BQ Finest -Tokyo 2 California-
CATEGORY
MENU
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
Crepe House Uni [クレープ]

・最近、"おい、この街についにメイド喫茶ができたらしいぞ"と聞かされ、それとほぼ同時に、"最近、日本のクレープ屋さんがダウンタウンに出店してきたらしいよ"との情報も入手。ちょいと調べてみたら、両者とも同じ店のことを指していました。その名は、クレープハウス ユニ日本国内に30店舗ほど展開しているフランチャイズチェーンな模様で、米国初進出なんだそうな。よりによって、なんて微妙な所に出店してくるのでしょう。

クレープハウス ユニ

・日本のクレープ大好きな自分としては、出店大歓迎。早速訪れてみたところ、"メイド喫茶"と言われていた理由が明らかに。店員が全員アジア系の女の子で、黒×赤のメイド服に白×赤のフリル付きエプロンを着用していました。日本側のサイトを見る限りごく普通のクレープ屋さんのように見受けられるので、この店舗独自の制服なのだと思われます。そしてアメリカでは珍しい、非常に丁寧で腰の低い接客態度が印象的でした。

・しかし幸か不幸か(?)、メイドカフェ的要素はそこまで。あとは普通にクレープ屋さんとしての使命を果たしてくれています。日本から輸入した"ヒミツのレシピ"で作ってるというだけあって、ハム×チーズのホットクレープも、ストロベリーチョコバナナクリームのデザートクレープも、東京で期待するのと同じ味。

クレープ

・前述のメイド服的コスチュームに加え、クリーンで多少未来的な内装に、日本語TV放送(自分が行った時はスマスマやってました)、そして邦楽のBGM(宇多田でした)。クレープのラッピングシートは日本で使っているものをそのまま流用しているらしく、日本語のリサイクルマークが。これもこだわりか、はたまた単なるコスト的な問題か。他にもリクエストでWiiやPS3をプレイできるサーヴィスがあったりと、おそらく日本のポップカルチャー好きをメインターゲットにしている様子。日本人の店員は居ないこともあって、なんだか台湾とかにありそうなイメージのお店です。このマーケティングが上手くいくのかはよくわかりませんが、自分としては美味しいクレープをこれからも提供していただきたい次第。


スポンサーサイト
【2008/10/19 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
丸香 [讃岐うどん]

・帰Bay前日、昼食は丸香で。素うどんに海老ちくわ天のトッピング。もっちりした麺に深みのあるつゆ、温かいうどんもやっぱり絶品で、おにぎりも美味しかったです。

・帰国直後に続いて2度目の訪問でも外れなし。昔から良く通っていたという、弟が実にうらやましくなりました。

丸香


【2008/09/08 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
旬の味 いち [和食]

・東京今年最後の晩餐は六本木、旬の味 いちで。和の味覚、脳裏に刻んでいかねば。

・夏の終わりを惜しむようにとうもろこしのゼリー寄せ。

とうもろこしのゼリーよせ

・すりおろしたトマト。当然ガスパッチョをさらに純化させたような風味。素材のよさが光ります。

トマト

・牛のタタキと季節の野菜を、ソースがけで。ここの手作りソースはやはり絶品で、今回のりんごと…あれ、なんだっけ? を煮詰めたソースも実に美味でした。

牛

・鰆のお造りも大変に美味。

お造り

・炙り!

炙り

・アナゴの北京ダック風。北京ダックよりも脂っこさが控えめで飽きが来ず、それでいて香ばしい。こっちのほうが好みかも。こういう料理、どうすれば思いつくことができるんでしょう。

アナゴの北京ダック風

・とにかく美味しかったことしか思い出せない一品シリーズ、第一弾。とろみのついたお椀でも、ギリギリ舌を火傷しない絶妙な温度なことにいつも感心させられます。

お椀

・とにかく美味しかったことしか思い出せない一品シリーズ、第二弾。

失念

・とにかく美味しかったことしか思い出せない一品シリーズ、第三弾。きのこ的な食感+大根おろしでさっぱり。

失念

・さんまのつみれ。季節を先取り~。おつゆも本当に安らぐ美味しさ。

さんまのつみれ

・土鍋ご飯は、いくら。ご飯に磯の香りが染み込んで、もう最高。

いくら

・こちらは子持ちししゃもの土鍋ご飯。香ばしさとプチプチの食感に浸ります。

子持ししゃも

・デザートは、何年ぶりかのほおずき。

ほおずき

・そして蕎麦風味のアイスで締め。今回も大変ご馳走様でした。幸せな味覚の思い出と共に日本を発てます。

蕎麦アイス


【2008/09/08 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
楊 池袋店 [中国家庭料理(四川料理)]

・雨に打たれて風邪を引きそうだったので、温まりそうな夕飯を、と池袋のへ。四川ベースの中華なら間違いなくホット。

・と言うわけで早速麻婆豆腐。前回は凄まじい量の山椒によって完全に味覚を破壊されましたが、今回は幾分マイルドになり、口にした後も他の料理の味がわかる程度に。おかげで一緒に来たメンバーには好評だったものの、あのエクストリームな刺激を期待してた自分としてはいささか残念、

麻婆豆腐

・辛さゼロ、安心メニューなピータン豆腐。

ピータン豆腐

・これも辛さゼロ、卵とトマトの炒め物。

卵とトマト

・またまた安心メニューな腸詰め。

腸詰

・海老と野菜の炒め物。本当は唐辛子を加えた炒め物を頼んだつもりでしたが、結果オーライ。

海老野菜炒め

・ジャンボ焼き餃子。麻婆豆腐と一緒に食べようシリーズ第一弾。

ジャンボ焼き餃子

・水餃子。麻婆豆腐と一緒に食べようシリーズ第二弾。奥のSteamed Bunの中身はド忘れ。

水餃子

・あと大根モチも。

大根モチ

・摂取されたカプサイシンのおかげか、はたまたPlaceboか、本当に体の芯から温まった気分です。


【2008/09/07 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ぼんご弐 [おにぎり]

・昼、弟が護国寺でぼんご弐のおにぎりをゲットしてきてくれました。大塚の本店のほうは、山手線利用者がこのお店に寄るためだけに下車するとまで言われるほど評判らしいですがその味や如何に。

・買って来てくれたのは、しゃけ、しらす、焼肉、生たらこ、などなど。最高級の一等米を筆頭にこだわり抜いた素材を使ってると言うだけあって、実に美味しかったです。具がたっぷり詰まっていて、ふんわりと握ってある点が好み。特にしらすはかなり気に入りました。

ぼんご弐

・海外進出もめざしてるそうですが、その際はぜひ北Calにも一店舗を!!


【2008/09/01 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
中国東北家郷料理 餃子房 永利 [中国東北料理]

・夜は、北池袋の永利へ。日本に帰ってくるたびにこのエリアがどんどん"本物の中国"っぽくなってきてるんですが、そのうち池袋全体が真っ赤に染まるんでしょうか? お店の中の中国語度もますますアップ。

・さて、一品目からしてデカイです。店員さんに"骨の肉ください"というと大皿にのって出てくる豪快メニュー。骨付き肉というより肉付き骨というバランスなんですが、これが実に美味。いい加減この料理の正式な名前が知りたいところ。

骨

・またも正式名不明な"豚肉とクレープ"。ついでにネギときゅうりも注文。要は北京ダックの豚肉版ってことですね、わかります。

クレープ?

・弟が注文したオーソドックスな一品、玉子とレタスのチャーハン。そつなく美味しいです。

チャーハン

・冷やし坦々麺。ピリッっとしていて個人的には好きだったんですが、"辛い"と家族には不評。

坦々麺

・小龍包。ちゃんと中にスープが入ってるので油断してるとヤケドします。"辛くない"と家族に好評。

小龍包

・余った分はお持ち帰り。これが出来るところが中華の美点。


【2008/09/01 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Fleuronne [洋菓子]

・デザート、西武でゲットしたFleuronneの洋菓子。ショートケーキや、桃の載ったロールケーキ(シャルロットカーネーション)等々を頂きました。

Fleuronne

・えー、数ある池袋西武の洋菓子屋さんの中で、見た目に惹かれてなんとなくチョイスしてみたんですが、その美味しそうさの割には普通だったかなぁ、と。まあ、美味しいは美味しいんですが、好みとしてはC3とかの方が上だったかも。


【2008/09/01 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
しろくま [氷菓]

・雨が降ってて肌寒くても、食べたいときはあるものなのです、しろくま。

しろくま


【2008/08/29 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
きつねや [ホルモン煮]

・今日も築地で昼ごはん、今回はホルモン煮 きつねや。いつも店の前を通り過ぎるたびに目を惹いていたグツグツと煮え滾る大鍋、そのお味を確かめたい、とホルモン丼。

ホルモン丼

・味噌ベースのホルモン煮は意外にも塩気は薄め。しかし一体どれだけの時間グツられてたのか、と言う程にうまみが染み出しておりました。酒飲みには最高なつまみになりそうな風味を堪能しているうちに、いつのまにか汗だく。真夏に熱々の丼をかきこんでいたらそうもなる罠。全部食べ終わった後、ふと弟がボソッと"ギョクも一緒に注文すれば、まろやかになってさらに美味しかったかも"。あ…。


【2008/08/28 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Henri Chanpartier [洋菓子]

・フロンタの勝利を祝いつつ、Henri Charpentier。手前から銀のモンブラン、シュークリーム、ブルーベリーのレアチーズケーキ、ふんわりいちごミルク。

Henri Charpantie

・平均点の高い美味しさ。しかしイチゴミルク愛好家の自分ながら、このふんわりイチゴミルクはそれほどピンと来ず。むしろブルーベリーレアチーズの酸味が、なんとなく夏っぽくって気に入りました。


【2008/08/28 23:59】 Foods & Restaurants | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
SEARCH
ARCHIVES
ETC...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。