BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
2004-11-05 (Fri)

・人生の中で"~冥利に尽きて"みたいと思う今日この頃。男冥利でも、学者冥利でも、社員冥利でも何でもいいけど、価値を実感してみたいなぁ、と思います。そのためにも自分の中に何かひとつ"Special"なものを持たないと…。


スポンサーサイト
【2004/11/05 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
NBA UTA at G.S.観戦

・少しはアクティヴに動こうということで、Warriors vs Jazzを見にスタジアムへ。半年以上ぶりです。水曜の惜敗から、今日は結構いけるかなと思ってたんですが大間違い。第1Q、前回と同じような息の合わなさで瞬く間に10-2とリードされ、 さらにディフェンスエンドで相手ガード陣に次々とオープンショットを決められる羽目に。 インサイドでもブーザーをとめる術が無く、オフェンスエンドでもAK47に2発インサイドでブロックを被弾。 一時24-6と悲惨としか言いようの無いスコアに広げられました。 しかし、控え選手に交代してからフィッシャーのゲームメイク、 そして何よりナハラのひたむきな頑張りがチームを精神的に持ちこたえさせました。 第2Qに入るとこの日も不調のJ-Richにかわったチェイニーがスピンムーヴからのインサイドショット、 そしてベースライン沿いにきれいなドライブを仕掛けてのダンクでチームに勢いを付けます。 クリフ、デイヴィズ等のディフェンスの奮起もありここから差を詰め始め、 オフェンスエンドでフィッシャーが3ptsとドライブからのレイアップを2本沈め一気に接近。 キリレンコのファウルトラブルの時間をうまく利用して46-40間で詰めました。 後半に入ってスターターが多少調子を取り戻し、J-Richがベースラインからのスラムダンク、 非常な高さを見せたアリーウープ、そしてなによりジャンパーを一本沈める活躍。 ダンリーヴィーの3pts、そして何よりチームディフェンスの改善が点差を2点まで縮めました。 このまま盛り上がるかと思いきや、この日不調のマーフィーがさらに絶不調へとランクダウン、 フリーのゴール下を外し、レイアップを外し、なんとフリーのベースラインジャンパーをエアボール、 しまいにはダンクをキリレンコにブロックされます。この間にブーザーがインサイドで仕事、 ガード陣のショット(前半調子付かせたせいか、フリーじゃなくてもガンガン決められる状況)に ずるずると引き離され嫌なムードが。 選手を入れ替えてもかなり手遅れ感がただよってしまいこの後は一方的に点差を はなされて、実質第3Q残り6分で勝負がついた雰囲気。 マーフィーがインバウンドパスをミスしてTOしたときは目を疑いました。 大してプレッシャーを受けてるわけでもないのに、スピーディからかなり遠いところに放り、 それにスピーディがダイヴするも倒れこんでつかんだボールがちょうどサイドライン上。 観客のマーフィへのブーイングが最高潮に達してしまい、第4Qはじまる前にかなりの客が帰宅。 そのまま消化時間へとなってしまいました。102-80、こんな大敗をホームで見るのは実に久々な気がします。これで0勝2敗。 よかったことを拾うと、 控え陣は流れを変える力を持っている、 特にクリフのディフェンスはかなりの戦力。 そしてナハラは確実にチーム、そして観客にエナジーを与える選手。 後捨て時間に登場したシセ、ビエドリンズは思ったより使えそうな選手でした。 とくにビエドリンズはディフェンスがいいかもしれません。 内容と直接関係は無いですが、 ハーフタイムにアテネオリンピックのハイライト的なヴィデオが Dream On、Oh Happy Day、あと グロリア・エステファンがアトランタのときに発表した歌のBGMに あわせて流れていました。 日本勢では卓球の愛ちゃん、男子柔道の選手、 水泳のキタジマの映像が流れてました。 このヴィデオの後に、北カリフォルニアから出た オリンピック選手が紹介され、観客の喝采を浴びてました。



【2004/11/05 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
2004-11-03 (Wed)

・目の前には青空、振り向けば雨雲。そんな不思議な天気の中を帰宅しました。

・大統領選、結局ブッシュですか。決まった以上はちゃんとやるべきことをやってほしいです。少なくとも今のアメリカは立て直す必要のある状態なのは確かなんですから。

・今日はChemで月曜の失敗の埋め合わせ+データの計算。結局終わらせることはできませんでしたが、少なくともデータの回収までたどり着けたのでOKとしますか。Physicsの実験はレーザービームを使って光の波長を調べるもの。壁に映し出されるビームが微妙に動くのがかっこよく、なんか"ナイトライダー"を思い出しました。さてさて、Warriorsの試合が始まる前に宿題を片付けないと…。


【2004/11/03 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
NBA MIA at N.J. / POR at G.S.

・ついに昨日から開幕したNBA。しかし忙しくて観戦できず。ちなみに今年の個人的な注目ポイントは、G.ヒルの復活なるかです。メディアの注目はコービ中心になった新生L.A.Lakers。アナウンサーの"C中心のチーム作りは理解できますが、どうやってSG中心で優勝できるチームを作るんですか"の質問に"まず、L.ロングリーを取って、B.ウェニントンを取って、ブシュラー、スコッティでしょ…"とボケで返した解説に好感を持ちました。

・とりあえず今日のMiami at N.J.からチェック。試合開始早々、中にひきつけてから外という展開を成功させたMiamiが10点ほどリードを奪って試合の主導権を握ります。やっぱりShaqの効果は大きいですなぁ。しかし、1Q最大の盛り上がりは残り5:47の時点でした。腎臓病から一度は引退を余儀なくされたあの男、Alonzo "Zo" MourningがCheck in。観客の大きな声援を受けていました。腎臓保護用の特殊なプロテクターをユニフォームの下に身に付けたZoは素晴らしい動きを見せます。スクリーンをかけてからローポストに流れ、ボールを受けてパワームーヴ、そしてフックショットを成功させシーズン初FG。非常に感動的でした。しかしNets自体はJ.キッド欠場が響きゲームを作れず、点差を縮めることができません。第1Q終了時で29-15、第2QではMiamiの高いFG成功率が大差を呼び込むかと思われましたが、Netsのベンチ組、新加入のT.ベストとZ.プラニニッチが活躍を見せて喰らいつきます。そしてShaqがさがってる隙にベスト、R-JeffらのFGで差を詰め、46-41でHTを迎えることに。しかし後半に入ると再びMiamiが試合序盤と同じように引き離し、NJに追いつく隙を与えないまま74-56で第4Qへ。結局楽にリードを保ったMiamiがアッサリと100-77で勝利。ちなみにJay-Z来てました。

・続いて、FSNでPortland at G.S.(espnのLAL at UTAはパス)。試合を見ながらの自分用のメモなので読み飛ばしてください。地元TV局FSNでは70試合を中継し、その内30試合はHDTVでも放送するとのこと。そのインフラに見合うだけの試合を見せてくれることを切に願います。過去2年、Homeで51勝31敗。昨シーズンは27勝で93-94シーズンの29勝以来最多。会場が暗転した後、白いスーツを着たサンダーが指揮者に扮しし荘厳なクラシックが鳴り響きます。シーズンオープナーらしくメンバー全員の紹介も。スターターはM.ダンリーヴィー、T.マーフィー、A.フォイル、S.クラクストン、J.リチャードソン。試合開始早々8-2でビハインド。リードは許すものの、マーフィーがそこそこいい動きを見せてました。その後は一進一退の攻防。ジャンプしてルーズボールをJ-Richが救ったシーン、ダンリーヴィーの24クロックブザービーター、J-Richの速攻の流れで大盛り上がり。この後お互いのFGが30%台と決まらず、閉塞感を持ったまま第2Qに入りそうなところでJ-Richがクラッチタイムダンク。なんというか、普通のショットは決めてくれないのに盛り上がるプレイは成功させますなぁ…。第1Q終了時で18-16、S.アブドゥルラヒムが12点、M.ダンリーヴィーが8点。マーフィー、ゴール下でいい動きをしてファウルをもらってもなぜかFTがまったく決まりません。いったい彼に何が…。9分13秒にC.チェイニーのジャンパーで20-22と逆転。しかしTime Out明けD.マイルズにアリウープをもらい再び同点。ベンチから登場した新加入、ナハラはなかなかに人気者。今シーズンの"Energy Guy"になりそうです。第2Q中盤、立て続けにファウルを取られたダンリーヴィーが苦しくなりますが、そのままコートに立ち続け、2本連続で長距離ショット成功。チームに勢いを付けます。M.エリーが"このチームはプレイオフに出るようにできている"と発言したとのこと。ナハラからJ-Richへのアリウープで再び大盛り上がり。ベンチから登場したC.ロビンソンもいい動き、出ていきなり2回相手の攻撃を止め、FGを奪いました。再びばたばた。2Q終了間際にN.ヴァンエクセルが7.3秒のクラッチショット。しかしその後J-Richがファウルを受け2つのFTを沈めます。そしてマイルズが誰にも渡らないパスを投げ入れ、相手ゴール下からWarriorsのスローイン。これをマーフィーが受け取るも決められず37-39でHalf Timeへ。S.アブドゥルラヒムは16pts、M.ダンリーヴィーは13pts。HT Report、上記2選手の活躍と、ほかの選手の不調さにフォーカス。すでに実況は"どんなに醜くても、勝ってくれれば"と内容に関してあきらめモード。コーチによれば"ショット自体がまだ本調子じゃないことと、選手同士の意思疎通もまだまだ発展途上なのが原因"とのこと。M.ダンリーヴィーは前半0アシスト、J-Rich FG3/10(ダンク、レイアップ、アリウープ)これがG.S.のオフェンスの不調さを物語る。後半はM.ダンリーヴィーからT.マーフィへのいいアシストからフリーのジャンパーで幸先のいい得点。前半との違いは、ダンリーヴィーのパスが生きてきたことと(前半0アシストだった)、 マーフィの頑張りがFG等で報われ始めたこと。 さらに第3Q終わりごろにディフェンスが引き締まってきて 8-0のランを見せ付けられました。 第4Qの立ち上がり、フィッシャー、 クリフィー、チェイニー、ナハラ、ベンチ陣の動きが素晴らしく 非常にスムースにボールが展開。 唯一のスタメン、リチャードソンのところでボールが滞って見えたほど。 4q半ば、ヴァンエクセルの3本の3ptsにちょっと突き放されかけ、 残り4分過ぎにダンリーヴィーが5ファウルでベンチへ。 75-70からきれいなボール回しを経てのデイヴィズの得点、 フィッシャーのアウトサイド等で残り54秒で77-75。 ここでデイヴィズがFTをゲットするも2本ともミスするもマーフィーがリバウンド、 しかしその後のショットを沈められず結局残り38秒でPortlandボール、Time Out。 20秒、デイヴィズが身を投げ出してのパスカットをし フィッシャーがボールを奪取、15秒でTime Out。 スピーディからダンリーヴィーへのパス、そして3ptsを放つもエアボール。 Portlandのリバウンドに対しすぐにスピーディのファウル。 残り3.3秒でランドルフがFT2本目をミスし、残り3秒で希望をつなぎます。 しかし最終的にダンリーヴィーの3ptsは決まらず…。78-75


【2004/11/03 23:59】 Basketball | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
2004-11-02 (Tue)

・昨日はChemの実験で不幸な事故。ドモホルンリンクルみたいに溶液を一滴、一滴加えていく実験の最後の最後で、その一滴を垂らし続けるburetが壊れて滝の如くドバーー!! ええ、3時間が台無しになりました。先生が"これがChemistryだよ"と意味深な慰め方をしてくれました。結局明日同じことをやり直します。今度はちゃんとしたburetを選ぼう…。

・さーて、誰が大統領になるんですかねー。NFLのジンクスではケリー勝利らしいですが…。今日ちょっと投票に行かなかった友人に説教してしまったりして。


【2004/11/02 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
NBA Y.タブセ正式登録

タブセ選手のNBA正式登録実にすばらしいなぁ。でも、今までのスタッツ(プレシーズン中、4試合出場、平均12.8分、FG1/13で7.7%、3pts0/4で0%、FT2/4で50%、1.3RBD、1.3AST)や、espnでやっていたPHX at Sacのプレシーズンゲームでのプレイを見る限り、どうして残れたのかわからない内容だったのも事実。ただその試合でもTV局の注目度はとても高いものでした。英語でのインタビュー映像が流れたり(オレが偉そうにいうことでもないんですが、そこそこの英語力でしゃべれてました)、出場したのがGarbage Timeにもかかわらずいろいろなデータを出して彼中心の実況をしたりと第3PGとは思えない扱い。やっぱりもうちょっと実績を作って実力を証明してくれればすっきりしたんですが、本番での活躍に期待したいです。


【2004/11/02 23:59】 Basketball | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
CL バルセロナvsミラン

・今日は学校から帰って、真っ先にTV。バルサvsミランを前半の終わりぐらいから見始めました。ミランの固かったり緩かったりする微妙なディフェンスに対して、ゴールを脅かし続けるバルサまあ、時たま攻め込まれもしてましたが基本的に優勢守備の面でも相変わらずプジョル、バルテスらの偉大な頑張りでどうにかしてましたでもなかなかゴールを崩せず、これは1-1のままドローかなぁと思ってたんですが来ましたねロナウジーニョのスーペルゴラッソ!! うれしかったぁ…最高です。それにしても本当に胸にスポンサー入れるんですかね…。


【2004/11/02 23:59】 Football | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
R.I.P.

・遅れてしまいましたが、10/30はJMJの命日でした。歴史を作った偉人の早すぎる逝去としか言いようがありません。R.I.P.

・さらに訃報が…、Bay Areaを代表するMCにしてYoung Black Brothaの総帥、Mac Dreが11/1にKansas Cityで銃撃を受け死亡しました。自分にとってBayのシーンの凄さを気付かせてくれたMCの一人なので非常に残念です。R.I.P.そしてNo Mo' Blood...


【2004/11/02 23:59】 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
2004-11-01 (Mon)

・うぉい、いつの間にかもう11月ですか。もうすぐ2004年も終わりですか。まさに光陰矢のごとし…。残り2ヶ月、頑張って行くとしますか。

・先週末は学校の課題こなしたり、サンフラで買い物ツアーに出たり、友人宅へ遊びに行ったりして過ごしました。ハロウィーンだった昨日はカストロに行こうかとも思ったんですが、妥協してモールへ。それはそれで楽しかったです。あ、日曜日に午前2時が午前1時になり、冬時間になりました。したがって全部が1時間後ろにずれた生活になっております。そろそろLabから帰るとあたりが真っ暗、なんて事になりそうです。

・明日は色々大事な日、まずアメリカ大統領選挙投票日、そしてNBA 2004-2005シーズン開幕、さらにバルサがホームでミランを迎え撃ちます。試合を珍しく、本当に珍しく中継してくれるespnありがとう!! でももっと放送してくだせぇ…。


【2004/11/01 23:59】 Diary etc... | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
2004-11-01

・Newsy News…「恐竜絶滅の原因に新説 いん石衝突で黒焦げに?」。教科書の内容がまた変わる事になるかも…。


【2004/11/01 23:59】 Newsy News | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |

10 | 2004/11 | 12
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。