BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
世間はハロウィンなれど…

・例の栄養学の課題、みんな凄い結果に。平均摂取カロリーが4000Kcalに届こうという人、食物繊維の摂取量 0gの人、全然ヴィタミンの足りない人…。ある程度健康への意識が高いと言われてるコミュニティでこの結果なんだから、他だともっと酷いことになってるのでしょう。アメリカの食事情の深刻さを垣間見たひととき。

・講義の後、専攻と来期のスケジュールについてカウンセラーと相談。遺伝学の内容が非常に面白い為、生化学をやりつつ遺伝学も専攻にしたいと申し出たところ、"あまりにキャラの近いもの同士でDouble Majorにすることはできません"とのつれないお返事。まあそうだろうなと言う気はしてたんですけどね。正直取り扱ってるものは殆ど同じで、視点がやや違うと言った程度の差ですし、プロの研究者になるにはどちらも良く知っていないと話にならない筈。まだ専攻を選ぶまでは時間があるので、じっくり考えるとします。

・良く考えたら今日はハロウィーン。奇妙奇天烈は格好をした人々がキャンパス中、いや街中を闊歩する中、自分はジムでシューティングしたりとごく普通に過ごしていました。仲間内の多くもパンプキンパイ食べるくらいで後は何もしないといった按配で、平均年齢の高さが滲み出る結果に。みんな大人になってしまったのねぇ…。

・夜は友人と中東料理屋でご飯。ここも中々に美味なり。

ケバブ


スポンサーサイト
【2006/10/31 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
NBA 2006-2007 Season開幕

・ついにNBA 2006-2007 Season開幕…ってもうそんな時期!?

・TNTで中継された開幕戦CHI at MIA、PHX at L.A.Lはどちらも意外な内容に。CHI at MIAではBullsが前年度チャンピオンを終始圧倒、アウェイでHeatを108-66と一蹴してしまいました。お次のPHX at L.A.Lも当初の予想とは裏腹にコービー抜きのLakersが健闘、第1QこそSunsに支配されたもののL.オドムらの活躍で逆転に成功し106-114で勝利。うーん、波乱のシーズンになるかも。

・一方昨季は大きな失望をもたらしてくれたWarriors、今季はD.ネルソンHC就任という最後のカードと共に臨みます。しかしそんな後の無いチームに対してシーズン開始前から暗雲。プレシーズンではオフに抜けたD.フィッシャーの穴埋めに四苦八苦、さらに怪我人が相次ぎ開幕戦に誰が間に合うのか不透明な状況に。膝を手術したJ-Richやプレシーズンで鼻を折ったT.マーフィを含め一応スタータークラスは全員出揃う見込みですが…不安也。

・さらに大きな追い討ちだったのがTV放映権。ローカルでG.S.の試合を放送するFSN Bay AreaはここSac周辺でも映ります…が、なんとWarriorsの試合だけ他の番組と差替えに。どうもローカル中継は一地区一チームと決まっているらしく、このエリアではSacramento Kingsの中継しか見られないみたいです(L.A.はどうなってるんでしょう?)。これは非常に痛い…。ひょっとしてバスケに現を抜かしてないで学業に集中しろと言うお達しなのでしょうか…。


【2006/10/31 23:59】 Basketball | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
だんだん寒く…

・一日の最低気温5℃、最高気温25℃という着るものに困る季節もそろそろ終了。自転車に乗る際に手袋をしたくなる寒さとなってきました。

・栄養学の課題で3日ほど食事の記録をとり栄養価の偏りを調べるというものがあり、少々苦戦。栄養データの入手難度を気にせずにザルうどんやらノリやらキムチやらアジア飯を食べまくった結果、英語の資料を全然見つけられずえらい苦労しました。先生がくれるデータはファストフードや冷凍食品がやたら充実したものばかり、恐らく殆どの学生はこれだけで事足りるのでしょうでしょうが、その時点で相当不味い食生活なのでは…?


【2006/10/30 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・水曜日、セリエAはミッドウィークの試合を開催。インテルはホームでリヴォルノを迎え撃ちました。ここで最高のインパクトを残したのは久々の出場となるA.レコバ。試合開始直後から2得点に絡み虹を描く左足の健在ぶりを見せつけ、さらに前半30分で足を痛め交代、その左足のガラスっぷりも見せつけてくれました。歯の治療が終わって怪我をしやすい体質も直ったと聞いていたんですが…。最終的には快勝となったものの、何かしらネタを披露しないと気がすまないこのチーム、ある意味最高です。

・今週末はCLの関係でビッグクラブの試合が土曜に集中。それぞれの試合時間がかぶっている為、バルサvsレクレアティーヴォは前半だけチェック。得点はPKによる1点抱けながら、ロナウジーニョ&チームに復調の兆しが見えました。やはりM.ジョーダンに会った効果でしょうか? ミラノダービーのHT中に戻ってきたらリードを拡大していたので一安心、クラシコのショックを引きずってはなさそうです。ただ次のチェルシー戦に期待を抱けそうな内容かと言われれば…。

・お楽しみのミラノダービー、C.アンチェロッティ率いる"無"攻撃サッカー炸裂か、マンチーニの謎采配による自滅サッカー爆発か、などと言っていたら両方を堪能できる贅沢な一戦に。前半のミランが繰り出した"全く得点の匂いがしない攻撃 feat.ピッポの1トップ"はまさしく期待通り。一方インテルは後半に大技、M.マテラッツィが"3-0とする決定的なヘッド+シャツを捲って退場"と言う非常に珍しいコンボでピンチを無理やり招きます。さらにマンチーニが追撃、P.ヴィエラが足を負傷し交代のサインを出すも無視(これは代わりのセンターが一人も居なかったと言う台所事情を考えるとしょうがなかったのかもしれませんが)。おかげで後半ロスタイムに4-3まで追いつかれると言うとてもドラマティックな展開となりました。試合終了後、無邪気に大はしゃぎするマテ兄貴、コーチ陣に向かって怒鳴り散らしているP.ヴィエラ&突き飛ばされるミハ、なんともインテルらしい一戦です。火曜のモスクワが楽しみなような怖いような…。

・本日最後はヒムナスティックvsマドリー。こちらはまたもつまらない90分。マドリーはF.カンナヴァロの悪質ファウルでPKを取られ1点ビハインドとなるも、ロベルト・カルロスのFKなどで淡々と逆転し、大して見所も無いうちに勝利を収めていました。襲い掛かる眠気、F.カペッロ恐るべし。


【2006/10/28 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
生化学試験

・生化学の試験も無事終了。そこそこの手ごたえはあったので、多分大丈夫でしょう。なんにせよ、この2週間を生き抜けたのが嬉しいです。

・一通り試験を受けることでエンジンもかかり始めましたし、ここから波に乗っていけそうな予感…もしくは願望。

・それと、安心した、と言うか"な~んだぁ"と思わせてくれたのがStudy Sessionでの他の生徒の言動でした。ここに来てからというもの、教室に居る全ての生徒が優秀そうに見え、ひょっとして自分だけかなりレヴェル差があるのではないかという不安が心のどこかにあったんですが、それが見事にWiped Out。どこの学校で全員が超優秀なわけではなく、色々なレヴェルの人が居るみたいです。あー、良かった…。


【2006/10/27 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
遺伝学試験(危うく寝坊)

・今日は遺伝学の試験。昨晩根詰めて勉強した結果、眠りから覚めたのが試験開始20分前。それはもう武里戦の桜木の如く全速力で自転車漕いでギリギリセーフ。危なかった…。手ごたえのほうはまあまあ、もっと難しい試験が出ることを覚悟していたのでやや拍子抜けした側面もありました。

・夕方からは明日の生化学の試験に向けてのReview Session。今回はTAではなく、先生がどんな質問でも答えます("明日の試験問題は何?"は不可)コーナーに。1時間半ほど様々なトピックスについての解説を聞き、帰宅。準備完了…かな?


【2006/10/26 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
試験対策中

・講義のmp3を繰り返し聴いてStudy Notesを作ったり、友人と集まってSample Midterm Examを解いたり、TA主催のStudy Sessionに行って内容の確認をしたりと試験対策中。学校側で様々な手助けをしてくれるのだから、有効活用しないと…。


【2006/10/25 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・Jリーグ終盤戦、川崎は浦和と対戦。最も嫌なアウェイの一つとは言え、優勝を考えればここで勝ち点差を広げられるわけには行きません。さすがに映像をリアルタイムで見ることは出来ませんが、テキストライヴに目を凝らして応援してました。そして結果はドロー、まあ上出来かも。この試合は是非生で見たかった…。

・一方昇格争い真っ最中の横浜FCは湘南戦でカズが4ヵ月半ぶりの得点。前節でもキレキレだったそうで、この人の凄さを改めて実感。Kazuは何時までもKingです。

・ちょっと時期が早すぎる気もするクラシコ。2年連続でサンティアゴ・ベルナベウの客から拍手を送らせられるかという期待と共に観戦。…しょっぱなのラウルの先制パンチはともかく、後半にF.ライカールトが行った3-5-2へのシステムチェンジは完全に失敗に終わり自滅。ロナウジーニョも酷い出来で非常に残念です。好材料といえばL.メッシはクラシコにおいても輝いていたという点くらいでしょうか…。あー、試験勉強しなくてはいけないのに立ち直れない…。


【2006/10/22 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
National Clonal Germplasm Repository, Davis訪問 / 栄養学試験

・例の絶滅危機の植物を考えるセミナー、今回はNational Clonal Germplasm Repository, Davisを訪問。前の学校ではこういうところに出かける際全て自力だったのですが、今回は学校所有のマイクロバスで移動。些細な事ながらひそかに感動です。

看板の向こうには何もなし

・USDA(米国農務省)直属のこの機関に与えられた役割はいわゆる"植物の遺伝子バンク"。米国内36箇所に散らばる施設に世界中から様々な植物を集め、その遺伝子を分析しクローンとしてストックしています。そしてそれらデータベース化された植物のGenotypes(遺伝子型)は、学術的な研究や農業向けに公開されているそうな。ちなみに今回訪れた施設で最も重要視されていたのは葡萄、下の写真のように網に覆われた状態で6000を超す遺伝子型が管理されているとのこと。他には桃やウォルナット、キウィなんかも。

害虫除け

・葡萄の近縁種なんかも色々と栽培されていました。これらは商業向けではなく、植物遺伝学の研究用。

世界中から集合

・敷地内では綺麗な薔薇も花を咲かせています。しかし、ここでのこの花の役目は人々の目を楽しませるのがメインではありません。葡萄より病気や害虫に敏感なので、近くに植えて"炭鉱のカナリア"的なセンサーとして使われているんだそう。

真っ赤

・あと、黄色いテープに囲まれた柿の木もありました。これらは植物検疫の最中で、輸入してから2年間はこうした施設内で栽培。病気などを持ち込んでいないか様々なチェックを受けてから晴れてアメリカの地を踏めることになるとのお話。

柿8年

・というわけで2時間弱でざっとアメリカでの植物管理のシステムを学んで解散。駆け足ながらも中々興味深いツアーとなりました。

・夜は栄養学の試験。内容自体は非常に簡単だった為、雰囲気に慣れるための練習としてはうってつけだったかも。この学校でも何とかやっていけそうです。


【2006/10/19 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Sashimi

・学校に行く直前に自転車前輪のフェンダーが壊れ、仕方ないのでそれを外して出発。で、湧き上がったのが"ひょっとしてフェンダー無い方が速い?"という疑問。いつもよりペダルが軽かったような気がしたんですが…とりあえず直さないで様子を見てみることに。

・夜の8時に再び学校へ。木曜の栄養学の試験に向けたTA主催のStudy Sessionで、1時間ほど様々な計算式の使い方を復習して終了。明日の夜は様々なコンセプトの復習をするそうな。どの授業でも大体このようなReview Sessionが設けられているそうで、講義のPodcast配信と合わせてプログラムの充実度を感じさせてくれます。ただ、こんなに至れり尽くせりということは、裏を返せばそういったフォローが必要なほど内容が難解とも受け取れるわけで…試験が怖いですなぁ…。

・夜9時を回った帰り道、さすがにキャンパスの教室は大体明かりが消えてるのですが、ラボの入ってる建物はどこもかしこも煌々と灯っていました。サイエンス専攻って大変なんだなぁ、とそれを眺めながら思った次第。

夜の校舎

・そんな最中、頑張ってる(?)自分に友人から御褒美。お刺身の盛り合わせの夕飯を頂きました。脂の乗ったハマチ、水っぽさの全く無いマグロ、香り高いスモークサーモン、etc..。それらをオリジナルブレンドの醤油に漬して食べてる間、口の中が幸福感に包まれます。本当にご馳走様でした。

多分北Calで一番美味


【2006/10/16 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今週のフットボール

・水曜学校終了後、A杯2007予選日本vsインドがどうなったかネットをチェックしたら話題は"犬~!!"ばかり。某所では

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2006/10/10/KFullNormal20061010037_p.html
ピッチの状態を確認

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/photo/200409/im00003157.html
明日に備えて仮眠

http://vista.undo.jp/img/vi6057567893.jpg
晴れ舞台

なんて情報も。非常にプロ意識の高い選手です。それはともかく、そして"また停電~!!"とか試合内容は置いといて(ハイライトだけではなんとも言えないですし)、ケンゴ代表初スタメン&初ゴールオメ!! そのまま定着しちゃってくださいまし。そして俊輔と中盤を形成し、相手選手を大混乱に陥れたりして…すでに一部メディアは混乱してるようですし。

・そして土曜日、起床後開いたニュースサイトに"俊輔、ハットトリック!!"の文字が。日本サッカー史上初の欧州CL得点者に続き、日本人初の欧州リーグ戦ハットトリック達成者となったそうです(そういえば稲本のハットトリックはインタートト杯でした)。しかしハイライトを見て何よりも印象に残ったのは同僚のJ.ヘネフォール・オフ・ヘッセリンクとJ.ヤロジクの大きさ。元セルティックのJ.ハートソンといい、相変わらずサッカー以外のスポーツをしてそうな選手が居るチームですなぁ…。

・で、R.マドリーvsヘタフェでも見るかとネットTVに接続したところ、画面に映ったのはGKユニに身を包んだチェルシーのJ.テリー。どうもこのレディング戦で正GKのP.ツェフ、控えのC.クディチーニが次々と負傷退場、交代枠を使い切ってしまったゆえの苦肉の策だった模様。両GKのCLバルサ戦出場は絶望的だそうな。せっかくのCL大一番なのにバルサもS.エトーが不在、勝っても負けても何かが引っ掛かる試合になってしまいそうです。

・そのR.マドリーvsヘタフェ、なんかもう普通にヘタフェのほうがいいチームで、喜んで良いやら残念がって良いやら。こんな情けないメレンゲとのクラシコを迎えてもイマイチ盛り上がりません。バルサにとってこの2週間は最も過酷で、最も気合が入る時期になる筈だったのになんだかグダグダのうちに終わる予感が…。

・今日はバルサvsセヴィージャのビッグマッチ!! しかしセヴィージャ側の放映権問題で世界中のどこでもTV中継がありません!! 当然ネットでも見られるはずがなく、テキストライヴで経過をチョボチョボと確認するのみ…。

・結局今週のフットボールは日本人がらみを除くとスッキリしない話題ばかり(インテルも勝ったは良い物のアドリアーノが完全にダメになってるし…)。来週は果たしてどうなっているのやら…。


【2006/10/15 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
勉強進まず、でも充実

・勉強しよう、しようと思うものの中々はかどらない週末。夕方気分転換に学校のジムでバスケ。前の学校からの友人と久々の再会をし、雑談しながらシューティングや軽いゲームに汗を流してきました。

いい汗

・その後近所の友人とDowntownにあるハワイアン日本食屋で夕飯。ここのチキンカツはかなり好みです。色々とサーヴィスしてもらって、満足感と共に帰宅。結局殆ど勉強が進んでいないのは秘密。

ヴォリュームたっぷり


【2006/10/14 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
UC Davis Arboretum訪問

・栄養学のセミナークラスをDropし(レクチャーは受講)、代わりに絶滅危惧植物に関するクラスを取る事に。言われてみれば"絶滅の危機"といった話題において注目を浴びるのは動物ばかり、しかもその大半が哺乳類 or鳥類といったアンバランスさ加減。実際問題植物の方はどうなってるのか、興味深いところです。確かCaliforniaはHawaiiに次いで植物の種類が多く、しかもそのうち30%が州固有の種だったはず。それを考えると、結構ピンチな植物は多そうです。

・そのクラスの一環として本日はUC Davis Arboretumを訪問。Arboretumっていうのはいわゆる植物園のこと("arbor"はラテン語で"木"の意味)ですが、こちらはちょっと変わっていて大学の南側一帯に普通にコレクションが植えられており、キャンパスの一部として溶け込んでいます。園内外を分ける仕切りも無いため出入りは自由、当然入園料も必要ありません。非常に開放的です。

・そんな気軽なアクセスながら、100エーカーの敷地に4000種以上の植物が展示(大体東京の小石川植物園こと国立大学法人東京大学大学院理学系研究科付属植物園と同じ位)され中にはレアモノや絶滅危惧種もごろごろ。生き物系に強い学校だけに、さすがといった感じです。今回は州ネイティヴの植物を中心に2時間ほど見て回りました。当然全部回りきれる訳はなく、敷地内のほんの一部を見ただけで時間切れ。時間のあるときにまた訪れたいと思います。

・今回目に付いた植物を幾つか紹介。まずはSan Fernando Barberry a.k.a.Nevin's Barberry (Berberis nevinii)、立派な(?)絶滅危惧種です。元々LAやSan Diego周辺にたくさん生えていたのですが、用地開発で野生種は殆ど姿を消してしまったとのこと。初夏になるとつける実は非常に美味だそうで、是非食べてみようと決心した次第。

美味しいらしい

・次はBakersfield Cactus (Opuntia treleasei)。その名の通りBakersfield近辺では珍しくなかったサボテンも、やはり都市の発展等で生息地を失い絶滅危惧種に。サボテンというと厳しい環境に強いイメージですが、意外と苦労してるみたいです。

意外と苦労人

・あと別にレアとかそういうことではないんですが、道中に太い枝がボッキリ折れてしまっているOak Treeが。今夏Californiaを襲った猛暑の影響で、こうなってしまったそう。木の中での水分調節が上手く行かなくなるのが原因と考えられているものの、詳しいメカニズムはまだよく分かっていないのだとか。木陰で涼んでる時にこんなん降って来たら…。

痛々しい

・なんだか地味な植物ばかり載せてますが、園内は美しい植物も多く綺麗な景色も広がっていました。今にして思えばそういうところの写真を撮ったほうが良かったかも。まあ、それはまた今度。


【2006/10/12 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
お別れの刻~ネックストラップ編

世代交代

・渡米直後に語学学校で貰って以降ずっと現役だった赤いネックストラップキーホルダー、その一品についに世代交代の刻がやって参りました。まあ、単に脱着プラグ~首に掛ける部分を失くしてしまい、買い替えを余儀なくされてしまっただけのことなんですが。経緯はともかく、本日を持って色々と思い出の詰まった語学学校のロゴの入りストラップは、今の学校のロゴが入った青いピカピカのストラップにその役目を引き継ぐことに。下らないきっかけながら、結構感慨深いイヴェントに…なっているんでしょうか?


【2006/10/09 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
B.カートライトはモテないのか?

奥の建物にシュワが…

・AJ V Grapesはどうなってるのやら、ということで友人とSacのモールへ。店に事情を聞くと、相変わらずいつ入荷するのかさっぱり不明だとのこと。しかも数が減らされてしまったらしく、店員はNikeに半ギレ状態。確かに最近のNikeは限定モノ商法&小売店に対して不誠実な対応が目立ち、気になります。他の業界の例を鑑みても、そういった態度は得策ではないと思うのですが…。

・その後、Mikuniで働く友人と合流してスタバでChill。やはりSacで最もメジャーなレストランの一つということで色々有名人も訪れるらしく、彼も過去にC.ウェバー相手に寿司を握った経験があるとか。また、B.カートライトと盛り上がって仕事の後飲みに行き、行った先のクラブでビルが全然モテナイ様を目の当たりにしたそうな。この微妙な知名度がリアルです。そんなおバカネタは置いといて、実際は結構マジメな相談。色々考えさせられる内容でした。

・夜なんとなくTVをつけたら北朝鮮が核実験したらしいとかで大騒ぎ。まだ真相は明らかでないものの、各ニュースチャンネルはガンガン恐怖を煽ってくれています。さてさて、どうなることやら…。


【2006/10/08 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
The Ig Nobel Prizes 2006

・夕方、前の学校からの友人とダウンタウンのBorders(カフェ付き大型書店チェーン)に集まって遺伝学の勉強。課題の答えあわせ等をチャチャッと1時間でやる予定が、気づけば3時間経っても終わる気配なし。敗北感を抱きつつ解散。やはり新しい環境は手強い…。

・今年もIg-Nobel賞発表の季節がやってまいりました。今回の受賞者と研究の一覧はこちらに。しょっぱなの"なぜキツツキが頭痛をしないか"の研究からして爆笑、カリフォルニア大も中々やりますな。個人的には"黒板を爪で引っかいた時に発生する音が嫌われる理由についての実験"が気になります。太古人類がサルだった頃、危険が迫ったときに発する警戒音があんな感じの声だったため、今に至ってもその音を聞くと嫌になるのではないか、と言う話を聞いたことがありますが真相は不明。機会があったら論文をチェックしてみたいと思います。


【2006/10/07 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
図書館へ / 友人宅でパーティ

「顔面タランチュラ」は勘弁

・試しに(?)、図書館で勉強。1時間後、ふと某TV番組の"サイレント図書館"シリーズを思い出してしまい集中力崩壊。まだまだ修行が足りません。

・夜近所のデザイナーの友人宅でカジュアルなパーティ。ところがゲストの中に超有名バイオ企業で働く人たちが居て、なんだか硬直してしまいました。キャンパス内をテクテク歩いていそうな普通の学生っぽい雰囲気の人達が、実は優秀なLab技術者。いつかああなれるといいなぁ(って、2年後にはそうなっていけないといけないわけで…)。色々と無口になって考えさせられる夜でした。

【2006/10/06 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ゴール前スプリント

・段々と自転車通学にも慣れ、帰り道に「自宅付近で思いっきりスプリント→到着と同時に酸欠で行動不能」という意味不明なルーティンを繰り返す毎日。打倒R.マキュワン。

・キャンパス自体には未だに慣れず、昼食をとるにも一苦労。校内のカフェテリアとかファストフードチェーン店ではない、美味しい何かを求め探索中。授業の方も今のところは問題なし。しかしこれから本格的な講義内容になるにつれてレヴェルがあがっていきそうです。果たしてついていけるのか、不安が盛りだくさん。


【2006/10/05 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
どのNBA?、どちらのMTV?

・細かすぎて伝わらないモノマネ選手権9(見たい人はYouTubeへ)に出てきた鷹匠スターシリーズが気になりググってみたところ、日本鷹匠協会の略称がJFAであることを発見、まさか川淵さんの所と被ってるとは。間違えてこちらの本部前で解任デモを起こさぬようご注意を。それにしても日本ビリヤード協会日本バーテンダー協会のNBAに次ぐ意外な略称被りでした。あと、日本バックギャモン協会のJBL、ドイツ物理学会のDPG、三重テレビのMTV辺りもちょっと面白い(wikipediaによると、音楽チャンネルの方のMTVが日本に進出する際、三重テレビから"MTV"の使用許諾を獲得した経緯があるそうな)。まあ、だからどうしたと言われればそれまでの話なんですが。


【2006/10/02 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |

09 | 2006/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。