高し。一つ作るのに4ヶ月かかるものだとは…。


【2007/05/03 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
本日のLab

・明日の環境毒物学の試験を乗り越えれば、ひとまずテストラッシュは終了。少しだけ楽になる時間が出来そうです。

・Lab、本日はタバコの煙を減圧した容器に吸わせて、中の溶液に溶け込んだ有害物質を測定する実験。

ちょっと間抜けな構図

煙で真っ白になる容器と、溶け込んだ物質で真っ黄色になる溶液、これと同じことが人間の肺でも起きているのかと思うと…。

真っ白

・んで実験中に漏れてきた煙を吸ってしまい(Fume Hood内での作業だったのに何故?)、途中から体調不良。ここしばらくタバコに晒される事の無い生活だったので、かなり耐性が落ちていた模様…。でも試験対策は頑張ります…。


【2007/05/01 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |

04 | 2007/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。